PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マエストロ・スダーンと奏でる「ザ・グレイト」、本日です!

「ウィーン音楽祭 in OSAKA 2012」の練習3日目は、本番と同じいずみホールのステージで行いました。

DSCF5850.jpg

この日からピアニスト、インゴルフ・ヴンダーの登場です。

いずみホールはいつ見ても美しいホールですね。
いつもと雰囲気が違い祝祭モードに見えるのは、この「ウィーン音楽祭」の時にしか見られないのが、オルガンの両脇に吊るされた「タペストリー」効果でしょう。

DSCF5685.jpg

「Wiener Musikfest in OSAKA」という文字とヨハン・シュトラウス像のシルエットが、いずみホールのシンボルカラーであるワインレッドのタペストリーに染め抜かれています。

「ウィーン音楽祭」は今年でファイナル、そして大阪フィルのコンサートが今年のトリを飾るということなので、いずみホールでこの光景が見られるのはこれが最後になるのかもしれませんね
とても感慨深いものがあります

DSCF5790.jpg

インゴルフ・ヴンダーさんもマエストロ同様、はじめてご一緒させて頂きます。

インゴルフ・ヴンダー、1985年オーストリア生まれ、今年27歳です。
何と言っても彼がこれほどメジャーになったきっかけは、ピアノコンクールの最高峰、2010年ショパン国際コンクールで2位になったことでしょう。
本選では唯一のスタンディングオベーションだった事も報道されていましたね。

DSCF5817.jpg

とにかくテクニシャンの印象が強かったヴンダーさんですが、練習を聴いていて技術はもちろん、力強くメロディアスな印象を受けました
オーケストラと合わせるきっかけは、マエストロ・スダーンとアイコンタクト。
お客様が入っていないホールでは、鳴り過ぎるくらいです!

DSCF5773.jpg

大阪フィルがベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を演奏するのは今年の3月定期、大山平一郎さん指揮、野平一郎さんピアノ以来です。
その時に野平さんがこの曲についてこんなハナシをされました。

「4番の協奏曲はベートーヴェンの表現力の深さ、広さがいちばん感じられる作品だと思います。 1楽章は平和だけどドラマが有る。 2楽章はオーケストラが俗世間、ピアノが聖なる祈りのコラールだと思います。聖なるものを乱す奴等との共存ですかね。 3楽章は舞曲。 色々な側面、宗教がかった側面や快楽的な側面のある曲」

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を端的に表現されていますね

今回、いちばん驚いた事は、 の写真、ヴンダーが鍵盤ではなくピアノの上に手を伸ばしています。
何をしているかというと・・・

DSCF5805.jpg

お判りでしょうか。
ヴンダーの楽譜はいわゆる‘楽譜’ではなく、タブレット端末なのです
ほとんど暗譜をされているのでこれで対応出来るのでしょうか。
マエストロが「何小節ですが…」と話すと、その場所を開いて見られています。
凄い時代になりましたね

DSCF5719.jpg

この日もマエストロはスコアを睨みながら指示を出されます。
そのスコアですが、小型サイズです。
大きいスコアがない曲も多いのですが、これは見難くて大変ですね。

DSCF5641.jpg

実際に鳴っている音が客席でどう聞こえるか。
客席で練習を見ているスタッフに確認をするマエストロ。
練習中にこんなシーンが何度も見られました。

DSCF5709.jpg

「インテンポ!」マエストロがよく仰います。
オーケストラの楽器一つ一つに細かく表情を付けていかれるマエストロ。
最初の演奏がみるみる変わって行きます。
スダーンマジックですね

DSCF5662.jpg

シューベルトの「ザ・グレイト」も、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番も、これまでとは違った新しい大阪フィルの音楽になっていると思います。

管楽器は聴かせどころいっぱいです。

DSCF5674.jpg

もちろん低弦だって、

DSCF5715.jpg

ヴァイオリンだって、目が離せません。

DSCF5738.jpg

「ウィーン音楽祭」フィナーレとなるコンサートは必聴ですよ。

名演の予感がします

当日券、余裕があるそうですので、ぜひライブでお聴き下さい

(広報:H.I)

20121112143157162_0001.jpg

「ウィーン音楽祭 in OSAKA 2012 Vol.7 《ザ・グレイト》」

日 時:11月25日(日)14時00分開演
会 場:いずみホール
指 揮:ユベール・スダーン
独 奏:インゴルフ・ヴンダー(ピアノ)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

<プログラム>
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 op.58
シューベルト:交響曲 第8番 ハ長調 D944 《ザ・グレイト》

<料金>
S=¥7,000 A=¥5,000 学生=¥3,500

※大阪フィル・チケットセンターでのチケットのお取扱いはございません。

<お問い合わせ>
いずみホール 06-6944-1188 


スポンサーサイト

| 演奏会 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT