PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コバケンさんと奏でる“悲愴”にご期待ください!

98年に第1回目を開催して以来、すっかり定着した感のある「オービック・スペシャル・コンサート2012」の練習が行われました。

 DSC07128.jpg
 
皆さまご注目のコンサートマスターは、客演コンマスの高木和弘さん。

高木和弘さんのプロフィールはコチラからご覧下さい

 
DSC07185.jpg

このコンサートの指揮者を務めるのは‘炎のコバケン’こと小林研一郎さん。

 DSC07198.jpg

エネルギッシュで熱い指揮がトレードマークのマエストロ・コバケンさん。

 DSC07223.jpg

盛り上がる演奏の裏にはアーティキュレーションや音の強弱からボーイングに至るまで、マエストロ独自の解釈に基づく強いこだわりと緻密な計算がお有りです。

 DSC07202.jpg

「こうしてください!」ではなく「こうしていただけると助かります!」と丁寧な語り口調。
指示通り演奏したメンバーには Good! ではなく、胸に手を当て目礼。
練習中なら言葉も添えて「有難う存じます」
これ、嫌な人はいないでしょう。

 DSC07238.jpg

“悲愴”のように何十回も演奏している人気の曲はメンバーそれぞれにもこだわりがありますが、マエストロから「こうして頂けますでしょうか」と言われると「よし、1回やってみよう!」と思うんだそうです。
そしてやってみると、「なるほど、そういう事か・・・ 」と納得 !
確実に曲を盛り上げるコツをご存知のマエストロ。
大阪フィルの鳴らし方もよくご存知です!

 DSC07207.jpg

皆さまも良くご存知のチャイコフスキーの交響曲第6番“悲愴”。
金管楽器は、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ1。

 DSC07265.jpg

木管楽器はフルート3(3番奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2。
打楽器はティンパニー1、バスドラムやシンバルなどで1。
そして弦5部。 
このところ演奏しているマーラーやブルックナーなどと比べて特別に大きな編成の曲ではありません。

 DSC07281.jpg

それなのにこの迫力!この下から湧きあがって来るようなサウンドは何でしょうか
皆さま、ご期待下さい!凄い“悲愴”をお届け出来ると確信致しました

 DSC07270.jpg

客演コンサートマスターの高木和弘さんを改めてご紹介します。
東京交響楽団や山形交響楽団を初め、地元大阪のいずみシンフォニエッタ大阪、長岡京室内管弦楽団などでも幅広く活躍されています。
大阪フィルには久し振りの登場です!

 DSC07268.jpg

全身を使った激しいアクションでヴァイオリンを弾く高木さん。
皆さま、本番での高木さんのコンマス姿に注目です!

 DSC07313.jpg

前半に演奏するのはブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番。
ソリストは海外での華やかな活動が光り輝く寺沢希美さんです。

 DSC07303.jpg

寺沢さんは大阪フィルはもちろん、マエストロとの共演は今回が初めてです。
とても綺麗なヴァイオリンの音色を奏でる寺沢さん。

 DSC07326.jpg

ブルッフのコンチェルトでもマエストロのやりたい事ははっきりしているようです。
それはオーケストラに対してだけではなくソリストに対しても同じ。
マエストロが少し寺沢さんにアドバイスをすると瞬間に音色が変わります
コバケン節で迫るブルッフのヴァイオリン協奏曲にもご期待ください

 DSC07206.jpg

大阪フィルとコバケンさんとが今年3月、満員御礼のザ・シンフォニーホールでチャイコフスキーの交響曲第5番を共演し、凄い熱演だった事を記憶されている方も多いのではないでしょうか。
今回の“悲愴”は間違いなくその上を行くと思いますよ

今年3月、チャイコフスキー交響曲5番演奏の模様はコチラ

 
2012-05-30 コバケンの“悲愴”

コバケンさんと大阪フィルの“悲愴”、チケットは残り本当にわずかです!
チケットは無くなり次第終了。 当日券の販売は行いません。
迷われている皆さま、ぜひお越しください。 自信を持ってお勧め致します。
ザ・シンフォニーホールでお待ちしております


「オービック・スペシャル・コンサート2012~コバケンの悲愴~」

日 時:5月30日(水)19時開演(18時開場)
場 所:ザ・シンフォニーホール
指 揮:小林研一郎
独 奏:寺沢希美(ヴァイオリン)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
曲 目:ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26
    チャイコフスキー/交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
料 金:A席5000円  B席3000円  C席1500円
※曲目、出演者が変更する場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
※就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮下さい。

チケットのお問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890 


スポンサーサイト

| お知らせ | 02:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT