PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

びわ湖ホール演奏会、無事終了しました!

昨日は大津のびわ湖ホールで演奏会でした。
「かんでんハーモニアス コンサート」というタイトルが付いている事でもわかるとおり、関西電力株式会社滋賀支店が主催のこのコンサート。
‘良質の音楽を低料金でお届けしたい’ということで私たち大阪フィルの演奏会が選ばれたという訳です
お招きいただきまして有難うございます。 
また、足もとの悪い中会場にお越し頂きましたお客様には私たちからも御礼申し上げます。

会場となったびわ湖ホールはロケーション抜群。 何と云っても目の前が琵琶湖
ホールホワイエから外輪船ミシガンが見えるのです。
この日はあいにくの雨模様。 濃淡がかかった琵琶湖はとても神秘的で、気持ちが安らぎます。

ホールホワイエから見た琵琶湖

1998年にオープンし、西日本初の4面舞台をはじめ特殊な舞台設備を持つキャパ1848席のこのホール。 オペラやバレエも上演可能な日本を代表する芸術劇場です。

今回のプログラム、メインの曲はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。

“田園”演奏風景

マエストロは手塚幸紀さん。 72年~83年まで大阪フィルの指揮者として色々とお世話になりました。 定期演奏会登場回数は通算11回。 これは歴代8位の記録です(ちなみに7位は若杉弘さんで13回。1位はもちろん朝比奈隆・創立名誉指揮者でなんと220回!)
マエストロは途中、病気療養のため指揮活動を停止された時期もありましたが、今は元気に復活されています。 今回、久しぶりに指揮して頂きましたがとても元気なご様子、安心いたしました。
ベートーヴェンの「田園」は幾度となく演奏されてきたのでしょうね。 すっかり手の内に入った音楽との印象を受けました。

指揮するマエストロ

久し振りに再会したマエストロに対して、ソリストは今回初顔合わせでした。
チェロの宮田大さんは現在25歳、09年にロストロポ-ヴィチ国際チェロコンクールを優勝された期待の音楽家です。 本当にスケールの大きな音楽を奏でられます。 

チェロの宮田大さん

今回、ご自身からのリクエストでもあったシューマンの協奏曲ですが、ほとんど弾きっぱなしの大変な曲です。 特に2楽章のチェロのトップ近藤との二重奏はこの曲最大の聴かせどころのひとつ。 同じ楽器を弾く者同士だからわかる事ってあるのでしょうね。 互いにリスペクトしているのが判る、そんな演奏でした。

マエストロを挟んで宮田さんとチェロ近藤

ゲネプロを見事に弾き終えた宮田さん。 マエストロに次いでコンマスの崔文洙とも握手です。
オーケストラのメンバーも温かく見守っていたのが印象的でした。
そして本番では、ゲネプロ以上の演奏を披露してくれました。 

コンマス崔と握手する宮田さん

コンチェルト終了後、2ndヴァイオリン佐久間とチェロ近藤は宮田さんの楽屋を訪ねます。
実は宮田さんは佐久間の大学の後輩。 昨日の練習が久し振りの再会だったようです。
チェロの近藤は昨日の練習前から「今回のソリストの宮田君は上手いよ」と言っていました。 実際に二重奏をやって判り合える部分があるのでしょうね。 すごく楽しそうな会話が行われていました。 
宮田さんはこの場でも「大阪フィルの音はヨーロッパのオーケストラの音です。 そこで自由に弾かせてもらって楽しかったです!」と語っておられましたよ。 そこで記念のスリーショット写真をどうぞ。 はい、スマイル!

宮田さんは明日の朝、伊丹から成田経由でドイツへ行くとの事。 リサイタルだとか。 日本では10月~11月にかけて全国公演があり、大阪は11月7日にいずみホールでリサイタルだそうです。  

2ndVn佐久間、宮田さん、Vc近藤

本当に久し振りの再会となったマエストロと初顔合わせのソリスト。
長くオーケストラをやっていると当たり前の事かもしれませんが、人との出会いの不思議を考えてしまいます。 出会いって偶然なのか必然なのか、とかね。  楽器との出会いもそうですよね。 仕事との出会いも・・・。 
私たちは皆さまとの出会いを大切に、もっと深いお付き合いにしていくことを希望します。

最後に、せっかく今回の演奏会でチェロの魅力に触れた訳ですので(これも出会いですね)、チェロの魅力を堪能できるオススメ演奏会を紹介します。 
大植監督がお届けする「チャイコフスキー・セレクションNo.3」です。
今回のコンチェルト、“ロココの主題による変奏曲”です。 ソリストは07年のチャイコフスキーコンクールの覇者 セルゲイ・アントノフです。 こちらもホンモノです! よろしくお願いします。
チケット、今ならあります。 しかし最後は売り切れ必至ですので早めにゲットしてください

  チャイコフスキーセレクションNo.3
 
 『チャイコフスキーセレクションNo.3』 
 日 時:11月2日(水)19時開演(18時開場) 
 会 場:ザ・シンフォニーホール
 指 揮:大植英次
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 独 奏:セルゲイ・アントノフ(チェロ)   
 曲 目:チャイコフスキー/ミステリーピースⅢ
                /ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33
                /交響曲第6番 ロ短調「悲愴」 作品74     
 料 金:A席5000円、B席4000円、C席3000円
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。
 
スポンサーサイト

| 演奏会 | 04:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT