PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「11月定期」の“ハーメルンの笛吹き”は楽しそうですよ!

次回の「第463回定期」は11月15日、16日に開催します。

指揮は下野竜也さんにお願いしています。

2012-11-15#463チラシ

このところ、ブルックナーの0番、1番、2番と演奏してこられた下野さんが、今年の定期に選んだ曲は意外とも思えるアメリカ現代作曲家コリリアーノの「ハーメルンの笛吹き」幻想曲。
そして、対照的なベートーヴェンの交響曲第8番と「レオノーレ」序曲第1番。
現代と古典の対比の見せ方など、「うーん、サスガ下野さん!」と思わせるプログラミングですね

第451回定期(2011.9.20,21)
#451 002
 (C)飯島隆

大阪フィル指揮研究員を経験している唯一の指揮者、下野マエストロ。
大阪フィルを知り尽くしているマエストロが選んだ曲なので必ずそこには意味があると思います。
本番までにはそのへんの事も確認しますのでお待ち下さい

メイン曲の「ハーメルンの笛吹き」幻想曲には、子供の役で鼓笛隊が登場。
子供たちはフルートを吹き、太鼓を叩き、行進します。

DSC09891.jpg

子供たちを指導するのは石﨑 真弥奈(いしざき まやな)さん。
下野マエストロから練習指揮者として紹介された彼女、子供役の鼓笛隊の練習はすべて石﨑さんが見られることになっています。
この練習が先日、大阪フィルハーモニー会館で行われました。

DSC09844.jpg

石﨑さんは東京音大出身で、ナント今月4日に行われた「第16回東京国際音楽コンクール」のファイナリスト3名のうちの1人です
結果は残念ながら入賞者なし(3名とも入選)でしたが、石﨑さんはお客様に支持されたという事で「聴衆賞」を受賞されました

DSC09825.jpg

笑顔が素敵な石﨑さん、キビキビとした指揮が印象的です。

DSC09851.jpg

鼓笛隊のうちフルートを吹くのは、文の里中学校、鯰江中学校、緑中学校、城陽中学校の吹奏楽部からの選抜メンバーです。
太鼓は文の里中学の生徒が担当します。  
最初は皆さん緊張気味でガチガチでしたが、時間が経つにつれ、サスガは選抜メンバーです、とても綺麗な音が鳴っていました

DSC09896.jpg

太鼓メンバーの助っ人で堀内吉昌も特別参加。
スコアを見ながら、パート譜に注意事項を書き込みの指示を出していました。

コリリアーノ「ハーメルンの笛吹き」幻想曲、この曲は言わばフルート協奏曲ですが、鼓笛隊のパレードも入り、照明の演出も入ります。
昨年の「第451回定期」でも、ベリオが編曲した2曲を演奏する時、下野マエストロの指示で照明の演出を使いましたね。
ソリストは瀬尾和紀さん、下野マエストロとは既に読売日本交響楽団で共演を果たされています。

どんなステージになるか楽しみですね。

チケットはまだ余裕がございます。
どうぞ皆さま、ご来場をお待ちしています

「第463回定期演奏会」

日 時:11月15日(木)・16日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:下野竜也
独 奏:瀬尾和紀(フルート)

<プログラム>
ベートーヴェン/「レオノーレ」序曲 第1番 ハ長調 作品138
ベートーヴェン/交響曲 第8番 ヘ長調 作品93
コリリアーノ/ハーメルンの笛吹き

料 金:A席6,000円、B席5,000円、C席4,000円
    S席、D席は売切れ
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ABCチケットセンター(ザ・シンフォニーホール内) 06-6453-6000
チケットぴあ 0570-00-9999(Pコード171-785)

お問合せ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 15:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT