PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

定期練習2日目、ソリスト小山由美さん登場!

“アレクダンドル・ネフスキー”のオーケストラと合唱団の合同練習が始まりました。

 合唱団を指揮するマエストロ

いい感じです。初めて合わせたとは思えないくらいいい感じで仕上がってきています。
マエストロの後ろに座っている左は合唱指揮者・本山秀毅さん、右はロシア語対訳をして頂いた一柳富美子さんです。

 合唱団を指揮するリープライヒ 正面から

後半からは今回のソリスト、アルト小山由美さんの登場。 
昨年のびわ湖ホールのオペラでイゾルデ役をこなし、7月の大野和士指揮 京響定期ではマーラー3番を歌うなど安定感抜群の日本を代表するアルトです。 小山さんはこの珍しい曲を歌った経験をお持ちなんです。 
今日は座ったままで歌われましたが、さすがです。 オケも合唱団も聞き惚れておりました。  

 小山由美さん登場です

ピアニストのアンデルシェフスキはいよいよ明日練習参加です。
得意とするモーツァルト20番なので、そんなに詰めて練習する必要ないんですね。
リープライヒが絶対の太鼓判を押すピアニストです。素晴らしい演奏を聴かせてくれるはずです。
マエストロは今日も爽やかに指揮をしていました。

 マエストロ・リープライヒ


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 21:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT