PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コバケンのドヴォルザーク8番

明日はザ・シンフォニーホールで「オービック・スペシャル・コンサート2011」です。

コンサートのメインタイトルは 「コバケンのドヴォルザーク8番」。
本日は コバケン ことマエストロ・小林研一郎の練習でした。

 マエストロ・コバケン

マエストロは穏やかで丁寧な口調、しかし底辺に流れる熱い熱い思いが随所に見て取れる練習でした。
明日の本番はいつものように大阪フィルの魅力を120%引き出した炎のような“ドヴォ8”をお聴かせ出来ると思います。

練習後半はグリーグの“ピアノ協奏曲”。  ピアノ独奏は野原みどりさんです。
昨年の大阪クラシックで伊藤恵さん、岡田将さんそして大植監督と一緒にモーツァルトの“3台のピアノのための協奏曲”を演奏して頂きました。 大阪フィルとはそれ以来となります。

野原さん、暗譜で弾かれていますが、練習中は楽譜もチェックです。 
 野原みどりさん

野原さんのピアノ、マエストロに負けないほど熱いものでした。
明日の本番が楽しみです。

 熱いグリーグの予感


この練習を熱い視線で見学していた集団を発見。
住之江区にある大阪市立平林小学校の鶴賀とも子先生率いる、住之江区近郊の小学校の先生の皆さまです。
皆さま、学校で生徒さんに音楽を教えるお立場。 本日の練習で指揮者と奏者の関係を見ていて思うところがたくさん有った模様です。 練習終了後、チェロトップの近藤浩志を囲んで、そのあたりの教育論的なハナシや諸々感想に至るまで随分と盛り上がったようす。 皆さま、大阪フィルハーモニー交響楽団をこれからもよろしくお願いします。  

せっかくなので記念の写真を1枚。 チーズ!
 チェロ近藤を囲んで

「オービック・スペシャル・コンサート2011」は当日券を販売いたします。
詳しくは以下をご確認ください。

 『オービック・スペシャル・コンサート2011』 
 日 時:6月2日(木)19時開演(18時開場) 
 会 場:ザ・シンフォニーホール
 指 揮:小林研一郎
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 独 奏:野原みどり(ピアノ)
 曲 目:ロッシーニ/歌劇“セヴィリアの理髪師”序曲
     グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
     ドヴォルザーク/交響曲第8番 ト長調 作品88
 料 金:A席5000円 B・C席 売切れ
 ※当日券は17時半から発売いたします。
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。
 
スポンサーサイト

| 演奏会 | 15:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT