PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャイコフスキーの約束の品を公開します!

オーケストラは本日より2日まで、学校巡回公演第2弾として四国を回っております。
マエストロは船橋洋介さん、コンサートマスターは首席客演コンマスの崔文洙。

以前にもブログで紹介しましたが、この活動は本当に私たちにとって大切な活動です。
行く先々の小中学生は、真剣に私たちの演奏を聴いてくれます。
ほとんどの子供たちは生でクラシックの演奏を聴くのは初めて。
最初のきっかけになる訳で、それって責任重大ですよね。
私たちも誠心誠意、気持ちを込めて演奏しますので、よろしくお願い致します。 


気が付けば12月も目前。
実は11月中に実行すると皆さまにお約束した事があります。
それは・・・
チャイコフスキー・セレクションに関係のあることです。

 チャイコフスキーセレクションNo.1より
セレクションNo.1 ピアノのマキシム・ベッケルマン
 (C)飯島隆

今回のシリーズで1曲目に演奏したのは、ミステリーピースでした。
1回目のミステリーピースは歌劇「オプリチニク」第4幕“ダンス”でした。

  正解は、歌劇「オプリチニク」第4幕“ダンスでした!”

正解者にささやかなプレゼント を11月中にお渡しするとお約束していたのですが、その賞品(いや景品  )が漸く出来上がりました。
マグネット式の特製ステッカーです。
下のブツが第1回目のそれでございます。
監督と1回目のソリスト マキシム・ベッケルマンの顔が映っておりますね。

セレクションNo.1のステッカー

チャイコフスキーセレクションNo.2は8月の暑い時でした。
メインは交響曲5番、協奏曲は巨匠ボリス・ベルキンを迎えてヴァイオリン協奏曲。
こちらも熱い演奏でしたね。

 チャイコフスキーセレクションNo.2より
ヴァイオリン協奏曲を弾くボリス・ベルキン
 (C)飯島隆

懸案のミステリーピースは“法律学校行進曲”。

正解は“法律学校行進曲”でした!

チャイコフスキーセレクションNo.2のステッカーは以下です。
ボリス・ベルキンのヴァイオリンを弾いている姿は映っているものの、監督はお腹のあたり。
ちゃんと日付、曲名も記されています。

セレクションNo.2のステッカー

セレクションNo.3は11月に行われました。 まだ記憶に新しいのではないでしょうか。
メインの曲は交響曲第6番“悲愴”。 
協奏曲はチェロのセルゲイ・アントノフを迎えて、素晴らしい超絶技巧で“ロココの主題による変奏曲”をお届けしました。
ミステリーピースの曲名は休憩時間に締め切り、終演後に発表しました。
曲名は“交響曲第7番”より1楽章!

 チャイコフスキーセレクションNo.3より
“ロココ”を弾くセルゲイ・アントノフ
 (C)飯島隆

第3回目のステッカーは下のブツです。
このステッカー、本当に正解者の数プラス資料用に1枚しか作っていません。
とても貴重なものです。
どうぞ胸を張って、監督にサインをもらってください 。 
そして皆に自慢してくださいね。 ちなみに私、1問も判らずでした

セレクションNo.3のステッカー

本当なら、監督から直接渡したかったのですが、事務局から送らせていただきます。
監督からはくれぐれもよろしくとの事でした。

 チャイコフスキーセレクションNo.3より
おめでとうございます!
 (C)飯島隆

そして、全部を並べると、ご覧のようなデザインになるのでした。
これを実際に手に出来るのはお一人だけです。
あらためておめでとうございました

3枚全て並べると、こんなデザインが!


最後にお知らせがあります

先日、ブログでもご紹介致しました 12月15日の「スペシャル・ライブ ~ 吹奏楽meetsオーケストラ」のチケットは、補助席も含めて完売致しました。 
さすがに4回目ともなると吹奏楽ファンの間でも人気のコンサートとして認知されているようです。
途切れることなく売れ続け、本日完売いたしました!
年に1度のペースで行うこのコンサート、来年ももちろんやります! 

チケットまったくございません。 当日券も販売いたしません。
これから購入を予定されていた皆さま、申し訳ございませんでした。
どうぞご了承くださいませ。

スポンサーサイト

| お知らせ | 19:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT