PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本日の演奏会♪

本日はザ・シンフォニーホールで音楽監督・大植英次指揮のもと、
ブラームス交響曲全曲演奏会?を行います。

昨日の練習風景↓
練習中

交響曲をメインにすえて行ってきたこのシリーズ企画も4回目と云うことは・・・
そうです最終回となります! 

メインプログラムで演奏する「交響曲第4番」、実はこの曲は2007年の6月定期で大植監督のもと演奏する予定だったのですが、本番直前に大植監督が体調不良でダウンし、指揮者不在のままコンサートマスター長原幸太の弾き振りで演奏したという“曰く付きの曲”です。
あれから4年。因縁の大植英次のブラ4がホールに鳴り響きます。

前半のプログラム「ヴァイオリンとチェロのための協奏曲」(通称ドッベル・コンチェルト)は、前回のブログでも報告している通りソリストお二人の息がぴったり
そしてヴァイオリンの竹澤恭子さんチェロのダーヴィド・ゲリンガス氏の奏でる音色は迫力十二分です
こんな「ドッペル・コンチェルト」聴いたことない、とスタッフや楽団員の間でも話題騒然となっています。

本日の演奏会、間違いなく歴史に残る演奏が聴けます。
当日券は17時半から発売予定です。 雨にもマケズ、風にも寒さにもマケズ・・・
ご来場をお待ちしております

ブラームス交響曲全曲演奏会?
2月9日(水)19:00開演(18:00開場)※当日券販売は17:30?
指揮:大植英次/ヴァイオリン:竹澤恭子/チェロ:ダーヴィド・ゲリンガス
<オール・ブラームス・プログラム>
ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 イ短調 作品102
交響曲第4番 ホ短調 作品98
料金:A席 6,000円(B・C席 SOL DOUT)

スポンサーサイト

| 演奏会 | 12:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT