PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「大阪クラシック」、本日開幕です!

いよいよ、大阪クラシック当日になりました

第1公演オープニングを飾る相愛大学オケに大フィルのメンバーが加わる「合同オケの演奏」は11時45分開演となっています。
しかし第1公演に入場するためには整理券が必要で、その整理券は朝8時半から大阪市役所正面玄関前で配布します
整理券はお1人様1枚までで880枚を配布します。 つまり先着順で880人の人が入れるという事です。

いよいよ大阪の街が音楽にあふれる1週間の始まりです

画像 12648

この日もオーケストラ練習がありました。
指揮はもちろん、「大阪クラシック」のプロデューサーでもある大植英次です。
そして、コンサートマスターは、9月1日付けで特別客演コンマスに就任した田野倉雅秋。

画像 12657

そしてその横にはやはり同じく9月1日付けでコンマスに就任した渡辺美穂です。

画像 12649

この日は、ベートーヴェンのお馴染みの交響曲の1楽章ばかりが演奏されています。
「究極(9曲)のベートーヴェン!!」と銘打って行う企画モノのコンサート。

画像 12656

この企画、大植マエストロがしつかやりたいと、ずっと温めていたものだったのです

画像 12654

ここで皆さまにご報告がございます。

大阪クラシックは、通常のコンサートより短めで、休憩無くサクッと終わるケースがほとんどですが、今回のこのベートーヴェンの交響曲全9曲の1楽章を通して演奏するという試みは、この日演奏してみて思っていた以上に時間がかかることが判明しました。

画像 12650

このコンサートに限って、通常のコンサートのように、休憩を入れて前半後半の2部制 で演奏させていただきます  
前半に1番から5番「運命」までを演奏、休憩を挟んで、後半6番「田園」から9番「合唱付き」までを演奏というふうにさせてください。

画像 12667

やはりベートーヴェンの交響曲はどれも凄い曲です。
演奏者やお客様への負担を考えると、休憩を入れたほうが良いと判断しました。
結果的に、通常のコンサートと変わらない所要時間となってしまいますが、どうぞご理解を賜りますようにお願い申し上げます

画像 12669

ベートーヴェンの交響曲第1番~第9番の1楽章を一挙に演奏!
楽聖の偉大な軌跡を一夜で眺められる贅沢なコンサートです。
既にチケットは、補助席まですべて完売となっております
チケットを確保出来た皆さま、どうぞお楽しみになさってください


DSC08735_20120901191658.jpg

ここからはオーケストラ以外、小編成のアンサンブルの聴きどころをレポートします

第6公演(本日2日 15時 大阪市中央公会堂 大集会室)

毎回人気の、チェロアンサンブルです。
曲目は、J.S.バッハのG線上のアリア、グリーグのホルベルグ組曲
メンバーは、左から近藤浩志、林口眞也、田中賢治、松隈千代恵、織田啓嗣、石田聖子、庄司拓

2011-09-04~10大阪クラシック 194

昨年のチェロ・アンサンブルは、本当にたくさんの人でした。
梅田阪急ビルオフィスタワー15階スカイロビーでしたが、何も見えませんでした
それを受けて今回は中央公会堂の大集会室での有料公演になった訳ですが、やはり人気ですね。

「ホルベルグ組曲はもちろん編曲されたものを使うのですが、とても複雑な編曲。 1stヴァイオリンのパートを担当する近藤さんとヴィオラパートを演奏する林口さんはとても難しいです。 チェロの魅力を感じて頂けると思います。 ぜひお越しください!」と石田聖子が申しております。

チケットは残り僅かですが、当日券は発売致します。
「大阪クラシック」初日、唯一の有料公演、どうぞお越しくださいませ

DSC08925.jpg

これも人気のアンサンブルユニットですね。
このメンバーで色々なところで演奏しています。
第54公演(9/6 11時半 大阪弁護士会館)
曲目は、ロッシーニの弦楽のためのソナタ第1番、第3番
メンバーは左からコントラバス新真二、ヴァイオリン三瀬麻起子、田中美奈、チェロ近藤浩志
ちょうど、練習終了で帰るところで練習風景は無し

2011-09-04~10大阪クラシック 171

昨年の演奏を見て頂きながら、聴きどころをメンバーに語ってもらいます。

「この編成はとても珍しく、ロッシーニ以外には今のところ知りません。昨年も同じメンバーで同じ作品を演奏しましたが、一つの作品を深めていけると云うのはとても有意義で面白いです。そう、コントラバスにもソロが有るのでお聴きください!」

各パートトップ奏者とヴァイオリン三瀬という大阪フィルを代表するグループです。
そして、このグループの魅力は演奏だけではありません。
ヴァイオリン三瀬が自ら「コミックバンド!」と語るくらい、とにかく面白いのです
これは聴いてのお楽しみですね、どうぞ会場へお越しください。

2011-09-04~10大阪クラシック 326

大阪フィルの特徴のひとつに、大阪フィルハーモニー合唱団が有ることが挙げられます。
第87公演(16時半 大阪市役所正面玄関ホール)
曲目は、貴志康一/かごかき、赤いかんざし、つばくら、力車、ほか
出演は、大阪フィルハーモニー合唱団

彼らはプロでは有りませんが、合唱指導の本山秀樹先生に鍛えられ、実力は相当なもの。
先日のヴィンシャーマンの「ヨハネ受難曲」をお聴き頂いた方は、頷いて頂けると思います。
今回はテーマが大阪という事なので、貴志康一を取り上げ、彼の代表曲を歌ってくれます。 
人間の声は最高の楽器と言われますが、この機会にコーラスの魅力 を感じて頂きたいと思います。

2011-09-04~10大阪クラシック 279

「大阪クラシック」期間中にソロコンサートを行う大フィルメンバーは4人。
そのうち、昨年も開催したメンバーは3人です。

第28公演(9/4 11時半 本町ガーデンシティ)
チェロ石田聖子のソロコンサートです。
曲目はJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲第2番

ブログでも彼女の姿は頻繁に紹介してきたと思います。
何しろ、出演する回数は13回、オケを3回足すとナント期間中16回出演
そんなチェロ石田に話を聞こうと思ったのですが、私よりこれを撮って欲しいと言われまして・・・、しかし彼女の偽らざる気持ちだと思います。

「チェロがすべてなんだ!」 そういうことを前提に・・・  

画像 12673

石田のチェロを見ながら彼女のコメントをお聞きください。

「室内楽は楽しいです。色んな人とアンサンブルするのは好きですね。私、今回そんなに出ているのですか。自分では良くわかっていなくて(笑)。でも人と合わせる事に時間を取られて、自分のソロの練習は後回しになって・・・。今回、面白いのはバッハの無伴奏2番を3人が取り上げる事です。私も弾きますが、フルートの野津さん、コントラバスの三好さんも2番なんですよね。これって偶然ですが、せっかくなので比較してお聴きになれば面白いと思いますよ」

昨年も出演は多い石田聖子ですが、積極的な姿勢が良いですね

2011-09-04~10大阪クラシック 275

第74公演(9/7 18時半 関西アーバン銀行本店)
ヴァイオリン小林亜希子のソロコンサート
曲目はイザイの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第4番、第5番

もうすっかり小林の代名詞になった感があるイザイですが、今回は4番と5番を演奏します。
細い身体から驚くほどダイナミックなサウンドを奏でる小林。
マイペースで自分に課題を置き、ひたむきに頑張る小林のイザイ、お聴きください!

2011-09-04~10大阪クラシック 334

第62公演(9/6 18時 大阪市中央公会堂 中集会室)
ご存知、フルートの野津のソロコンサートです。
曲目は、J.S.バッハのパルティータイ短調と、無伴奏チェロ組曲第2番
例年最終公演の一つ前に行っていたソロコンサートが、今回会場変更など色々な要因で日にちを変え、有料公演となりました。
根強い人気のフルート野津のコンサート。
チェロ石田聖子が言っていたように、無伴奏の2番を演奏します。
演奏だけではなく、ハナシも面白い野津のコンサート、まだチケットに余裕があるので、ぜひお聴き下さいませ 楽しいですよ。


それと、コントラバスの三好哲郎もソロコンサートを行います。
昨年はやっていなかったので、写真はございません
第42公演(9/5 11時半 本町ガーデンシティ)
こちらもバッハの無伴奏チェロ組曲2番を演奏します。
どうぞお越しください。



9月1日付けで新たにメンバーが増えました。

画像 12671

ホルンの蒲生絢子です。

「初めて大阪フィルにエキストラで来た時、あまりの音の大きさで自分の音が聴こえなかった事を覚えています。伝統のある大阪フィルで、これは!というものを出したいです。初の女性金管奏者だと聞きましたが、マイペースで頑張ります。よろしくお願いします。」


画像 12672

ホルントップ奏者 村上哲が彼女の事を語ります。

「学生時代から良く知っています。彼女は本当に器用で何でも出来ます。マーラー9番の2番ホルンや、ブルックナーのワーグナーチューバなど見事です! 大植さんも絶賛していますよ。 大阪フィル初の金管楽器の女性奏者の誕生ですね。 彼女にはあまりそういう事に囚われず、新しい歴史を作って欲しいですね。」

「大阪クラシック」で彼女の演奏を聴くのは、やはり第57公演(9/6 13時 ザ・シンフォニーホール)「グラン・パルティータ」ですね。 
大阪フィルの管楽器奏者13人が集結する「グラン・パルティータ」にお越しの上、蒲生絢子を応援してやって下さいませ。

さあ、「大阪クラシック」の開幕です!

天気も良さそうです。

どうぞ皆さま、「大阪クラシック」にお越しください


大阪フィルの「大阪クラシック」特設サイトはコチラ



スポンサーサイト

| お知らせ | 06:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT