PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“大地の歌” 出演者変更について

すでにホームページや公式ツイッターでお知らせ致しましたが、「第453回定期演奏会」の“大地の歌”に出演を予定しておりましたメゾ・ソプラノ ナタリー・シュトゥッツマンは体調不良のため出演不可能となりました。
代わりまして東京二期会の小川明子さんが出演する事になりました。


横浜フィリアホールや東京トッパンホールでのリサイタルはひと足先に中止を発表しており、「大阪フィルはどうして何も言わないの?」とツイッター上でも語られておりましたが、ナタリー・シュトゥッツマンの意向として“大地の歌”は日程的にも少しだけ先にある事などからも、出演の方向でギリギリまで治療に専念していましたので、私たちも静観しておりました。 しかし現時点でも回復に至らず、練習に間に合わないため本日中止の発表となりました。

ナタリー・シュトゥッツマンの代わりと云う事で海外のアーチストも視野に入れて探しましたが、オーケストラとの共演実績も豊富で“大地の歌”を歌ったことのある小川明子さんがスケジュール調整可能になり、出演して頂く事になりました。
小川明子さんの顔写真とプロフィールは以下の通りとなります。

メゾ・ソプラノ小川明子さん

小川明子さん

埼玉県出身。東京芸術大学卒業、同大学院音楽研究科独唱専攻修了。文化庁オペラ研修所修了。
1992年第61回日本音楽コンクール声楽(歌曲)部門第2位入賞。第4回日本声楽コンクール第3位入賞。
1993年第4回日本歌曲コンクール第1位入賞、ならびに山田耕筰賞受賞。第10ニッカ・カルメンシータ新人賞第2位。
97年11月より文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間オーストリアに留学、アデーレ・ハースに師事。
オペラではモーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』、ラヴェル『子供と魔法』、フンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』、シェーンベルク『モーゼとアロン』(演奏会形式)等に出演。1996年には、オペラ研修所20周年記念公演『祝い歌が流れる夜に』(キヨ)、『魔笛』(童子Ⅲ)に出演。また、2005年8月文化庁『ヘンゼルとグレーテル』、11月エド・デ・ワールト指揮東京二期会『さまよえるオランダ人』に出演。
コンサートではヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、バッハ「マタイ受難曲」、ブルックナー等の宗教曲を得意とするほか、ベートーヴェン「第九」の出演も多く、東京フィル、東京交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィル、札幌交響楽団、仙台フィル、群馬交響楽団、神奈川フィル、九州交響楽団など主要オーケストラと共演。1999年東京フィル・オペラコンチェルタンテ『サロメ』、2000年札幌交響楽団定期『グラゴール・ミサ』、同年新日本フィル定期『クリスマス・オラトリオ』、2002年新日本フィル定期『ワルプルギスの第一夜』(メンデルスゾーン)、2003年東京都交響楽団ガリー・ベルティーニ指揮『ロメオ・ジュリエット』(ベルリオーズ)などに出演し、好評を博す。
2006年7月に猿谷紀郎作曲第54回尾高賞受賞作品「ここに慰めはない」でジョナサン・ノット指揮NHK交響楽団と共演し、好評を博した。2007年東京交響楽団サントリー定期にて、ヘンツェ作曲オペラ『ルプパ ― ヤツガシラと息子の愛の勝利』(演奏会形式、全2幕、字幕付、日本初演)に出演。
2008年尾高忠明指揮札響『ピーター・グライムズ』(演奏会形式)でも存在感を示した。
殊に現代音楽の分野では、第一人者として数多くの演奏に携わっており、コルンゴルトなど現代歌曲を中心としたリサイタルを開いている。また、新日本フィル定期リゲティ「レクイエム」、サントリー音楽財団サマーフェスティバルに於けるシェーンベルク『4つの歌』など、エキスパートとしての信頼も厚い。「第九」のソリストや2011年ロッシーニ特集「スターバト・マーテル」等にも出演する。
同時に、日本歌曲にも力を注いでおり、「山田耕筰歌曲集」、「啄木とみすずを歌う」等のCDをリリースしている。 二期会会員


エイジオブエイジ ザ・ファイナルシーズンの目玉中の目玉公演、大植監督の“大地の歌”は一部出演者の変更は有りましたが、予定通り明日から練習が始まります。
この公演に賭ける監督の思いは相当なものです。
どうか監督の思い入れたっぷりの “大地の歌” にご期待下さい。
今回も監督の表情はもちろん、テノールのジョン・ヴィラーズや小川明子さんの表情もしっかりリポートしようと思っています。 どうぞご期待下さい。

 『第453回定期演奏会』 
 日 時:11月9(水)、10(木)19時開演(18時開場) 
 会 場:ザ・シンフォニーホール
 指 揮:大植英次
 独 唱:メゾ・ソプラノ:小川明子、テノール:ジョン・ヴィラーズ
 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
 曲 目:シューベルト/交響曲第5番 変ロ長調 D.485
     マーラー/交響曲「大地の歌」
 料 金:A席6000円 B5000円 C席4000円 D席は売り切れ
 ※当日券は17時半から発売いたします。
 ※25歳以下の学生と60歳以上のお客さまは、開演30分前に当日券が有る場合はお一人様1000円でご入場頂けます。学生の方は学生証を、60歳以上の方は身分を証明できるものをご提示ください。
 ※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。
 

スポンサーサイト

| お知らせ | 18:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT