PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「青少年のためのコンサート」、どなた様もお越し下さい。

恒例の「3大交響曲の夕べ」は先週土曜日に終了し、オーケストラは少しの間お休み期間に入ります。
また、チケットセンター、事務局、会館も12日(金)~16日(火)までの間、お休みを頂戴いたします。

休みが明けると、お待ちかね「真夏の大植祭り!」第2弾  が始まります 
「チャイコフスキー・セレクションNo.2」(8/26)~「青少年のためのコンサート」(9/1)~「大阪クラシック」(9/4~10)
このうち「チャイコフスキー・セレクションNo.2」のチケット、残りは僅少です。
大植監督が振る“交響曲第5番”、“ヴァイオリンコンチェルト”、“ミステリーピース”、しかもヴァイオリン独奏が人気のボリス・ベルキンなので、それは頷けますね
ソールドアウトまで時間の問題。 もしもまだ行こうかどうしようか迷っている方がいれば、早めのチケットゲット!をおススメします。

そこで、今日は「青少年のためのコンサート」のご案内です。
このコンサート、タイトルからも青少年しか入場出来ないと思われている方も多いのではないでしょうか。 大丈夫ですよ、気持ちが青少年のように若々しければ  どなたでもご入場になれます。 「青春18キップ」のようなコンサートなのです。

下のポスター、ご覧になられた方もいらっしゃると思います。
大阪市内の街中にある大阪市の広報掲示板に、15日までのスケジュールで掲示されています。 

青少年ポスター

大阪市が中心となり、NHK大阪放送局と大阪フィルが一緒になって開催する「青少年のためのコンサート」、 青少年に良い音楽を安い価格で提供したい! という思いでお届けしているコンサートです。
今年のテーマは‘大地への讃歌’で、“フィンランディア”や“グランド・キャニオン”第3曲、“田園”第2楽章などを演奏します。

  2010年「青少年のためのコンサート」より
2010青少年のためのコンサート
 (C)飯島隆                                                                             
青少年に向けたメッセージともいえるコンサート、しかもテレビ放映もあると云う事で、監督もオーケストラも張り切りようはMAXハイテンション!
25歳までの学生は1000円。 一般でも3000円の入場料を考えるとコストパフォーマンスは非常に高いと思います。  ぜひとも皆さまお誘いの上、お越しくださいませ。

  2010年「青少年のためのコンサート」より
2010青少年のためのコンサート
 (C)飯島隆
スポンサーサイト

| お知らせ | 16:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT