PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「マチネ・シンフォニー」本日14時からですよ!

今日の午後、何か予定はお有りですか?
特にご予定が無いようでしたら、ぜひお誘いしたいのですが

実は、「マチネ・シンフォニー」は本日開催なのです

DSC00278.jpg

井上道義マエストロ渾身のマーラー「巨人」、お聴きになりませんか?
残響2秒のザ・シンフォニーホールに溢れ出す、大阪フィル自慢のオーケストラサウンド
皆さまには大曲マーラー「巨人」を、井上マエストロがちょうど良い具合に コントロールしてお聴き頂きます。

DSC00267.jpg

昨日の練習は「巨人」の第1楽章から始まりました。
「巨人」の最初の音、不思議な音から始まります。
弦楽器のフラジオレット奏法と言って、弦を指板にまで押さえつけず軽く触れる程度で弾くと、触れた箇所を節とする倍音だけが鳴るのを利用してAの音を弾いているのです。
その上にオーボエやファゴットゴットが4度下がる動機を提示し、色々な楽器が鳴り始めます。

DSC00268.jpg

井上マエストロはこのフラジオレットにも楽器ごとの強弱を付けていきます。
確かにそのことで曲の輪郭が変わって来ます。
そして、やはり何と言ってもここで聴いて頂きたいのは、遠くで聴こえるトランペットのファンファーレです。

DSC00283.jpg

音はすれど姿は見えず・・・
ブログを読んで頂いている方ならご存知ですね、度々登場するバンダです。
本来の位置から離れた場所で、モニター越しに指揮者を見ながら演奏するトランペット隊。

DSC00285.jpg

さて、ファンファーレはどこから聴こえるでしょうか?
左から篠崎孝、松原健二、秋月孝之の3名、この後本来のポジションへ大急ぎで戻ります!

DSC00291.jpg

大きな編成の曲ですし、生のオーケストラサウンドの醍醐味を味わうには打って付けの曲です
聴きどころ満載の曲です、どうぞマエストロ渾身の「巨人」をお楽しみください!

DSC00317.jpg

首席客演コンマス崔文洙が2ndヴァイオリンの田中美奈に話しかけています。
ボーイングでしょうか、みんなも譜面に書き込んでいますね。
それを見ているピアニストの菊池洋子さん。

DSC00357.jpg

菊池洋子さんをソリストに迎え、ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」の練習が始まりました。
単一楽章の3部構成のこの曲、これはジャズですね

DSC00349.jpg

右手を失ったピアニスト、パウル・ウィトゲンシュタインの依頼を受けて作曲されたとされる曲ですが、ラヴェルのもう一つのト長調の協奏曲に先駆けて書かれました。

DSC00378.jpg

菊池洋子さんとはこれまでにも何度かご一緒させて頂いていますが、昨年10月の「ラフマニノフの2番」以来の共演となります。
この曲も過去に1度演奏しています。

両手が使えるピアニストが、左手だけで演奏するのって、違った意味で大変なのではないでしょうか。
とてもストレスに思えるのですが・・・

DSC00384.jpg

モーツァルト国際コンクールに優勝された直後はモーツァルトのオファーが多かったからでしょうか、すっかりモーツァルト弾きのイメージが強かった菊池洋子さんですが、ラヴェルはご本人に合っているのではないでしょうか。
とても大きな音楽を作られる菊池さんの奏でるラヴェル、これは楽しみです。
クラシックファン以外の方にも聴いて頂きたいですね

「マチネシンフォニー」は本日14時から開催します!
当日券はまだまだ余裕がございます。
皆さまのご来場をお待ちしております


「平日午後の名曲セレクション<マチネ・シンフォニーVol.8> 」

日 時:11月8日(木)14:00開演(13:00開場)
会 場: ザ・シンフォニーホール
指 揮:井上道義
独 奏:菊池洋子(ピアノ)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
♪13:50~マエストロ井上道義によるプレトークがあります♪
<プログラム>
ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
マーラー/交響曲 第1番 ニ長調「巨人」

発売日:一般:7月24日(火) 会員優先:7月17日(火)

料 金:A席4000円 B席3000円

※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。



スポンサーサイト

| 演奏会 | 08:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT