PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013年OPEN予定、新生フェスティバルホールの近況報告

今年もあっ と言う間に過ぎて、残すところ3週間を切っています。
年が明けて3月31日に予定している大植監督ファイナルコンサートが終われば、翌日から2012年度のシーズンが始まります。 そして、この調子だから2012年もあっと言う間に過ぎるんでしょうね。 
そうすると、2013年です

2013年と言えば・・・待ちに待った新生フェスティバルホールの誕生です!

現在のホール事情を考えると、フェスティバルホールの誕生が与える興行界への影響は計り知れないものが予測できます。 それはクラシック界に於いても同じです。
フェスティバルホール、ザ・シンフォニーホール、いずみホール・・・
ホールの違いによってオーケストラの特色の違いを鮮明に出来ると云う意味では望ましい事ですね。

下の写真、在りし頃のフェスティバルホールです。

 旧フェスティバルホール

そして現在の写真がこちら

現在工事中の中之島フェスティバルタワー

取り壊し更地にして、その上に既にこんな大きなモノが建っています!
“中之島フェスティバルタワー”の4階から9階までがフェスティバルホールです。

実は昨日、皆さまより一足早く新生フェスティバルホールの中に入って来ました
もちろんまだ足場も取れていない状況ではっきりとそのお姿を拝見する事は出来ませんでしたが、何と云うかそこにあるのは紛れもなくあの愛しのフェスティバルホールでした
残念ながら色々と制約があり、写真を撮ることは叶わなかったのですが、皆さまにフェスティバルホールのイメージを味わって頂きましょう。

下の写真はもうオープンになっているものなので、ご覧になられた方もいらっしゃるでしょうね。

新生フェスティバルホールイメージパース

気になるホールの中ですが、ナント正確な1/10サイズのホール模型が出来ています。
それがこれです。 新生フェスティバルホールは3層構造です。
ザ・シンフォニーホールより客席数が1000席多い以前と同じ2700席。 
ステージから見た客席はこんな感じ!

ステージから見た客席

2席ずつ独立したバルコニー席もあるんです。 そこから見た客席はこんな感じ!

バルコニー席から見た客席

そして1階最後列の後ろから立見で見たステージはこの距離感です。
意外と近いんじゃないですか。 

1階最後列から見たステージ

「記念に人形にサインして好きなところに置いて良いですよ!」とホールスタッフの方の優しいお言葉。 「えー、本当ですか!」 と云う事で、光栄にも‘大フィル人形君’は1階中通路後ろ、以前のフェスならボックス席、ザ・シンフォニーホールならJ列のド真ん中に席を頂く事が出来ました。 

大フィル人形君、ベストシートを確保!

最後に、気になる椅子にも実際に座って感触を確かめる事が出来ました。
はじめはフワッとした感触、そして座るとしっかり包み込むようでいて適度な硬さもあります。
ご覧のようにとても厚みのある椅子で、以前より広くなっています。
これなら長時間のオペラでも大丈夫

ホールに並ぶ実際の椅子

新生フェスティバルホールの誕生、楽しみですね。

オープンは2013年、春4月。 
気持ちも新たに、大阪フィルも新たなスタートが切れていることでしょう
いろいろと妄想が膨らむとても楽しい時間でした。

スポンサーサイト

| お知らせ | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT