PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久しぶりのマエストロに、初顔合わせのソリスト!

明日、びわ湖ホールでコンサートが行われます。
「かんでんハーモニアス コンサート」というタイトルがついているこのコンサート、関西電力滋賀支店が「低料金で良質の音楽を聴いてもらいたい」という事で始めた今年で14回目となるコンサートです。

今回のマエストロは、大阪フィル久しぶりの登場となる手塚幸紀さん。
ソリストは今回が初顔合わせになるチェリスト宮田大さん。
シューマンのチェロ協奏曲の練習が始まりました。

マエストロ、お久しぶりです!

この曲、ドボルザーク、ハイドンと合わせて三大チェロ協奏曲と呼ぶらしいですが、比較的演奏機会が少ないのでないでしょうか。 むしろエルガー、サン=サーンス、チャイコフスキーのロココなどのほうが良く演奏されるように思います。
しかし、名曲であることに変わりはありません。 
2楽章の中間部、オーケストラのチェロトップ奏者 近藤と二重奏になるところ、この曲最大の聴かせどころですが、美しかったです

宮田さんとトップ近藤との競演

大阪フィルの感想をお聞きすると「ヨーロッパのオーケストラのような鳴り方がして、とても気持ちよかったです」と言って頂きました。 相手の目をまっすぐに見て話の受け答えをする宮田さん。 彼のまっすぐな人柄がチェロの音にも表れていて好感が持てました。

09年にロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人初の優勝を成し遂げた後は、オファーが多く大忙しのようです。 皆さま、ぜひとも宮田さんのチェロの響きをライブでお聴き下さい。

宮田さんのチェロの響き、美しいです

プログラムのメイン曲はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。
マエストロはこれまで数多く振ってこられた曲です。
往年の大阪フィルファンなら、このコンサートチラシを見て「懐かしいなぁ」と目を細める共演に違いありません。 ぜひこちらもライブでお楽しみ下さい。
チケットはまだ余裕がございます。 会場でお待ちしています。

 『かんでん ハーモニアス コンサート』 
 日 時:9月30(金)19時開演(18時開場) 
 会 場:びわこホール
 指 揮:手塚幸紀
 独 奏:宮田 大(チェロ)
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 曲 目:ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
     シューマン/チェロ協奏曲 イ短調 作品129
     ベートーヴェン/交響曲第6番 ヘ長調 作品68「田園」
 料 金:A席3000円 B2000円 C席1000円
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。
 
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT