PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第495回定期演奏会

DSC00510_convert_20160202183700.jpg

今週2月5日(金)・6日(土)は第495回定期演奏会です。今回のマエストロ、ヨエル・レヴィさんとは2度目の共演。「とにかく長くて、むずかしい曲だから、すぐにでも練習をはじめないと...」と練習場に到着するなりおっしゃっていたマエストロ、その言葉通り、再会のあいさつもそこそこに練習を開始されました。

今回のマーラーの7番を大阪フィルが演奏するのは13年ぶり。大阪での演奏にかぎると22年ぶりになります。

練習に先立ち、マエストロからお客さまにメッセージをいただきました。

「マーラーは人生で一番困難な時期にこの作品を書きました。彼の人生が、この曲の中に反映され、さまざまな異なるキャラクター、気持ちの揺れが描き出されています。しかし最後は堂々と輝かしく曲を締めくくるのです。この素晴らしい音楽を通して、マーラーの世界と生涯を、みなさまと共有できれば、と思います」

ギターやマンドリンなどの特殊楽器を含め、今回の演奏者は100人超!フェスティバルホールの大空間ならではの演奏をお楽しみに!

チケットのご予約は公演前日まで、大阪フィル・チケットセンター、フェスティバルホールプレイガイドにて承っております。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT