PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サラマンカホールに響く大フィルサウンド!

「第35回岐阜定期演奏会」は大盛況のうちに終了致しました。
チケットは早々に完売したそうで、ご来場頂きました皆さまにはこの場を借りて御礼申し上げます。

回を重ねて35回、ホール関係者の方はもちろん、お客様で顔見知りの方も出来、すっかりホームグラウンドのようなサラマンカホールです。

サラマンカホール

客席数708席、空席時残響2.1秒、会場内どこに座っても良く見え良く聴こえる贅沢なホールです。
大阪のいずみホールをひとまわり小ぶりにした感じでしょうか。
オーケストラがステージに乗ると のように見えます。
本当に綺麗なホールですね。 私たちも大好きなホールです

マエストロは高関健さん

マエストロは高関健さん。 
いろんなタイプの指揮者がおられますが、間違いなく高関さんは学者タイプ、かな。
なんでもご存知です。
でも指揮はかなり激しい動きです。
オーケストラのメンバーも絶対的に信頼しているマエストロです。

ヴァイオリンは正戸里佳さん

ソリストは若手女性ヴァイオリニスト正戸里佳さん。
正戸さんも高関マエストロの存在は随分と心強かったのでは
とてもフレッシュなチャイコフスキーのコンチェルトがホールに鳴り響きました!
プログラムはオールチャイコフスキー。
人気の曲だけに、ヴァイオリン協奏曲目当ての方も多かったと思います。
皆さま、また感想をお聞かせ下さい!

岐阜の皆さま、これからも大阪フィルをよろしくお願いします!

後半は、幻想序曲“ロメオとジュリエット”、そしてバレエ組曲“くるみ割り人形”。
楽しいプログラムですね。
これぞオーケストラ!というサウンドをお楽しみ頂くにはぴったりな選曲。
コンサートマスター崔文洙(チェ・ムンス)のリードも冴えまくっていました。
あっと言うまに終演。 楽しい時間は本当に過ぎるのが早いですね

お客さまの反応がとても温かく、気持ち良く演奏出来ました。

岐阜県教育文化財団の関係者の皆さま、岐阜長良川ライオンズクラブの皆さま。
本当にお世話になりました。 

岐阜の皆さま、どうぞこれからも大阪フィルをよろしくお願い申し上げます


スポンサーサイト

| 演奏会 | 01:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT