PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 「いずみホール特別演奏会 ~ ウィーン古典派シリーズⅤ」 いよいよ本番です!

ベートーヴェンの交響曲を偶数番号から順に演奏してきたこのシリーズも、前回から人気の奇数番号に入っております。 そして今回演奏するのは第5番「運命」。

1stも2ndもヴァイオリンは同じ10型の対向配置、そしてマエストロ延原こだわりのピリオドアプローチでお届けする「運命」。

オーケストラ演奏風景

コンサートマスターは首席客演コンマス 崔文洙です。
練習ではマエストロと他のパートのやり取りにも、適切なアドバイスを与えます。
マエストロからもオーケストラのメンバーからも絶大な信頼を得ている、抜群の存在感を誇るコンマスです。

絶大な信頼を得ている崔文洙

このシリーズのもう一つのお楽しみ、大阪フィルトップ奏者がソリストを務めるモーツァルトの協奏曲は、人気のクラリネット協奏曲。 ソリストはブルックス・トーン。

 写真は2日目の練習風景
  マエストロとブルックス・トーン

モーツァルトでは一層刈り込んだ編成で演奏します。 詳しくは本番でのお楽しみ。
マエストロもブルックス・トーンのクラリネットの音色が気に入ったようです。

 本日の練習風景
 コンチェルト練習風景

問題は本番をお聴き頂いた皆さまが気に入って下さるかどうかです。
でも、自信ありますよ  なので、ライブでお楽しみください。 

ソロはブルックス・トーン

「大阪クラシック」でオーケストラのメンバーは小編成のアンサンブルにこだわって演奏してきました。
その事が今回の演奏会でどのようなカタチで現れるのか。
どうか皆さまの目と耳でご確認ください。 
当日券は開演の1時間前、18時から販売致します。
会場でお待ちしております。

 『いずみホール特別演奏会』<ウィーン古典派シリーズⅤ> 
 日 時:9月15日(木)19時開演(18時30分開場) 
 会 場:いずみホール
 指 揮:延原武春
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 独 奏:ブルックス・トーン(クラリネット)   
 曲 目:ハイドン/交響曲第100番 ト長調「軍隊」Hob.I:100
      モーツァルト/クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
       ベートーヴェン/交響曲第5番 ハ短調 「運命」作品67
 料 金:A5000円 、B3000円
 ※当日券は18時から販売いたします。
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。
 

スポンサーサイト

| お知らせ | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT