PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「いずみホール特別演奏会」 練習が始まりました!

今週金曜日に行う「いずみホール特別演奏会~ウィーン古典派シリーズ~」の練習が始まりました

ハイドンの交響曲を1曲目に、モーツァルトの協奏曲を2曲目に演奏し、休憩を挟んでベートーヴェンの交響曲を演奏するこのシリーズ。
全9曲あるベートーヴェンの交響曲を毎回1曲づつ、最後だけ1番と9番を一緒に演奏するという約束になっているので、シリーズは全8回。
モーツアルトのソリストは、メンバーが務めるのも決まりごとのひとつ です。

DSC08222.jpg

シリーズ7回目となる今回のコンサートマスター、は首席客演コンマスの崔 文洙(チェ・ムンス)さんが務めます。
まずは崔さんのチューニングから練習スタートです。

DSC08276.jpg

チューニングを待っている間も、スコアのチェックに余念のないマエストロ延原さん。

DSC08248.jpg

チューニングもバッチリ
マエストロは静かに構えて、タクトを下ろした瞬間! オーケストラは鳴りません
しばしの沈黙に続き大笑いの練習場
練習順、ハイドンからだったのを、勘違いでベートーヴェンを振られたのです
曲が違うと振り方も違うので、やはり出れないものなのですね

これで場の雰囲気が瞬間に和みました。

DSC08267.jpg

ここからの練習はいつもの延原節全開です
大声で指示をしながらの指揮、絶好調のマエストロです。

DSC08294.jpg

このシリーズのいちばんの特徴は作曲された時代の奏法で演奏する事。
そりゃそうですね、バロック音楽の専門家、延原さんの指揮ですから
モダン楽器によるピリオドアプローチと言えば良いのでしょうか。
楽器の並びも特徴があります。
コンマス崔さんの向かいに向き合うカタチで座る2ndヴァイオリン田中美奈。

DSC08299_20120626144223.jpg

1stと2ndのヴァイオリンが向き合う対向配置と呼ばれる楽器配置。
1stヴァイオリンの横にはヴィオラが、そしてチェロがきて2ndヴァイオリン。
コントラバスはチェロの後ろに位置します。
弦楽五部は10-10-8-6-4というやや小ぶりのサイズ。
会場が‘いずみホール’だという事と、これらの曲をどのサイズで演奏するのが最も良い状態でお客さまに聴いて頂けるか、悩みに悩み、増やして減らして辿りついた10型という結論 

DSC08302.jpg

通常16型で演奏している大阪フィルがいつもと違うこだわりの音楽をお届けするこのシリーズ。
弦楽器はあまりビブラートを使わないとか、ボーイングの速度だったり弓の使い方だったり、このシリーズは指揮者と奏者をつなぐコンマスの役割が大切なのです。
そこで登場のコンマス崔さん、たくさんの引き出しをお持ちです
マエストロの信頼も厚い崔さんは、マエストロの表現したい音を、率先して弾いて皆に伝えておられました。
頼りになるコンマス崔さんなのです

DSC08315.jpg

先ほど、モダン楽器によるピリオドアプローチと書きましたが、ティンパニーは別です。
パーカッション中村拓美が叩いているのはバロックティンパニ。
これはマエストロの強いこだわりの一つ。
硬目のマレットでリズムやアタックをしっかり出すためにはとても効果的な楽器です。
この日の練習でも、その効果は十分に表れていたのではないでしょうか
悩みながらバロックティンパニと向き合い本番に臨むと思われるパーカッション中村にも、どうぞご期待下さい!

ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンが一度に聴けるのはシリーズ7度目の今回が最後です。
最終回は、ベートーヴェンの第1番と第9番「合唱付き」の2曲プロ。
ハイドンの最後の交響曲にして最高傑作と言われる交響曲第104番「ロンドン」も、是非この機会にお聴きください。

明日からはオーボエ浅川和宏のソロでモーツァルトの協奏曲の練習も始まります。
もちろん比較的演奏機会の少ない名曲、ベートーヴェン交響曲第2番の練習の様子もお届けします。

どうぞマエストロ延原さんのマジックがかっかった大フィルサウンド
ぜひライブでお聴きください


2012-06-29 いずみ⑦

「いずみホール特別演奏会<ウィーン古典派シリーズVII>」

日 時:6月29日(金)19:00開演(18:30開場)
会 場:いずみホール
指 揮:延原武春
独 奏:浅川和宏(大阪フィル トップオーボエ奏者)

<プログラム>
ハイドン/交響曲 第104番 ニ長調「ロンドン」Hob.Ⅰ,104
モーツァルト/オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314
ベートーヴェン/交響曲 第2番 ニ長調 作品36
料 金: A席5000円 B席3000円

※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。



スポンサーサイト

| お知らせ | 03:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT