PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリスマスのお約束、いつものコンサートです。

「第九」を演奏する機会が続いていますが、22日は毎年恒例となった「第82回クリスマスステップコンサート」の開催です。 
このコンサートは住友不動産販売主催のコンサート。
毎年、大阪フィルをお招き頂いています。

本日はその練習が行われました。
今回のマエストロは現田茂夫さん。 大阪フィルはこれまでにも随分指揮して頂いていますが、ここ1年ほど空いていましたかね。 いつも変わらず元気なマエストロです。

指揮は現田茂夫さん

このコンサートは名曲満載のコンサートですが、もう一つの楽しみはヴァイオリニストの千住真理子さんがソリストとしてだけではなく、メインパーソナリティとして曲解説などをマイクで話されることです。
ヴァイオリンンだけではなくおしゃべりもとても上手な千住さん、とても楽しいコンサートになる事でしょう。

ソリストとしては、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番“トルコ風”より3楽章や“ツィゴイネルワイゼン”などを弾かれます。
コンチェルトのきっかけをマエストロ、コンサートマスター長原と話し合われている千住さんでした。

マエストロ、千住さん、コンマス長原

天才少女と言われて大きくメディアにも取り上げられたずっと以前から、常にクラシックシーンのセンターポジションで業界発展のための活動も色々とされて来られた千住真理子さん。
少しくだけたバラエティ的な活動からバッハの無伴奏全曲演奏会のようなアグレッシブな活動まで、全力でこなす千住さんの姿勢にファンは共感しているのでしょうね。 会場は全国いつも満杯とか。 凄いですね。

マエストロとスコアの確認をされている姿も貫禄ありますよね  

マエストロと話し合う千住さん

今年の「クリスマスステップコンサート」にはもう一人素敵なソリストが。
大阪は豊中出身、ソプラノの幸田浩子さんです。
改めるまでもないほど人気があり、日本を代表するコロラトゥーラソプラノ。
今年の大晦日、テレビで全国放送されるジルベスターコンサートの出演も決まってらっしゃいます。
コンサートではプッチーニ、モーツァルト、そしてバーンスタインの「キャンディード」から“着飾ってきらびやかに”を歌われます。
評判を呼んだ宮本亜門演出の「キャンディード」のクネゴンデ役の彼女、聴かせどころたっぷりの嬉しい選曲ですね。

練習終了後、大阪フィルの印象をお伺いすると 「大フィルさんとはこれまで何度も共演させて頂いてますし、メンバーも良く知っていますので、休憩時間なんかもワイワイととても楽しいですよ。 大好きなオーケストラです。 最近テレビで取り上げられているのを目にする機会が多く、心配してしていたんです。 大丈夫ですか?」 とにこやかな笑顔とともにストレートなお話が。
「エ、エエまあ、頑張っています・・・

幸田さんと千住さんが一緒のステージに!

クリスマスシーズン真っ只中、とても贅沢なコンサートですね
クリスマスならではのアンコールなんかも期待出来るのでしょうか。

このコンサートは応募による抽選制で、完全招待コンサートです。

当選された皆さま、一緒に楽しみましょう。
クリスマスイルミネーションも華やかなザ・シンフォニーホールでお待ちしています

スポンサーサイト

| お知らせ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT