PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「親子コンサート」から、メンバー紹介です。

夏休み恒例の「親子のためのオーケストラ体験教室」は昨日、一昨日の2日間4公演で終了いたしました。
多数のお客様に来場頂きました。 この場を借りて御礼申し上げます。

コンサートの雰囲気は前回のブログでお伝えしましたが、今回は楽器紹介のコーナーを利用して大阪フィルのメンバー紹介をします。
これまでにも申し上げてきたとおり、このブログを通して読者の皆さまには大阪フィルのメンバーの顔と名前を覚えて頂きたいと思っています。 そうする事でコンサート鑑賞の楽しみ方が変わり、何よりももっと大阪フィルのファンになって頂けると考えているからです。
と云う事で、ヴァイオリンパートから紹介スタートです。

ヴァイオリンは首席客演コンサートマスターの崔 文洙です。 指揮者 小澤征爾さんの信頼も厚い、日本を代表するヴァイオリニスト兼コンサートマスターです。

ヴァイオリン崔 文洙

ヴィオラは小野眞優美です。 定期演奏会ではほぼ毎回、自主的にお客さまをホール出口でお見送りしているので見かけられた方も多いのではないでしょうか。

 ヴィオラ小野眞優美

チェロパートからはこのふたり。 右から近藤浩志と田中賢治です。 近藤は1pult、田中は1pultもしくは2pultで弾いていることが多いです。

 チェロ近藤と田中

コントラバスは新真二。 4月定期のバーンスタイン「不安の時代」ではステージのフロンントセンターで弾いていたのを記憶されている方も多いのではないでしょうか。

 コントラバス新真二

ハープの今尾淑代です。 客席側から写真を撮る場合必ず顔が見えなくなるのですが、何となくわかりますでしょうか。

 ハープ今尾淑代

フルートはすっかりお馴染みでしょう、野津臣貴博です。 前回のいずみホール演奏会、モーツァルトの協奏曲のソロを吹きました。 

 フルート野津臣貴博

オーボエパートからは大森悠です。  

 オーボエ大森悠

クラリネットはブルックス・トーンが吹きました。 

 クラリネットのブルックス・トーン

ファゴットパートからは宇賀神広宣です。 

 ファゴット宇賀神広宣

ホルンパートは4人で「パイレーツ・オブ・カリビアン」を演奏しました。 左から村上哲、ひとりおいて藤原雄一です。女性二人はエキストラの小阪さんと三谷さん。 

 ホルンパート

トランペットは秋月孝之が吹きました。 

 トランペット秋月孝之

トロンボーンは磯貝富士男です。

 トロンボーン磯貝富士男

チューバは一人しかおりません。 川浪浩一です。

 チューバ川浪浩一

パーカッションは全部で4人です。 この日、ティンパニーを叩くのは堀内吉昌です。

 ティンパニー堀内吉昌

シンバルは久保田善則、大太鼓は中村拓美です。

 シンバル久保田善則、大太鼓は中村拓美

スネアドラムは坂上弘志です。 パーカッションパートは色んな楽器を手分けして演奏します。 

 スネアドラム坂上弘志
 
メンバー紹介はこの後も随時掲載します。 弦楽器も順次少人数で顔が判る形で紹介していきますので、これからもどうぞお付き合いくださいませ。
最後まで読んで頂き有難うございました。 
スポンサーサイト

| お知らせ | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT