PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

兵庫県立芸文センター大ホールに鳴り響いた「ロマンティック」

兵庫県立芸文センター主催、「大ブルックナー展Vol.3」は盛況の内に終了しました。

井上道義とこのシリーズで作り上げたブルックナーのシンフォニーは、8番、7番、4番という人気の3曲。
出し惜しみなし! 人気の曲から順にお聴き頂いておりますが、今回の演奏は皆さまお気に召して頂けたでしょうか?

!cid_94D263CE-F6BC-4412-B4EA-DBDCB2D8358D.jpg
(C)飯島隆

ブルックナーの交響曲は、NHK交響楽団と連続演奏会を行うなど、井上道義にとって特別な曲。
もちろん大フィルにとっても特別な曲である事は、皆さまご存知の通りです。

!cid_F3A90919-AFE0-4CC7-832B-A03C9C1A47B5.jpg
(C)飯島隆

今回の4番「ロマンティック」は、朝比奈隆の指揮する‘音の大伽藍’というのとは少しアプローチが違ったように感じましたが、スッキリ見通しの良いブルックナーも素敵です。
井上道義と大阪フィルのブルックナー名演伝説は、今まさに始まったばかりなのです。

!cid_A56D5563-2C47-45DC-89A7-E9DC4004506D.jpg
(C)飯島隆

今回の「大ブルックナー展」のもう一つの話題は、アルトネンの交響曲第2番「ヒロシマ」の60年振りの再演。
この曲はフィンランドの作曲家アルトネンが広島への原爆投下に心を痛め、1949年に作曲した単一楽章の交響曲。
1953年に朝比奈隆がヘルシンキフィルを客演で訪れた際に、アルトネンから日本で演奏して欲しいと託され、1955年の8月15日に広島で、8月31日に京都で演奏されました。
今回、戦後70年を記念して再演となりました。

!cid_7778D842-BC70-4C6C-B1A4-BD345EEABD50.jpg
(C)飯島隆

交響曲「ヒロシマ」は、戦争当時の日常風景から原爆投下、葬送をリアルに描き・・・
最後は希望を感じさせる明るい曲調で締め括られました。
会場のお客さまは初めて聴く音楽を集中して聴いて下さり演奏終了と同時に割れんばかりの拍手喝采を頂きました。、
そして、アルトネンのご子息ファミリーも来場されていました。

!cid_A8818549-E67C-4713-86DF-8B2F35F83A70.jpg
(C)飯島隆

「大ブルックナー展Vol.3」は盛況の内に終了しました。
ご来場いただきましたお客様にはこの場を借りて感謝申し上げます。

次回の「大ブルックナー展」は来年6月に交響曲第1番を演奏します。
第1番は井上道義がとても愛するシンフォニー。
1985年の民音シンフォニーシリーズも井上と大阪フィルは演奏しております。

そして、前半のコンチェルトには昨年の4月定期に続き、神尾真由子さんがソリストとして登場!
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏します。

チケットの発売は、兵庫県立芸文センター、その他プレイガイドでは今月20日から。
大阪フィル・チケットセンターでは22日からの発売となります。
良いお席はお早目にお買い求めください。

(広報:H.I)

20151208130127_00001.jpg

「大ブルックナー展Vol.4」

日 時:2016年6月25日(土)15:00開演(14:15開場)
会 場:兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
指 揮:井上道義
独 奏:神尾真由子(ヴァイオリン)
曲 目:メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」作品26 
     メ ンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
     ブルックナー/交響曲第1番 ハ短調
料 金:A席:5,000円、B席:4,000円、C席:3,000円、D席:2,000円

※チラシには載っていませんが「フィンガルの洞窟」を演奏致します。
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
兵庫県立芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
イープラス
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:276-650】
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:57954】

お問合せ:兵庫県立芸術文化センターチケットオフィス 
     0798-68-0255

発売日
一般発売日:2015年12月20日(日)
※大阪フィル・チケットセンターは12月22日(火)からの発売となります。


スポンサーサイト

| 演奏会 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT