PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朝からザ・シンフォニーホールで・・・

本日は午前10時40分からザ・シンフォニーホールで本番でした。
東海大仰星高等学校&中学校の音楽鑑賞会です。

昨日は「オービック・スペシャル・コンサート2011」で22時前までホールにいたのに、不思議な感じです。
しかし、連日ザ・シンフォニーホールの素晴らしい音響に包まれて演奏できるなんて贅沢なハナシですね。

あたりまえですが、中学・高校の生徒で場内はいっぱい、すごい雰囲気でした。

 生徒たちでいっぱい

マエストロ・中井章徳の指揮&司会のもとポルカ“雷鳴と稲妻”でスタート。
前半で最大の盛り上がりは、ブラスバンド部のメンバーとオーケストラの合同演奏“星条旗よ永遠なれ”でした。同級生が大阪フィルに混じってステージで演奏している姿を、客席のお友達はどんな思いで観ていたのでしょうか? 演奏した生徒さんにとっては忘れられない思い出になった事と思います。

後半の盛り上がりのピークは指揮者体験コーナーです。 課題曲はブラームスの“ハンガリー舞曲第5番”。
マイ指揮棒持参でステージに上がったラグビー部の生徒は、見事な指揮ぶりでオケも客席も大盛り上がり
インタビューには 「僕には上手く出来なかったみたいです・・・」 って、これは昨年のAKB48総選挙のときに2位に甘んじた前田敦子が言った名セリフではないですか! そうか、中高生の間ではこんなカンジで日常的に使われているのですね 
本編はムソルグスキーの交響詩“禿山の一夜”で、そしてアンコールは“ハンガリー舞曲第6番”で終了しました。 初めてクラシック音楽に触れた人も多かったと思います。 でも、かなりの人がカルメンの一節や今聴いた曲を口ずさんでいたのを見かけましたよ。 案外いいでしょ、クラシック音楽のライブって。 
皆さま、これからも大阪フィルをよろしくお願いしますねー

終演後、楽屋に戻ってきたマエストロを記念にパチリ!
明快な指揮、そして見事な司会 「お疲れさまでしたー」 

 終演後のマエストロ中井章徳
 
スポンサーサイト

| 演奏会 | 13:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT