PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メンバー紹介第2弾!弦楽器・打楽器パートです。

前回のブログで管楽器紹介をしましたので、弦楽器とパーカッションも一気に紹介してしまいましょう!

まずは1stヴァイオリンです。前から 1プルトアウト(左)長原幸太、イン(右)山本彰。2プルトアウト力武千幸、イン鈴木玲子。3プルトアウト今城朋子、イン三瀬麻起子。4プルトアウト松川朋子、イン黒瀬さん(エキストラ)。5プルトアウト長尾正、イン伊藤寿江。
 
 第449回定期から1stヴァイオリン。 ウルバンスキ指揮の公演です
1stヴァイオリン

2ndヴァイオリンです。 1列目左側 1プルトアウト(左)田中美奈、イン(右)佐久間聡一。 2列目左側 2プルトアウト橋本安弘、イン市野桂子。 2列目右側 3プルトアウト横山恵理、イン小林亜希子。 3列目右側 4プルトアウト高木美恵子、イン中西朋子。 4列目右側 5プルトアウト浅井ゆきこ、イン塩田良正。 5列目 6プルトアウト近藤緑、以下はエキストラのみなさま。

 こちら2ndヴァイオリンも449回定期演奏会から
2ndヴァイオリン

ヴィオラとコントラバスは一緒に写っています。 まずはヴィオラからです。
前から 1プルトアウト(右)小野眞優美、イン(左)上野博孝。 2プルトアウト周平、イン西内泉。 3プルトアウト川元靖子、イン橋爪郁子。 4プルトアウト松本浩子、イン岩井英樹。 5プルトアウト吉田陽子、以下はエキストラのみなさま。

コントラバスです。 
前列右から 1プルトアウト(右)新真二、イン(左)松村洋介、その横 2プルトアウト三好哲郎、イン池内修二。 後列右から 3プルトアウト石井博和、以下はエキストラのみなさま。

 ヴィオラ&コントラバス こちらは448回定期から。 リープライヒ指揮の公演です
ヴィオラ&ベース

チェロが1stヴァイオリンと向き合う形で綺麗に並んでいます。 実は大阪フィルでは通常ヴィオラがこの位置に並びますが(先ほどの写真もそのパターンでした。)指揮者の希望で配置が変わることがあります。いずみホール特別演奏会では2ndヴァイオリンがここに並びます。
チェロのメンバー紹介です。 前から 1プルトアウト(右)上森さん(エキストラ)、イン近藤浩志。 2プルトアウト田中賢治、イン林口眞也。 3プルトアウト松隈千代恵、イン庄司拓。 4プルトアウト石田聖子、イン織田啓嗣。 

 一列に綺麗に並んでいます。 第449回定期演奏会から
チェロ

余談ですが、上の写真のチェロも最初の1stヴァイオリンも、綺麗に並んでいると思いませんか。
ピシッと1列に等間隔で、譜面台の高さも脚の角度も同じで・・・。 これ、ステージマネージャー清水直行のこだわりです。 曲の合間に手際よく椅子を片付けたりしている正装姿のスタッフを見たこと有りませんか? 彼がステージマネージャーと呼ばれる裏方のボスです。 また機会が有れば裏方ステージ系のスタッフも紹介します。
彼はいつも綺麗にステージを作るプロなのです。

最後になりました。 ヴァイオリンの後ろが定位置となっているパーカッション&ハープを紹介しましょう。
前列右から 中村拓美、坂上弘志。 後列右から堀内吉昌、久保田善則、他はエキストラのみなさま。  そしてハープは今尾淑代。こちらは顔が隠れていますね。2ndヴァイオリンの写真をご覧ください。そちらは正面から映っています。

 448回定期演奏会「アレクサンドル・ネフスキー」から パーカッション多いです。
 パーカッション&ハープ

前回と今回、二回に分けてメンバーの紹介をさせていただきました。 一部、降り番のメンバーやタイミングが合わずに撮影できなかったメンバーも数人おります。 また状況を見ながら紹介させて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。 ブログ読者の皆さまにはメンバーの顔と名前が一致することで、大阪フィルを身近に感じてもらえると思います。 そして、贔屓のメンバーが出来ると「いっちょう応援してやろうか」と今まで以上にコンサートに足を運んで頂けるのではないかと期待しております。 どうかこれからも大阪フィルへの応援をお願いいたします。  読んでいただいて有難うございました。
スポンサーサイト

| お知らせ | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT