PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

特別客演コンマス 田野倉雅秋、9月を前に始動です!

「大阪クラシック」前に行う最後のオーケストラの演奏会は、関係者以外は入れないクローズドコンサート。
大阪府立市岡高校の音楽鑑賞会が、ザ・シンフォニーホールで行われます。

008_20120830004857.jpg

曲はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」をメインに、チャイコフスキーの歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ、ブラームスのハンガリー舞曲第6番の3曲です。

006_20120830004745.jpg

指揮は大阪フィルとの共演は久し振りの、船橋洋介さんです。

007_20120830004824.jpg

船橋さんの筋肉質な身体全体を使うダイナミックな指揮は、師でもある広上淳一さんを彷彿させるほど熱いもの
ストレートな「運命」は、高校生のハートに突き刺さる はずです!
市岡高校の皆さんに喜んで頂ければいいのですが

001.jpg

このコンサートのコンサートマスターは、田野倉雅秋。
昨日、ホームページや公式ツイッター、公式ブログでもお伝えしましたが、田野倉雅秋が9月1日より大阪フィルの特別客演コンサートマスターに就任する事になりました。

新コンサートマスター体制についてのお知らせはコチラ


その田野倉は市岡高校観賞会の練習後、「大阪クラシック」に向けての練習に参加しました。

012_20120830005309.jpg

小編成の弦楽合奏をバックにトランペットが主役の曲と、弦楽器主体の曲と両方を演奏する、「大阪クラシック」お馴染みのアンサンブル。
第39公演(9/4 19時15分 大阪市中央公会堂 中集会室)弦楽合奏+トランペットです。
の写真は、トランペットのメンバーと田野倉雅秋。
左から、秋月孝之、松原健二、田野倉雅秋、篠崎孝、橋爪伴之

010_20120830005634.jpg

今回演奏するのはネルーダのトランペット協奏曲と、ヴィヴァルディの「四季」より“秋”と“冬”。
特筆すべきは、ネルーダのトランペット協奏曲を楽章ごとにソリストを代えて演奏すること。
こんなこと、ちょっと前例が無いと思いますよ
の写真、4人の奏者が一緒に吹いていますね。
練習ですかね
こんなシーンは予定では無いはずですが、もしや・・・おまけの1曲ですか
上手く行けば、本番でこんなシーンが見られるかもですよ。

014_20120830005731.jpg

ネルーダのトランペット協奏曲はバロック時代の曲ですが、とても華やかな曲です
これぞトランペット!というようなフレーズも多く、初めての方にも聴きやすい曲です。
この曲をなんと、1楽章 秋月孝之、2楽章 篠崎孝、3楽章 橋爪伴之というふうにソリストを代えてお送りします

写真は1楽章を担当する秋月孝之。
バックの弦楽器のメンバーは、下手のヴァイオリンから順に
1st、田野倉雅秋、山本彰、力武千幸、鈴木玲子、三瀬麻起子、黒瀬奈々子 
2nd、田中美奈、小林亜希子、中西朋子、近藤緑

いちばん奥で練習風景を見ているのが、3楽章を担当する橋爪伴之。

020_20120830005842.jpg

チェンバロは秋山裕子
ヴィオラ、上野博孝、松本浩子、周平、橋爪郁子
チェロ、石田聖子、庄司拓、林口眞也
コントラバス松村洋介

018_20120830010001.jpg

もちろんコンマスは田野倉雅秋が務めます。
この日の練習中でも、どんどん自分の意見を打ち出して行きます。

023_20120830010124.jpg

そして、この日の田野倉の役目はコンマスだけではありません。
ヴィヴァルディの「四季」のソリストも務めるのです

026_20120830010212.jpg

大阪フィルに大変頼もしい特別客演コンマスの誕生です
お披露目はもちろん「大阪クラシック」になりますが、いちばん最初にコンマスの位置に座るのは9月2日初日の第1公演です。
この公演は相愛大学オーケストラの中に大フィルのメンバーが入る合同オケになります。
指揮は大植マエストロ、「大阪クラシック」のキックオフコンサートなので注目度も高く、整理券は8時半から大阪市役所正面玄関前で配布という事になっています。

そして、本当の大阪フィルでの「特別客演コンマス就任のお披露目」は9月5日の第52公演「究極(9曲)のベートーヴェン!!」になります
その時には、今回コンサートマスターに就任した渡辺美穂がトップサイドに座る予定です。
皆さまと一緒に2名のコンマス就任を祝いたいのですが、この公演は補助席数枚を残すのみとなっております。
チケットご希望の皆さまは、どうぞお急ぎください

懸案のコンマス問題をようやくクリアして、「大阪クラシック」へ突入です!
皆さま、準備は大丈夫ですか

一緒に楽しんで参りましょう


大阪フィルの「大阪クラシック」特設サイトはコチラ


 
スポンサーサイト

| お知らせ | 05:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT