PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アドレナリン全開!血湧き肉躍る!これぞオーケストラサウンド!

「青少年のためのコンサート」、いよいよ本日開催です!

実は今回から「青少年のためのコンサート」は公募制となりました。
大阪市に対してプレゼンを行い他団体と競った結果、大阪フィルの企画が選ばれ、本日皆さまにご覧頂く運びとなったのです

2012-10-17青少年

井上道義さんと一緒に真剣に考えた企画が今回の「オーケストラ・スペクタキュラーPart1~音楽と物語、オーケストラが語るめくるめくストーリー~」です。
演奏するプログラムを見て頂ければ一目瞭然、面白い企画だとわかって頂けるはず
どうぞ井上マエストロと私たちが考えた企画、最終審査は皆さまがなさってください

DSC09672.jpg

練習の前に井上マエストロから「昨日はお疲れさまでした。素晴らしかったです!お客様にも関係者の方々にも喜んで頂けたと思います!」と労いの言葉がありました

DSC09712.jpg

昨日、そうです、今となっては一昨日となってしまいましたが、「ザ・シンフォニーホール開館30周年記念ガラ・コンサート」が開催され、大阪フィルはすべてのソリストのバックを務めながら、自らも「マイスタージンガー」1幕への前奏曲と「ローマの松」を演奏いたしました。
時間にして3時間・・・完全燃焼でした

DSC09693.jpg

それからまだ24時間も経っていませんが、大フィル会館では、本日のプログラムの1曲目「ショスタコーヴィチ交響曲第10番2楽章」から練習がスタートしました!

DSC09705.jpg

いやー、いつ聴いてもスゴイ曲ですね。
井上マエストロが「最もショスタコらしい曲!」と言われる10番の2楽章
マエストロのダイナミックな指揮に煽られたオーケストラは、初動からいきなりエンジン全開です

DSC09718.jpg

弦楽器も木管、金管も聴かせどころ満載のショスタコ10番、しかしこの曲は打楽器も負けず劣らず大活躍します
やはり注目は久保田善則の叩く機関銃の如きスネアですね

DSC09733.jpg

コンサート本番で初めてこの曲を聴かれる皆さま、「格好良い!」と思われるか、「うるさいしようワカラン!」と思われるか、さてどちらでしょうか
いずれにしても、皆さまの魂を揺すぶる衝動を与えることになるはず
どうぞご期待下さい。

DSC09729.jpg

本日開催の「青少年のためのコンサート」チケットは残り僅かです。
当日券は若干枚数ですが発売する予定です!
発売枚数など詳細がわかった段階で、ツイッターで呟きます!
受付付近、かなりの混雑が予想されますが、満杯の会場ならば井上マエストロも大阪フィルのメンバーも間違いなく燃えますよ

どうぞご期待ください

「青少年のためのコンサート」
<オーケストラ・スペクタキュラー・part1>
~音楽と物語、オーケストラが語るめくるめくストーリー~

日 時:10月16日(火)19時開演(18時開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指揮・お話:井上道義

プログラム
ショスタコーヴィチ/交響曲 第10番 ホ短調 作品93より 第2楽章
チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」 
モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調「ジュピター」 K.551 より 最終楽章 
プロコフィエフ/交響的物語「ピーターと狼」 作品67 (ナレーション:井上道義)

<料金>
一般:3,000円、学生:1,000円

※未就学児のご入場はお断り致します。


スポンサーサイト

| 演奏会 | 02:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT