FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Texture シリーズ新発売

前回の定期演奏会より Texture シリーズに2枚の新譜が加わりました。

Texture 5
ヴァイオリン:小林亜希子
J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006
プロコフィエフ/無伴奏ヴァイオリンソナタ ニ長調 作品115より 第1楽章 moderato

bayashiko


こちらのジャケットおよび盤面の絵画は、画家の稲垣龍雄さんに描いていただきました。
急ピッチの製作日程の中、奏者とのミーティングとトラックダウンしたばかりのサンプル音源によるインスピレーションで、個性を捉えた素敵な作品をご提供いただきました。
ご自身の個展はもちろん、企業広告のイラストレーションや大学で教鞭をとられるなど、八面六臂のご活躍です。
稲垣さんは長く大阪フィルの定期会員としてもお付き合いくださり、また今回も無理な依頼をご快諾いただき、心より感謝致しております。
ぜひ素敵なジャケットを皆さまもお楽しみください!
演奏はもちろん、小林の繊細な音色が光るバッハ、自由闊達な歌が魅力的なプロコフィエフ、いずれも充実した仕上がりです!


Texture 6
フルート:榎田雅祥
J.S.バッハ/無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV.1013
使用楽器 Flute : Louis Lot No.4056 1886年
J.J.クヴァンツ
無伴奏フルートのための組曲 カプリス、ファンタジーより(榎田雅祥 編纂)
使用楽器 Baroque Flute : Rudolf Tutz after I.H.Rottennbrugh

enoki


こちらは3月31日をもって退団したフルートトップ奏者の榎田による演奏です。
フルート作品にとって、C.P.E.バッハの無伴奏ソナタと双璧を成す、J.S.バッハのパルティータは言わずと知れた超名曲。聴けば聴くほど味が出る、アーティキュレーションやフレージングを追求した演奏。
そして、世界でも録音の少ないクヴァンツの無伴奏作品。こちらは膨大な作品集の中から、榎田自身が調性や形式を吟味し、ひとつの組曲として編纂した内容となっています。
しかも、バロック・フルートでの演奏!
ホントに古い楽器で、演奏は至難の構造。しかし、その時代を生きた奏者への敬愛の念たっぷりの、榎田らしい録音に仕上がりました。

ジャケットに写る楽器はすべて榎田の所有するフルートです。自宅で撮影しましたが、これでも一部でした…。
裏面に採用した音楽辞書やフルートに関わる書籍は、榎田自身が決して失わない音楽家としての探求心の証です。


Textureシリーズのジャケットには毎回趣向を変えながらも、奏者のパーソナリティが感じられるようなものを創り出してきました。
2009年度の4月より発売を開始したこの楽団員ソロ・ディスク企画もこの1年間で6枚のアーカイヴとなりました。
ひとえにご購入くださった皆さまからの叱咤激励の賜物と感謝致しております。
また、すべてが無伴奏作品という中で、作曲家と対峙し熱く挑んだ6人の奏者にも。


Texture 5 & 6
¥ 1,000
郵送をご希望の方は、プラス ¥200(郵送料+手数料)
お申し込みは大阪フィルチケットセンター 06-6656-4890
または、keiki@osaka-phil.com まで。
スポンサーサイト



| 未分類 | 10:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT