FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マエストロ・パスカル・ロフェ インタビュー:第522回定期演奏会

 18/19シーズン、後半最初の演奏会となる「第522回定期演奏会」(10月25・26日)。指揮はパスカル・ロフェさんです。
 ロフェさんの大阪フィル定期への出演は2009年以来。そのときも「ダフニスとクロエ」全曲 という、フランスの作曲家による声楽を伴う作品でした。今回のプログラムについて、お聴きしました!

522_convert_20180921122031.jpg

Q1.色々な作曲家が「レクイエム」を手がけていますが、フォーレ作品の特徴、魅力はどういったところでしょうか。

このレクイエムには特別な思いを持っています。おそらくそれは、この作品が無信仰の作曲家によって書かれた唯一のレクイエムで、フォーレ自身が「喜びのためだけに」書いたと言っているからだと思います。死を恐れるのではなく、その先(死後)にある幸福を待ち望む楽観的な慰めとなる作品なのです。

Q2.フォーレはマエストロと同じフランスの作曲家ですが、”フランスらしさ” というものを感じる点はありますか。

単純さ、声楽の語法、ハーモニー、すべてにおいてフランスらしい作品です。ドラマチックでなく、穏やかで深みのある、室内楽作品のようなレクイエムです。フォーレはサン=サーンス以降のフランス音楽の純然たるの継承者。彼はこの作品をパリ17区のマルゼルブ大通り沿いの家で作曲しましたが、私はそのすぐ近くに住んでいるんですよ。
shasin.jpg



Q3.二度目の共演となる大フィル合唱団へメッセージをお願いします。

素直に、誠実に、心から語りかけるように歌いましょう。

Q4.「火の鳥」は、今回は原典版での演奏です。現在はコンパクトな1919年版を演奏することが多いですが、原典版ならではの魅力、特にこの曲が好き、というものがあれば教えてください。

この1910年原典版は、セルゲイ・ディアギレフがパリで主宰していた「バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)」のために書かれたもので、ロシア民話のストーリー全編を描いています。1919年と1945年のバージョンは、その半分の長さで、オーケストラの編成も随分小さくなっています。ですから私は常々、ロシアの魂、そしてストラヴィンスキーとリムスキー=コルサコフのつながりをお見せするために、この原典版を演奏したいと思っているのです(訳注:ストラヴィンスキーはこの作品をリムスキー=コルサコフに献呈)。この1910年版の「火の鳥」は、ストラヴィンスキーが作曲家として初めて大成功を収めた作品です。

Q5.大阪フィルとは、2009年定期、2012年ラ・フォル・ジュルネびわ湖につづく3度目の共演となります。

大阪フィルと共演するたび、とてもポジティブな印象を持ちました。リハーサル、コンサートでの集中力が極めて高かったことと、「ダフニスとクロエ」で共演した合唱団がとても難しい「ア・カペラ」の部分を素晴らしく歌い上げたことを覚えています。皆さんとまたご一緒できるのをとても楽しみにしています。

O6.最後にお客さまにメッセージをお願いします。
コンサートにぜひお越しください。この素晴らしいプログラムを通して、時代が20世紀に切り替わる頃の好奇心に満ちたパリにタイムトリップしましょう。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マエストロ・ビニャミーニ インタビュー:第519回定期演奏会

(C)Virinio Levrio

   大阪フィルの第519回定期演奏会は、6月15・16日。指揮者はヤデル・ビニャミーニさん。今月仙台フィルさん、読響さんと共演、ダイナミックさと繊細さを兼ね備えた表現が絶賛されました。秋にはローマ歌劇場とともに来日するなど、注目の人です。

 大阪フィルとは今回初共演ということで、マエストロに今回演奏するプログラムのことなど、お伺いしました!
 
Q.ペルトの作品をはじめて聴くお客さまも多くいらっしゃると思います。今回演奏する「フェスティナ・レンテ」について教えていただけますか?

 
.ペルトの「フェスティナ・レンテ」は5分ほどの短い作品です。

   でも短い曲だからといって誤解しないでいただきたいのは、この作品は5分の間に特別な空気を創り出し、新たな扉を開いてあなたを新しい世界に連れて行ってくれる曲なのです。
   「フェスティナ・レンテ」で演奏会を開始するのは特別なものがあります。聴衆のみなさんが演奏会に向けて心をチューニングすることを助けるとともに、モーツァルトのピアノ協奏曲の前に給仕される素敵な 
aperitivo(前菜)となることでしょう。楽しんでください!


Q.  イタリア出身のマエストロですが、仙台でストラヴィンスキー、読響でグラズノフ&チャイコ、そして大阪フィルとはリムスキー=コルサコフとロシア系の作曲家が続きます。これは偶然なのでしょうか、それともロシアの作品に特にシンパシーを感じていらっしゃったりするのでしょうか?

A.  もちろん、偶然ではありません!私はロシア音楽を心から愛していますし、ロシアの作曲家たちによって書かれた音楽は私の魂にとても近いと感じています。なぜ、ということを言葉で説明するのはとても難しいのですがその色彩、パワー、ダイナミクス、情感、夢見るようなパートとリズミカルなパートの組み合わせ魅力のすべてを語り尽くすことは不可能です!

    ロシア音楽を聴いて何も感じない、という人はいないでしょう。好きだという人もいれば嫌いだという人もいる、それでいいのです!それこそ一度体験する価値のある真の芸術なのです。
    ぜひ6月フェスティバルホールで体験してみて下さい。大阪でお会いしましょう。

   ☆ 第519回定期演奏会・公演詳細はこちら⇒ http://www.osaka-phil.com/schedule/detail.php?d=20180615

 ☆ マエストロ・ビニャミーニついてさらに知りたい方はWebぶらあぼ掲載のインタビューをどうぞ⇒
    http://ebravo.jp/nbs/2018/Roma/archives/430

Jader_Bignamini縲€繝薙ル繝」繝溘・繝祇convert_20180515161848

| 未分類 | 18:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4大オーケストラの響演

 先週末「大阪4大オーケストラの響演」に出演いたしました。今年で4回目となるこちらのイベント、オーケストラによる演奏だけでなく金管楽器によるオープニングファンファーレや、アンサンブル演奏(今年は木管八重奏)、マエストロ4人のプレトークから終演後の抽選会まで盛りだくさんの内容。約3時間の長いコンサートですが、来場された方にはたっぷり楽しんでいただけたことと思います。 ※写真は金管アンサンブルのリハーサル風景。


 
 そしてこの日の午前中には事前に申し込んでだ方対象に、大阪フィルのゲネプロ見学と尾高忠明のお話を楽しんでいただきました。
IMG_0060_convert_20180423194122.jpg


 『「南国にて」は英国で何度も演奏してきたが、実は英国は音響の良いホールが少ない。今回フェスティバルホールで演奏してみて、とても良い響きがして嬉しかった』 とマエストロの率直な感想。実は尾高×大阪フィルはエルガーの三つの交響曲をすべて演奏しており、そのときのエピソードを交えながら、エルガーの魅力を話すマエストロ。このあと受講生の皆さんは本番もお聴きになりましたが、さらに興味深く聴いていただけたのではないでしょうか。

 次回尾高忠明音楽監督の出演は、「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会 第1回」。大切なシリーズ初回です。ベートーヴェンの九つのシンフォニーオーケストラの原点というべき存在ですが、今回取り上げる1番・2番は、そのベートーヴェンの「原点」というべき作品。この曲を知らずしてオーケストラは語れません。これからクラシック音楽を聴いてみよう、という方にもおススメのシリーズですので、ぜひご家族、お友達を誘ってご来場下さい。 

「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」の詳細はこちら⇒ http://www.osaka-phil.com/beethoven/
 ※お得な5回セット券もあります!

| 未分類 | 20:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベートーヴェン交響曲全曲演奏会(1)

  先週末開催いたしました「第517回定期演奏会」、大勢ご来場いただきありがとうございました
  かねてよりお知らせしていましたとおり、この定期演奏会が尾高忠明音楽監督就任披露演奏会。40年以上の長いおつきあいなので、少し不思議な感じもしますが、今まで客演で来ていただいていた時とは異なる尾高カラーがより鮮明に出てくることと思います。朝比奈隆が築いた土台に、大植氏、井上氏のカラーが加わり、そしてこれからまたどのように変わっていくか、楽しみにしていただければと思います。

繝ュ繝薙・繝代ロ繝ォ蜀咏悄_convert_20180411190837

 
 そして、尾高新音楽監督との最初の大仕事といえば、来月から始まる「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」。ベートーヴェンの交響曲、というのは、ご存じのとおりオーケストラの礎であるというべき、最も大切なレパートリーです。これまでに札幌響と二度取り組んでいる尾高は「チクルスをひとつやり遂げるとオーケストラとの間に共通の語法が生まれ、距離が縮まっていく。そのプロセスも楽しんでいただければ」と語ります。

 また、今回は作品を作曲順に演奏していくので、年を追うごとの変化、深化も感じていただけることと思います。記念すべき初回は第1番と第2番。全9曲の中では、演奏機会の少ない作品ですが、さすがベートーヴェン!ハイドン風の装いをしつつも、隠しきれないエネルギー、個性が溢れています。 マエストロも 「軽い作品、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません!特に2番は明らかにエロイカ(3番)に向かって行っています」と話します。

 音楽史上の“事件” とも言われる第3番ですが、突然アイディアが湧いたのではなく、ちゃんと伏線があった―ということも、シリーズを通して聴いていただくことで実感していただけ、より興味深くお聴きいただけることでしょう。

 大阪フィル11年ぶりのベートーヴェンチクルス、5月17日スタートです!
 
BR8A9779_convert_20180411190910.jpg
(C)飯島隆

| 未分類 | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第517回定期演奏会~尾高忠明就任披露演奏会~(3)


 今週、JR車内に掲出されていた尾高×大阪フィル「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」のポスター。いよいよ尾高忠明・新音楽監督就任まで、あと10日を切りました。

 音楽監督はオーケストラの「顔」ですので、その交代はオーケストラにとって大きなできごと。またファンの方にとっても、今後の大阪フィルがどこへ向かっていこうとしているのか、期待と不安、両方あるのではないかと思います。尾高忠明の考え、大阪フィルと今後目指していくことなどをお伝えするため、今年に入ってから公演の合間を縫って、出来るだけたくさんの方とお会いする場を作ってきました。

 3月後半になり、ようやく記事が出来上がってきました!
DSC04177_convert_20180323205202.jpg

 「ぶらあぼ4月号」(左)「モーストリークラシック5月号」(上・中央)「ぴあクラシック 2018春号」(上・右 ※こちらは楽団紹介記事が中心)「音楽之友4月号」(下・右) に掲載中です。

 また本日の日経新聞夕刊にも記事が掲載されています。

DY9Ih9IVoAAHN.jpg  

 こちらはWEB https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28487180T20C18A3AA2P00/ でも読むことが出来ますので、関西地区以外の方もぜひご覧下さい。

 “ブラームスやベートーヴェン、ベーシックな作品ですごい演奏が出来るオーケストラを目指したい” 井上道義からバトンを引き継いだ、尾高忠明と大阪フィルの新たな歩みに、どうぞご期待ください。就任披露となる「第517回定期演奏会」は、4月7日&8日、3時開演です!

| 未分類 | 21:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。