PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「大植英次スペシャルコンサート」 詳細発表いたします!

皆さま大変長らくお待たせいたしました。

3月31日(土)にザ・シンフォニーホールにて開催いたします 「大植英次スペシャルコンサート」 の詳細がようやく決定いたしました。

昨年末から募集しておりましたコンサートのプログラム・アンケートには、皆さまから多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
上位には他に「英雄の生涯」や「復活」などもありましたが

“ブルックナー交響曲第8番”

に決めさせて頂きました。

「朝比奈先生から引き継いだ大阪フィル。 音楽監督として最後に演奏する曲は、やはり朝比奈時代から大阪フィルが最も得意とするブルックナーの8番しかないと思いました。 ファンの皆さまからのリクエストも多く、ご期待に応える形で最後にこの曲を演奏出来ることはこの上なく光栄な事です」 と語る監督。


今後も大植監督には「桂冠指揮者」として大阪フィルに名前を残し、今までとは違う立場でアドバイスや指揮をしてもらう事を考えると、「感傷に浸るのではなく、未来に向けた新たな出発のコンサートにしたい 」 と思っております。

実際4月以降も、5月の兵庫芸文での“マーラー3番”、7月定期での“マーラー9番”と重量級のコンサートが既に決まっています

そんなことからも、これまで 「ファイナルコンサート」 と謳ってきましたが、大植監督の“別れを告げるようで辛い という想いもあり、コンサートタイトルを 「大植英次スペシャルコンサート」 に変更してお届けします。

明日、新聞に掲載する広告がこれです

新聞広告として掲載する原稿

チケットの発売は3月6日です。
発売日は混雑が予想され、皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願いします。


皆さまから頂きましたリクエストの上位20曲を参考のために掲載します。
ブルックナー/交響曲第8番以外の曲です。 順不同となっています。 

R.シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」、マーラー/交響曲第2番「復活」、ベートーヴェン/交響曲第7番、ブラームス/交響曲第1番、ショスタコーヴィチ 交響曲第7番「レニングラード」、ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」、バーンスタイン/「キャンディード」、マーラー/交響曲第1番「巨人」、マーラー/交響曲第5番、ショスタコーヴィチ/交響曲第5番「革命」、ブラームス/交響曲第4番、ワーグナー/楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲、ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」、マーラー/交響曲第8番「千人の交響曲」、マーラー/交響曲第6番「悲劇的」、チャイコフスキー/交響曲第5番、チャイコフスキー/序曲「1812年」、リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」、R.シュトラウス/組曲「ばらの騎士」


「大植英次スペシャルコンサート」

日 時:2012年3月31日(土)15時開演(14時開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:大植英次
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
曲 目:ブルックナー/交響曲 第8番 ハ短調(ハース版)
料 金:A席6000円 B席4500円 C席3000円
※未就学児童の入場はご遠慮願います。


スポンサーサイト

| お知らせ | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT