PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第517回定期演奏会~尾高忠明音楽監督就任披露演奏会~

1月末に2018/19シーズン定期演奏会・1回券発売。今週からは5月スタートの「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」の5回セット券が発売になるなど、新シーズンスタートに向けての準備が着々と進んでいます。

517_convert_20180214120441.jpg  beethoven_convert_20180214120518.jpg


すでに発表しているとおり、4月から大阪フィルは尾高忠明氏を音楽監督に迎えた新時代に入ります。注目の就任披露演奏会の曲目として選ばれたのは、ブルックナーでした。
ブルックナーの作品の中では演奏時間80分に及ぶ最も大きな作品8番。「とても立派で、大きな山に登るような感覚」とマエストロは語ります。

もちろん大阪フィルにとって、ブルックナーというのは創立者朝比奈隆とくり返し演奏をし、楽団の名を高めた重要なレパートリー。この作品で第一歩を踏み出すというところに大きな覚悟を感じます。

前半は三善晃氏の「ノエシス」。英国で長年活動されてきたマエストロは、日本のオーケストラとして母国の作品を大切にするのは大切なこと、と語ります。この「ノエシス」はかつてマエストロが東京フィルと初演を行い、以後くり返し海外でも取り上げている曲とのこと。先週、武満徹氏の映画音楽を演奏会でまとめて取り上げたところ日本的な静謐な美しさが好評でしたが、今回三善作品が大阪のお客様にどのように受け止められるかもとても楽しみです。

これから新聞、ラジオ等、演奏会以外でも尾高忠明を見かける機会が増えることと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

BR8A4873_convert_20180214110348.jpg 
撮影:飯島隆
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT