PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大植英次のマーラー交響曲第3番、ソリスト変更のお知らせ!

今月10日に行われる『2012年度大阪国際フェスティバル特別公演 大植英次指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団 マーラー交響曲第3番』 の出演者変更が主催者より発表されましたのでお知らせいたします。

「5月10日(木)に兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールにて開催いたします「2012年度大阪国際フェスティバル特別公演 大植英次指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団 マーラー交響曲第3番」に出演を予定しておりましたアルトのゲルヒルト・ロンベルガーは、体調不良のため出演不可能となりました。代わりましてアネリー・ペーボが出演いたします。
急な変更で大変申し訳ございませんが、お客様には何卒事情をご賢察の上、ご理解ご了承賜りますようお願い申し上げます。
なお、この変更によるチケットのキャンセル、払い戻しはございません。」
2012年5月5日
朝日新聞文化財団・大阪国際フェスティバル協会
朝日新聞社・兵庫県・兵庫県立芸術文化センター


20120510[1]

2012年度大阪国際フェスティバル特別公演という位置付けで行われる大植英次と大阪フィルによるマーラー・プロジェクト第2弾!
昨年が4番、今年が3番、そして来年が新装フェスティバルホールのこけら落としシリーズで第2番「復活」を演奏 する事はすでに発表しているのでご存知かと思います。

今年演奏する交響曲第3番は演奏時間が100分にもなる大曲です。
第4楽章でアルトのソロ、第5楽章でアルト、女声合唱、児童合唱が入ります。

そのアルト歌手が当初予定のゲルヒルト・ロンベルガーからアネリー・ペーボに代わリます

アネリー・ペーボのプロフィールです

アネリー・ペーボ(メゾ・ソプラノ)Annely Peebo(mezzosoprano)
 エストニア生まれ。ピアノと指揮をエストニアで11年間学んだ後、ゲルハルト・カーリーのもとで声楽を学び始め、ウィーン国立音楽大学の歌曲とオペラのクラスを卒業。5か国語を操り、指揮者としても秀でるなど、多彩な才能を持つ。ザルツブルクの地元紙は“ビロードのような極めて滑らかな声色とこの上ないテクニックが見事に調和している”と評した。
 これまでに、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパー、カルロ・フェリーチェ歌劇場、トリノ王立歌劇場、フィンランド国立歌劇場など主要劇場に招かれ、チェネレントラ(チェネレントラ)、ロジーナ(セヴィリアの理髪師)、ドラベッラ(コジ・ファン・トゥッテ)、ドンナ・エルヴィーラ(ドン・ジョヴァンニ)、ケルビーノ(フィガロの結婚)、イダマンテ(イドメネオ)、フリッカ(ワルキューレ)、オルロフスキー公爵(こうもり)、ヘンゼル(ヘンゼルとグレーテル)など、数々の幅広い役を歌っている。
同時に、リサイタルも評価が高く、ウィーン楽友協会、ウィーン・コンツェルトハウス、ベルリンのフィルハーモニーホール、ガスタイク、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、ボンのベートーヴェンホール、ザルツブルク音楽祭、ブレゲンツ音楽祭、シューベルティアーデ音楽祭などに登場、バッハからシェーンベルクに至るまで膨大なレパートリーを誇る。コンサートでは、ジョルジュ・プレートル、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、クラウディオ・アバド、サー・ネヴィル・マリナー、ネーメ・ヤルヴィ、パーヴォ・ヤルヴィ、マンフレート・ホーネック、ファビオ・ルイジなどの指揮者と共演を重ねている。
 その他、ヨハネ・パウロ2世即位25年記念式典でベートーヴェンの第九を歌ったほか、国際的な評価を受けたフランス3とアルテ(フランスとドイツの共同テレビ)の共同制作音楽映画「Les lecons de tenebres」を率いるなど、多岐に渡る活躍を広げている。
 
  アネリー・ベーボ(A)

昨年、9月の日本フィル「第633回定期」に指揮者インキネンの指名でマーラーの3番を歌い、大好評を博したアネリー・ペーボ。
今年5月18日、19日に行われるアルミンク指揮の新日本フィル「第494回定期」ではマーラーの「嘆きの歌」のソリストとして出演が決まっています。
プロフィールに記載されている経歴も申し分ない素晴らしいものです

ゲルヒルト・ロンベルガーの降板は残念ですが、アネリー・ペーボの‘ビロードのような歌声’にどうぞご期待ください!

マーラーの交響曲第3番を大植桂冠が指揮したのが2005年9月「第391回定期」でのこと。
7年ぶりに指揮する大曲マーラー交響曲第3番。
それとなによりも、大植英次が桂冠指揮者になって初めて指揮する大阪フィルです。 

すでに大阪のホテルでマーラー3番のスコアと睨めっことの情報を入手しています。
いよいよ明日6日から女声合唱&児童合唱の練習が始まります。
ちょっぴりドキドキ 桂冠指揮者としてオーケストラと向き合うのは7日から。

2012年5月、新たな大植祭りが始まります

チケットは本当に残りわずか、芸術文化センターチケットオフィスで取り扱い中です。
お急ぎくださいね

『2012年度 大阪国際フェスティバル特別公演』
日 時:5月10日(木)19:00開演(18:15開場)
会 場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
指 揮:大植英次
独 唱:アネリー・ペーボ(アルト)
  ※予定していたゲルヒルト・ロンベルガー(アルト)は体調不良のため出演が不可能となりました。
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団
児童合唱:大阪すみよし少年少女合唱団
曲 目:マーラー/交響曲 第3番 ニ短調
料 金:A席6000円 B席 売切れ C席 売切れ D席 売切れ
※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。
※開演時間に遅れますと、長時間お立見となったり、ご入場をお待ちいただく場合がございます。

ご予約・お問合せ:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
         10:00~17:00 月曜休み※祝日の場合は翌日


スポンサーサイト

| お知らせ | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT