PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月定期練習2日目

第449回定期の練習も2日目となりました。

本日も“火の鳥1945年版”の練習から。

 黒のTシャツがお似合いのウルバンスキ

マエストロはもちろん暗譜です。 ビオラトップの小野眞優美とパート譜を見ながら打ち合わせ。

 マエストロ打ち合わせ中

マエストロは譜面をめくる手間がないので、話がスムーズに流れていきます。 アーティキュレーションなど的確な指示によりどんどん音楽が変わっていきます。 指示通りの音が生まれ、good! 
本番が楽しみですね。

 goodです!



コンサートマスター長原幸太がチェロ特別客演奏者の上森祥平と何か話しています。
とても楽しそうですが、一体何を話しているのでしょうか?

 談笑中の二人

先日、ブログでお知らせした楽員有志によるチャリティコンサートの詳細が決まりました。
東日本大震災に向けたチャリティ活動をしたいという事で集まった大阪フィルのメンバー有志の思いは、7月定期のソリストで大阪に来ているチェロの趙静や同じくソリストで出演するコンマス長原幸太も巻き込んで、とても楽しそうなコンサートの開催にたどりついたようです。

プログラムはメインに趙静のソロでハイドンの「チェロ協奏曲二長調」。 上の写真でハナシをしている長原幸太とチェロ上森祥平に加え、セカンドヴァイオリンのトップ佐久間聡一、読売日本交響楽団のソロ首席ヴィオラ奏者の鈴木康浩で結成されたカルテットによりドヴォルザークの「アメリカ」。 長原幸太と鈴木康浩がソリストでモーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲」。 そしてバルトーク「ルーマニア民族舞曲」のなんと4曲!を演奏するという豪華&盛り沢山なものです。 管弦楽は大阪フィルのメンバー有志。

会場は大阪フィルハーモニー会館の隣、西成区民センターで限定500人、全席自由で2000円。
公演日は7月17日(日) 17時半開場、18時開演です。


このチケットは定期演奏会の会場、ザ・シンフォニーホールで16日の公演終演後に参加メンバーにより先行発売致します。 また大阪フィルチケットセンターでは6月17日から発売します。

大阪フィルの主催公演ではありませんがとても楽しそうな公演なので、どうぞよろしくお願いいたします。

 なかなかスッキリしたチラシに仕上がっています。  
 チャリティコンサートチラシ
 
スポンサーサイト

| お知らせ | 18:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT