PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「大阪クラシック」6日目終了。 いよいよ最終日を残すだけです!

「大阪クラシック」は6日目を迎えました。
この日は全部で11公演(うち有料公演3公演)と、時間配分的にも比較的余裕の1日となりました。


第60公演(11時 リーガロイヤルホテル1階メインラウンジ)
ファゴット久住雅人、ピアノ石田ヒロキ

2日続けてオープニングの公演はリ-ガロイヤルホテルです。 ファゴット久住のリサイタル、この日はジャズやボサノヴァなど少しクラシック音楽から離れた選曲です。 こういったように奏者もいつもと違ってちょっと遊び心で楽しんでみる。 「大阪クラシック」の醍醐味です。

  DSCF2593.jpg

ファゴットをバリバリ吹いている久住の後ろには監督の姿が。

  DSCF2606.jpg

第61公演(11時半 クリスタ長堀滝の広場)
フルート野津臣貴博、ギター増井一友

シンフォニーホールでのコンチェルトのソリストを務めた野津、この日はギターと合わせました。
ピアソラの曲なんか少し違った感じでいいですね。

  DSCF2625.jpg

第62公演(12時半 ホテルイルクオーレなんば1階「サローネ」)
ヴァイオリン三瀬麻起子、中西朋子、ヴィオラ、上野博孝

今年初めてお世話になる会場です。 演奏前、監督からお客様へご挨拶がありました。

  DSCF2634.jpg

5日の第22公演でもこのトリオで同じプログラムで演奏しています。 場所が変わると違って聞こえるものですね。

  DSCF2641.jpg
 
第63公演(13時半 中之島ダイビル1階)
フルート井上登紀、ファゴット宇賀神広宣、ホルン藤原雄一、ヴァイオリン鈴木玲子、ヴィオラ吉田陽子、コントラバス松村洋介

中之島のダイビルに藤原雄一のホルンが鳴り響きました。 
OLやビジネスマンが暫し足を止めて聴き入っている姿が印象的です。 

  DSCF2667.jpg

第64公演(14時半 大阪市中央公会堂 中集会室)
ヴァイオリン長原幸太、ピアノ富岡順子

コンサートマスター長原幸太のリサイタルです。 前売りチケットは早々に売り切れ。 
悪魔のトリル や タイスの瞑想曲などを演奏し、お客様を魅了しました。

  DSCF2702.jpg

第65公演(15時半 本町ガーデンシティ1階エントランスホール)
ヴァイオリン小林亜希子

声が聞き取りにくいと思ったのか、監督はスピーカーを自分で持ちながら話をします。

  DSCF2714.jpg

この広いエントランスに集まった多くのお客様を、小林亜希子はヴァイオリン1本で満足させました。

  DSCF2732.jpg

第66公演(16時 関電ビルディング1階)
チェロ石田聖子

チェロの石田聖子も関電ビルディングでソロ演奏を行いました。

  DSCF2755.jpg

監督は石田がアンコールに演奏したカザルスの“鳥の歌”について、バルセロナ響の監督時代の思い出話と関連付けて紹介しました。

  DSCF2773.jpg

第67公演(17時 大阪市中央公会堂 中集会室)
フルート井上登紀、オーボエ大森悠、クラリネット田本摂理、ファゴット宇賀神広宣、ホルン藤原雄一、ヴァイオリン佐久間聡一、ヴィオラ吉田陽子、チェロ織田啓嗣、コントラバス松村洋介

生誕100年を記念してお届けしたニノ・ロータの九重奏曲。 ヴィオラの吉田が苦労して楽譜を入手。
「今年やるのに意味がある」との言葉通り、とても貴重な演奏会でした。  
 
 DSCF2789.jpg

第68公演(18時 相愛学園 本町講堂)
ピアノ岡田敦子、ヴァイオリン橋本安弘、中西朋子、ヴィオラ西本泉、チェロ松隈千代恵

ブラームスの名曲にして大曲“ピアノ五重奏曲”を2ndヴァイオリンのベテラン橋本安弘が1stヴァイオリンを担当して演奏しました。 相愛学園のホールに名曲の調べが鳴り響きました。

  DSCF2805.jpg

第69公演(19時 竹中工務店いちょうホール(御堂ビル1階)
オーボエ大森悠、ヴァイオリン三瀬麻起子、ヴィオラ吉田陽子、チェロ石田聖子

相愛学園のお隣に位置する竹中工務店いちょうホール。 相愛学園終了のタイミングで多くのお客様がこちらに移動してこられました。 混乱する場内で「大丈夫です。皆さまゆっくりご入場下さい。必ず全員の方に聴いて頂きますので」と監督が案内をしまた。 お客さまの表情は笑顔に変わり、雰囲気が一変しました。

  DSCF2819.jpg

ヴィオラの吉田はとても話すのが上手なんです。 自分の思いは演奏で・・・という比較的不器用な職人気質の人間も少なくない演奏家にあって、すごく上手く話せるんですね。 もちろん演奏もですよ。 弦楽三重奏にオーボエの大森が加わるかたちのカルテットです。

 大森が登場する前のトリオの曲紹介中。
  DSCF2823.jpg

第70公演(19時半 大阪市中央公会堂 中集会室)
トランペット秋月孝之、橋爪伴之、松原健二、大西伸一、ホルン藤原雄一、トロンボーン安藤正行、磯貝富治男、ロイド・タカモト、吉田勝博、テューバ川浪浩一、パーカッション中村拓美

大阪フィルが誇る金管十重奏の演奏会です。 それにパーカッションが加わる形。
トランペット秋月の司会で和やかに進行。 やはり金管のアンサンブルは聴き応えがありますね。

  DSCF2834.jpg

クラシック音楽初心者のお客さまにも分かりやすいのですかね。 感じるという表現がリアルなのでしょうか。 とても良かったとお褒めの言葉を頂きました。


 トランペットを正面に見た写真。
  DSCF2831.jpg

 トロンボーンを正面に見た写真です。
  DSCF2836.jpg
    

長かった「大阪クラシック」いよいよ最終日を迎えました。
最終の第83公演、オーケストラ演奏のチケットは既に予定枚数を終了しているようですが、他にも有料公演1つを含む12公演がございます。
今日1日、大阪の御堂筋・中之島地区をパンフレット片手に歩き回ってみてはいかがでしょうか? そんなに暑くならないようですので、気持ち良いと思いますよ。 
最後まで一緒に「大阪クラシック」で盛り上がりましょう
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

| イベント | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT