2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ソリスト変更のお知らせ

「ブラームス交響曲全曲演奏会?」に出演を予定しておりましたチェリストのアルバン・ゲルハルトは、都合により出演不可となりました。
 代わりまして、ダーヴィド・ゲリンガスが出演いたします。プログラムの変更はございません。
お客様におかれましては、何卒ご理解ご了承下さいますようお願い申し上げます。

ゲリンガス
ダーヴィド・ゲリンガス(チェロ)

プロフィール
 1946年リトアニアの音楽一家に生まれ、モスクワ音楽院でミッシャ・マイスキーと共にロストロポーヴィチに師事。1970年、チャイコフスキー・コンクールに優勝して以来、国際的な活動を今日まで展開している貴重なチェリストであり、また指揮者としてもその才能は卓越している。1975年よりソリストとして音楽主要都市の有名オーケストラと共演。また、世界各地の室内楽フェスティバルにも定期的に招聘されている。
 バロック初期より現代音楽及び前衛的な作品に至るまで幅広いレパートリーを持つが、とりわけ、現代の作曲家たちに最も活力を与え続けているアーティストとして、グバイドゥーリナ、ペンデレツキ、リゲティ、シュニトケ、ヴァスクスをはじめとする多くの作曲家から協奏曲やリサイタル用作品を献呈されている。
 これまでに録音したCDは約50枚にのぼり、ボッケリーニの12のチェロ協奏曲の録音ではフランス・ディスク賞に、デュティユーの室内楽では金の音域賞に輝くなど、数多くの賞を獲得している。1994年には、ハンス・プフィッツナーのチェロ協奏曲の録音で、チェリストとして初めてドイツ・レコード批評家賞を授与された。
スポンサーサイト

| お知らせ | 11:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |