PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ハーメルンの笛吹き」幻想曲、素敵な曲ですよ!

「第463回定期演奏会」練習2日目、終了しました。

DSC00601.jpg

この日からソリストの瀬尾和紀さんと鼓笛隊の子供たちが合流しました。
鼓笛隊のメンバーの授業が終わってからの練習になるため、練習時間は全体的に後ろにずれています。
ベートーヴェンを前半に終え、さあ「ハーメルンの笛吹き」幻想曲のスタートです

DSC00598.jpg

下野竜也さんは語ります。
「協奏曲をメインに置くのはプログラムとしては無理があると思います。 ブラームス「ピアノ協奏曲第1番」くらいなら格好はつくでしょうが・・・。 そういう意味で今回のプログラムは少々思い切ったものとなっています。 「ハーメルンの笛吹き」幻想曲は、言わばフルート協奏曲なのですがストーリー仕立てになっており、子供役の鼓笛隊が登場したり、照明の演出があったり、全体的に作品として見るととても良く出来ています。 コンサートとお芝居を一緒に楽しめる感じなので、得した気分になれると思います。 現代音楽と言ってもとてもわかりやすい曲なので、気軽にお越しいただきたいですね。 いやー面白かった!と言っていただけると思いますよ。 エー、行ってないの!それは損したねって(笑)」 

DSC00642.jpg

ソリストの瀬尾和紀さんの登場です!
コンサートマスターの田野倉雅秋と何やら話しておられます。

DSC00656.jpg

瀬尾さんのフルート、びっくりしました
「ハーメルンの笛吹き」幻想曲は超絶技巧を要する曲です。
それを難なく演奏される素晴らしいテクニックの持ち主です。
そして音が大きく、明瞭です

DSC00728.jpg

ねずみの暴れる音やねずみと戦う音、そして笛吹き音が怒りに震える音。
色々な楽器を使って色々な音を表現しています
弦楽器奏者も普通に楽器を弾くだけではなく、叩いたり、はじいたり大忙しです。

DSC00665.jpg

それはいくつもの楽器を掛け持ちする打楽器や管楽器、ピアノ、ハープのメンバーも同じです。
ピアノとチェレスタ、2台のハープをそれぞれ弾き分けたり、管楽器奏者は特殊奏法を対応したり、メンバー全員大変です

DSC00658.jpg

フルートの奏でる音はそれらの音に負けず、圧倒的に力強いサウンドが必要となります。
もちろん、もの悲しいサウンドもですが・・・。
瀬尾さんのフルート、存在感が違います

DSC00673.jpg

鼓笛隊演じる子供たちが登場するタイミングで、フルートをティン・ホイッスルに持ち替える瀬尾さん。
ティン・ホイッスルはアイルランド発祥の6つ穴の笛で、透明感のある綺麗な音を奏でるシンプルな縦笛。
映画「タイタニック」や「ゲド戦記」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」などで使われていたので、音自体は馴染みがあると思います。
瀬尾さんのティン・ホイッスルの響きが鼓笛隊の吹くフルートをリードします。

DSC00682.jpg

オーケストラ同様、鼓笛隊を指揮し、きっかけを知らせるのはマエストロ。
ただ複雑な曲なので鼓笛隊の太鼓隊には、副指揮者の石﨑さんがマエストロの動きを敏感に察知して指示を出します。
マエストロが複雑なリズムを指揮している間、曲全体の拍子はコンマス田野倉が弓を振ってとっています。

DSC00688.jpg

マエストロの指示で鼓笛隊が集って来ました。
鼓笛隊がどこからやってくるのか、それは見てのお楽しみです!
全部仕掛けを明かしてしまうと楽しくないですからね

DSC00727.jpg

ステージ上に一列に並ぶ鼓笛隊演じる子供たち。
最初はバラバラに始まった鼓笛隊の奏でる陽気なメロディも、見事にユニゾンで揃っています

DSC00693.jpg

ねずみ退治の報酬を支払おうとしない大人たちに怒る笛吹き男。
子供たちを連れ去ってしまいます。

DSC00713.jpg

笛吹き男と鼓笛隊の行進は会場の外まで続きます。
行進を終え、瀬尾さんと石﨑さんが子供たちに注意事項を伝えます。
でも、バッチリだったと思いました
さすが、選抜メンバーで構成された鼓笛隊、みなさんとてもお上手でした

DSC00721.jpg

マエストロも満足そうでした。
「明日もう1日、練習頑張りましょう!」ということで、
鼓笛隊の練習は終了致しました。

DSC00722_20121114123648.jpg

先ほどまでの演出のように、子供たちはいなくなりました。
しかし、笛吹き男は練習場に残っています
そうです、大人たちはまだまだ練習が続きます

DSC00646.jpg

「ハーメルンの笛吹き」幻想曲、練習を見ていてもとても楽しいですよ。
お芝居を観るような気持ちで、ぜひともご覧下さいませ。
もちろん前半のベートーヴェンも聴き応え十分

ぜひともライブでお楽しみ下さい

それと、皆さまにお知らせです!
毎年、好評を賜っています「大阪フィル特製カレンダー」、来年バージョンが出来ました

DSC00748.jpg

表紙は、このために撮り下ろしたメンバー全員の集合写真!
クワイア席から客席に向かって撮影した、貴重なショットです。
メンバーの名前と顔、何人ぐらいご存知ですか

そして、来年の手帳も出来ました
コチラはサイズも変わり、オリジナルバージョンで登場です!
色は4種類からお選び頂けます。

実物は見てのお楽しみ、発売当日までお見せいたしません

気になる発売日は今月15日、定期初日の会場で販売致します。

今回の定期は、入場と同時にまず物販スペースへGo
どうぞお楽しみになさってください!

2012-11-15#463チラシ

「第463回定期演奏会」

日 時:11月15日(木)・16日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:下野竜也
独 奏:瀬尾和紀(フルート)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

<プログラム>

ベートーヴェン/「レオノーレ」序曲 第1番 ハ長調 作品138
ベートーヴェン/交響曲 第8番 ヘ長調 作品93
コリリアーノ/ハーメルンの笛吹き

料 金:A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円
      S席 D席は売切れ
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT