PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

監督定期の練習スタート!

さあ、いよいよ今週の14日(木)・15日(金)の第450回定期演奏会の練習がはじまりました!大植監督と楽団員は暑さに負けず、元気です
   練習中もどんどん変わります
上の写真はプログラムの1曲目、オットー・クレンペラーのメリー・ワルツの練習風景です。

この曲は大植監督がミネソタ管時代にスコアに手を入れて、まさに再生させたという想い入れのある1曲新しく作成したスコアにもまだ誤りがあり、実際に演奏してみると音がぶつかったり速度記号が抜けていたりして、笑いがおこる場面もありました大植監督の指示で、オーケストラもぐんぐん変わっていきます!

練習終了後の監督室にお邪魔しました!
スコアをパラパラメリーワルツのスコアをめくる監督
監督はスコアを見ながら「なおっていないところがいっぱいあるよ!ここもここも・・・クレンペラーはむずかしい顔をした写真が多いけど、メリー・ワルツはとってもかわいい曲。ほんとにクレンペラーの曲?!って思うくらい!ミネソタ管と一緒にCDを録音した時に、どっちの音がいいか、どの速さがいいか、投票(多数決)で決めたりしたから、とても愛着がある曲です。今回の定期演奏会はワルツで始まりワルツで終わる。華やかなヴィルトーゾ(優れた芸術家)、そして素晴らしい時間・空間を皆さまと分かち合いたいです。」と語ってくれました


ここからは余談です↓

いつもオシャレな大植監督、最近のブームは半袖ジャケット重ね着だそうです。下の写真をよーくみていただくと袖が2重になっています。どちらも黒なので分かりにくいですが、そこがミソだそうです。
本日の監督→ジャケット重ね着
ご自慢の逸品の品→ご自慢の小さすぎるメガネシリーズ
監督が手にしているものは小さすぎるメガネ(折りたたみ式)と世界最薄のメガネです。とっても嬉しそうにみせてくれました!

さて、いよいよ明日はデニス・プロシャイエフ、長原幸太、趙静の3人のソリストを迎えてトリプル・コンチェルトの練習も始まります♪まさにヴィルトーゾ3人組が生み出すハーモニーが楽しみです

チケットのご予約は前日まで受け付けております♪
お買い求めは大阪フィル・チケットセンターまで↓
06-6656-4890 平日10時~18時 土曜10時~13時
ホームページhttp://www.osaka-phil.com/ 

スポンサーサイト

| メッセージ | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT