PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「9月定期演奏会」練習が始まりました!

マエストロは下野さん。 大阪フィルとは2月の「スペシャルライブ」以来の顔合わせです。
この日はブルックナー2番から練習が始まりました。

久しぶりのマエストロ下野

「いずみホール特別演奏会」とは打って変わり、1stヴァイオリン16型のフル編成の大阪フィルです。

16型のオーケストラ

「大阪クラシック」では小編成のアンサンブル中心(もちろんショスタコ5番は有ったものの)で、その後10型の“運命”。  
「いつもの大阪フィルサウンドが聴きたい」といわれる皆さま、お待たせしました!

指揮するマエストロ

大阪フィルの事を良くご存知のマエストロです。 きっと皆さまの期待にお応えできる音楽をお届けできるはずです。

マエストロお願いします!

あ、そしてここで 大切なお知らせがあります

今回、前半にお届けする曲が2曲あります。
J.S.バッハの曲とボッケリーニの曲を共にベリオが編曲している2曲ですが、本番ではこの2曲をマエストロの意向で続けて演奏致します 

つまり、1曲目に遅れてしまうと、前半は入場出来ないという事です 

皆さま、ご注意くださいね

いつもよりチョット早めに来て下さい!

前半に演奏するベリオ編曲の2曲、とても美しい曲ですが演奏機会が少ない曲です。
それを今回、前半のプログラムで取り上げた意図や、2曲続けて演奏する真意とは?
そのあたり、本番までにマエストロに直接聞ける機会があれば、こちらで報告します!
どうぞお楽しみに。 

マエストロ、教えてください!

毎回マエストロの着ているTシャツが密かに話題になっています。
 前回のブログです → http://osakaphil1947.blog66.fc2.com/blog-entry-133.html
今回はどんなのかな  と楽しみにしていたら、期待に違わずこんなTシャツでした。

  どういう意味ですか?

このTシャツ、何かのメッセージなのでしょうか?
その事に触れることなく、マエストロはいつも通りしっかり研究され尽くしたスコアを見ながら、明晰な指揮をしておられました。 

DSC01884.jpg

皆さまからたくさん問い合わせを頂きますが、今回の定期も首席コンサートマスターの長原がコンマスを務めます。 よろしくお願いします。

コンマスは長原です

 『第451回定期演奏会』 
 日 時:9月20日(火)、21(水)19時開演(18時開場) 
 会 場:ザ・シンフォニーホール
 指 揮:下野竜也
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 曲 目:J.S.バッハ=ベリオ編/「フーガの技法」よりコントラプンクトゥスⅩⅨ
     ボッケリーニ=ベリオ編/「マドリードの夜の帰営ラッパ」の4つの版
     ブルックナー/交響曲第2番 ハ短調(1872年/キャラガン版)
 料 金:A席6000円 B5000円 C席4000円 D席1500円
 ※当日券は17時半から発売いたします。
 ※25歳以下の学生と60歳以上のお客さまは、開演30分前に当日券が有る場合はお一人様1000円でご入場頂けます。学生の方は学生証を、60歳以上の方は身分を証明できるものをご提示ください。
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。
 

スポンサーサイト

| お知らせ | 23:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT