PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緊張感溢れる11月定期初日練習、始まりました!

今週15日、16日に開催する「第463回定期演奏会」の練習が始まりました。

今月の定期、指揮者はお馴染みの下野竜也さんです。
多忙を極める下野マエストロに2年連続定期を指揮して頂ける、実はこれはかなりラッキーな事なのです

DSC00424.jpg

そして、大阪フィルは定期以外にも「スペシャルライブ~吹奏楽meetsオーケストラ~」でも一緒させて頂いています。
羨ましいと思っているオーケストラ、けっこうあるはずですよ

DSC00436.jpg

このところブルックナーが0番から2番まで続いていて、今度はは3番!と思われていた方が多かったと思います。
「そう思われているとわかっていたので、あえてブルックナーは外しました! なにしろお臍が横に付いてるもんで・・・ と語る下野マエストロ。

DSC00459.jpg

「あまり演奏されない現代曲をやってみようと思いました。現代と古典のコントラストを楽しんで頂きたい  関西ではどこもやっていない事を予め調べて、今回の曲を決めました。 物語は誰もが知っている「ハーメルンの笛吹き」ですがこの曲はおそらくご存知無いと思います。 そしてもう1曲は、誰もが知っているベートーヴェンですが、意外と知られていない名曲を取り上げます。 ベートーヴェンが最も自信を持って書いたのに、あまり人気がない「交響曲第8番」と、唯一のオペラ「フィデリオ」の4つの序曲から、これまた良い曲なのにイチバン演奏機会の少ない「レオノーレ」序曲第1番を敢えてプログラムに取り上げました。 そう、お客様が来て頂けるのか、まさに一か八か(イチかバチか)のプログラムですね

DSC00467.jpg

「今回の大フィル定期は、プログラムを見て普通ならパスしようと思うけど、後で噂を聞いて「行けば良かった!」と 後悔・・・ 、そう思って頂ける自信のプログラムですよ

DSC00470.jpg

初日の練習はコリリアーノから。
コンサートマスターは特別客演コンマス田野倉雅秋です。
トップサイドにはコンマス渡辺美穂、セカンドトップはもちろん田中美奈。
ほとんどのメンバーがこの曲を演奏するのは初めてなので・・・

DSC00478.jpg

ボーイングはもちろん、楽譜に書かれている記号の意味からアーティキュレーションにいたるまで、マエストロからの指示をパートで話し合い書き込み統一して行きます。
写真はコンマス田野倉雅秋が2プルトの山本彰と力武千幸に伝え、
その後、後ろに伝わって行きます。

DSC00480.jpg

こう云った事は2ndヴァイオリンでも同じです。
田中美奈から2プルト市野桂子、横山恵理に伝えられています。

DSC00486.jpg

もちろんチェロでも近藤浩志から林口眞也、田中賢治へと伝言。
隣ではヴィオラの周平と橋爪郁子が相談しながら譜面へ書き込み中です。

DSC00492.jpg

コントラバスの新真二はエキストラの方にも色々と伝えていました。

DSC00501.jpg

「ハーメルンの笛吹き」幻想曲は現代曲なので、普段の楽譜では見ないような記号や書き込みがされています。
練習を始める前にマエストロからそういったことに関する説明が有りました。
そしてアタマから演奏が始まりました。
初めて全員で演奏するのにCDで聴いていた「ハーメルンの笛吹き」が鳴り響きました
当たり前ですが、ちょっぴり感動!

この曲、現代曲ですが全然難しくありません。 それに、演出が色々と入ります。
演出の一部は後ほど少しだけ紹介致します

DSC00514.jpg

練習終了後、コンマス田野倉雅章は新聞の取材が入っていました。
身振り手振りで語るコンマス田野倉、演奏中は冷静沈着なイメージが強いのですが、いやー熱いですねー
それでいて、話が緻密に計算されていて判りやすいんです。
いやー、頼りになります

画像 13267

練習後忙しいのは下野マエストロも同じです。
この日はカルチャーセンターの特別講座が大フィル会館で開催されていました。
そこに参加して、司会進行役の評論家・響敏也さんからの質問に答えられていました。

DSC00528.jpg

そして、その足で特別練習のためホールへ向かわれます。
そこには「ハーメルンの笛吹き」幻想曲で大切な役割を務める鼓笛隊のメンバーが集まっていました。
初めてマエストロが鼓笛隊を直接指導です。
大切な決めごとの確認がまず行われました。

DSC00546.jpg

そして練習スタート。
あまり詳しく言ってしまうと面白くないでしょうから、説明は致しません。
当日見てのお楽しみです

DSC00551.jpg

マエストロの横には、これまで練習指揮者として指導に当たって頂いた石﨑 真弥奈(いしざき まやな)さんがスコアをチェック中です。
オーケストラ練習の時にもマエストロの指揮をじっと観察する石﨑さんの姿がありました( の写真3枚目、4枚目をご覧下さい!)

DSC00561.jpg

練習2日目からは鼓笛隊のメンバーもオーケストラと合わせます。
もちろん、待ちに待ったソリスト瀬尾和紀さんも登場されます

聴けば聴くほど興味が湧いてくるコリリアーノ「ハーメルンの笛吹き」幻想曲。

チケットはまだ余裕がございます

ぜひライブでお聴きください

2012-11-15#463チラシ

「第463回定期演奏会」

日 時:11月15日(木)・16日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:下野竜也
独 奏:瀬尾和紀(フルート)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

<プログラム>

ベートーヴェン/「レオノーレ」序曲 第1番 ハ長調 作品138
ベートーヴェン/交響曲 第8番 ヘ長調 作品93
コリリアーノ/ハーメルンの笛吹き

料 金:A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円
      S席 D席は売切れ
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT