PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セルゲイ・アントノフのチェロ、力強いです!

今日もチャイコフスキーの練習です。  
最初は“ロココの主題による変奏曲”というチェロの曲。 
協奏曲とは書かれていませんが、テーマが変形していく実質的に協奏曲です。
この曲、チャイコフスキーコンクールのチェロ部門の課題曲として知られています。

大植監督は今日も元気です。 腰に手を当てての指揮。 
監督でしか見たことありません

  大植監督は今日も元気です!

“ロココ”のソリストはセルゲイ・アントノフさん。 初めて2007年チャイコフスキーコンクール優勝の実力を目の当たりにしました。 さすがに凄いです。 まずなんといっても音程が正確。 勢いで片付けるタイプではなく、確実に弾けるチェリストですね。
そしてイケメン。 華があります。
監督とは初顔合わせにもかかわらず、お互いアイコンタクトで語っていました。

 バッチリ、アイコンタクトです!

協奏曲になるといつも同じ話をしますが、監督は協奏曲を合わせるのが本当に上手いと思います。 どんなマイペースなソリストにでも、視線だけではなく相手のほうに身体を向けて完全に合わせます。
さすがにセルゲイ・アントノフはコンクール優勝者だけの事はあって、オーケストラをしっかり聴いて自分から合わせにいきます。 しかしこの曲、管楽器などが入るタイミングが本当に難しい曲ですね。 監督と奏者が練習終了後も打ち合わせていたのが印象的でした。
 
監督とセルゲイ・アントノフ

どうですか、チェロを弾く姿が絵になると思われませんか? ぜひともホールでご覧下さい。

チェロを弾く姿が絵になりますね!

練習を終えたセルゲイ・アントノフさんにインタビューをお願いしたところ、快く応じて頂きました。 お疲れのところスミマセン
合わせてみて大植監督や大阪フィルはいかがでしたか?
アウトスタンディング!素晴らしいです!オーケストラのレベルとしては間違いなくトップレベルです。 マエストロは興味深いですね。 ちょっと他にいないタイプの指揮者です。 とても勉強になりました。 明日の“ロココ”成功する確信を得る事が出来ました。 絶対に良い演奏になりますよ。 

チャイコフスキーコンクールで優勝されて以来毎年のように日本に来られていますが、日本の印象、日本のお客さまの印象をお聞かせ下さい。
こうして日本を訪れて演奏出来ることをいつも光栄に思っています。 日本は独特の文化を持った国。 この国で演奏できて本当に幸せです。 お客様はいつも暖かく、音楽に対していつでもオープンです。 そしてそれによって、私たち音楽家も演奏を楽しむ事が出来るのです。

今回演奏していただく「ロココの主題による変奏曲」についてはチャイコフスキーコンクールの課題曲としても知られていますが、この曲を演奏するに当たって何かコメントを頂けますでしょうか。
ロココ”はチェロの為の作品としては最も有名な部類に入ります。 とてもポピュラーであるがゆえに演奏する度に新たな発見があり非常に興味深いです。
音楽に限界はありません。 私たちアーチストにとっても常に新しい興味を惹かれる何かが見つかるのです。 “ロココ”はとても美しく、いつも楽しみながら演奏しています。


大阪フィルならびに音楽監督の大植英次とは初めての共演ですが、初めてのオーケストラや指揮者と演奏する時に事前に何か準備される事はありますか?
初めて共演するオーケストラとの演奏はとても興奮します。 オーケストラも指揮者もそうですが、初めて共演するからといって特別な準備はしません。 しかし新しいコラボレーションは必ず何か新しい体験をもたらしてくれます。 今回もそうでした。

ご来場のお客様にメッセージをお願いします。
あらゆる人々とクラシック音楽を分かち合える可能性があることが本当に嬉しいです! クラシック音楽の世界はとても美しく、エキサイティングです。 ホールに来る皆さんが音楽に命を吹き込み、音楽家に喜びを与えてくれるのだと思います。 ぜひあなたも友人や家族を誘って来てください。 そして私たち全員で、偉大な作曲家が創り上げた美しい音楽をエンジョイしましょう!

インタビューに応えるセルゲイ・アントノフ

 『チャイコフスキーセレクションNo.3』 
 日 時:11月2日(水)19時開演(18時開場) 
 会 場:ザ・シンフォニーホール
 指 揮:大植英次
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 独 奏:セルゲイ・アントノフ(チェロ)   
 曲 目:チャイコフスキー/ミステリーピースⅢ
                /ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33
                /交響曲第6番 ロ短調「悲愴」 作品74     
 料 金:A席5000円、B席4000円、C席3000円
 ※当日券は17時半から販売致します。
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。

 
 ここでひとつ連絡事項が・・・

大阪フィルハーモニー交響楽団の新しいCDを発売します

昨年度演奏した「ブラームス交響曲全曲演奏会」から交響曲全4曲をライブ録音CD3枚組、4500円で発売します。 発売日は11月2日、チャイコフスキーセレクションの日です。
市内有名CDショップはもちろん、ザ・シンフォニーホールのロビーでも販売致します。
どうか皆さまの愛聴盤として、CDラックのフロントセンターに置かれる事を希望いたします  

 愛聴盤になりますように!

スポンサーサイト

| お知らせ | 04:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT