PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年に1度のお楽しみ、「吹奏楽meetsオーケストラ」は今週末です!

日本には現役の吹奏楽人口が100万人以上、OG・OBを加えると500万人以上の吹奏楽経験者がいると言われています。
そういった皆さまにもオススメしたいコンサート「スペシャルライブ~吹奏楽meetsオーケストラ」を今年も開催いたします。

20121126193227082_0001.jpg

このコンサートは、大阪フィルの管楽器・打楽器奏者だけで吹奏楽の曲を演奏すると云った単純なコンサートではありません

2011-12-15スペシャルライブ 014
 (C)飯島隆

吹奏楽作品の中で人気の曲をオーケストラ版に編曲したモノや、吹奏楽の世界でよく演奏される曲だけどオリジナルはオーケストラの曲 、そして、せっかくなので弦楽器のサウンドも聴いて欲しい!ということで弦楽合奏の曲など、ヴァリエーション豊富に聴いて頂くコンサートなのです
もちろん、下野マエストロ指揮で大阪フィルの演奏!
演奏のクオリティは間違いなし 、一般のクラシックファンの方も必ずやご満足いただける演奏をお届けいたします

2011-2-25 スペシャルライブ 006
 (C)飯島隆

このコンサートの曲決めからゲスト選び、そしてもちろん指揮まですべてお願いしているのが、このお二方。

指揮者の下野竜也さんと、「吹奏楽のカリスマ教師」大阪府淀川工科高等学校吹奏楽部顧問・丸谷明夫先生です

2011-2-25 スペシャルライブ 032
 (C)飯島隆

下野マエストロは吹奏楽の演奏にも力を入れておられます
ご自身も、吹奏楽部でトランペットを吹いていた経験をお持ちのマエストロ、昨年には広島ウインドオーケストラ音楽監督に就任されました。
今回が5回目となるこの「スペシャルライブ」の指揮はマエストロ以外は考えられません

スペシャルライブ2008 003
 (C)飯島隆

丸谷先生には、この企画の監修と本番の司会をお願いしています。
選びに選んだ自信の選曲とゲスト。
曲紹介やゲストへの突っ込んだ質問
文字通り丸谷節が全開です

スペシャルライブ2008 004
 (C)飯島隆

「スペシャルライブ」過去4回を簡単に振り返ってみましょう!

記念すべき第1回は2008年10月、ザ・シンフォニーホールで開催。
ゲストにはユーフォニウムの名手、外薗祥一郎さんをお迎えしました。
ショスタコーヴィチの「祝典序曲」で幕を開けたコンサートは、外薗さんの演奏するエレビーのユーフォ二アム協奏曲で一気に興奮のるつぼへ!

そして待ちに待った「吹奏楽曲のオーケストラ編曲版」の演奏は、大人気曲 A.リード「アルメニアンダンス・パート1」

ラストにレスピーギの交響詩「ローマの祭り」を演奏し、大盛り上がりの終演後、「やっぱりブラスの勝ちやな!」とか「オーケストラ版も、弦楽器はクラリネットとまた違って良かった!」など、話題は尽きぬ感じでしたね

そして私たちも「これは面白い 」という事に成り、今回まで続いているのです。

スペシャルライブ 003
 (C)飯島隆

第2回は2009年12月、ザ・シンフォニーホールで開催。
ゲストはサクソフォーンの平野公崇さん、これまたビッグネームです。
この回は、「双頭の鷲の旗の下に」で元気よくスタート
平野さんのグラズノフのサクソフォン協奏曲、超絶技巧に驚きました
そして、吹奏楽定番曲は、A.リード「エル・カミーノ・レアル」の管弦楽版!

もちろん元の曲が格好良いのですが、余韻に浸っていると、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」第2組曲でとどめです
満足度120% オーケストラサウンドを堪能しました!

2011-2-25 スペシャルライブ 019
 (C)飯島隆

第3回は少し事情があって、2010年の秋から冬にかけて開催出来ず、翌2011年の2月に会場を兵庫県立芸術文化センターへ変えて開催しました。

ゲストはトロンボーンのスーパースター、中川英二郎さん。
フンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より、で始まった第3回、今までとは少し雰囲気が違うかな!?と思っていると、大栗裕の「大阪俗謡による幻想曲」が・・・
3回目にしてようやく「俗謡」キターッ

中川英二郎さんのトロンボーンで聴く、モンティのチャルダッシュ。
吹奏楽部でトロンボーンを担当している生徒さんがご覧になられてどう思われたのでしょうか? 
「やってられへん!」とか「あんなふうに上手くなりたい 」など色々ありそうです。
それにしてもスケールを一瞬で吹く技術、スゴ過ぎでしたね

後半は吹奏楽の世界で超メジャー作曲家 兼田敏の「吹奏楽のためのパッサカリア」の管弦楽版を演奏し、最後はオーケストラより吹奏楽の方が良く演奏する曲、レスピーギの「シバの女王ベルキス」を演奏して終了しました。

2011-12-15スペシャルライブ 005
 (C)飯島隆

そして、第4回目は昨年2011年12月、ザシンフォニーホールでゲストにトランペットのエリック・ミヤシロさんを迎えて開催しました。

この回は、アタマの曲からシビレてしまいました
バーンズ作曲、「アルヴァマー序曲」の管弦楽版です。
吹奏楽を経験した人なら、この曲は必ずご存知のはず、いかがだったでしょうか?
終盤のクラリネットで吹く16分音符、ここはやはり弦楽器ですか。
下野マエストロが、「ベートーヴェン交響曲第1番のような感じでアルヴァマー序曲を作って!」というリクエストで作曲家の中原達彦さんが編曲されました。

ゲストで来て欲しいランキングNo.1のトランペッター、エリック・ミヤシロさんが遂に登場です!
ハイノートヒッターという言葉が有りますが、エリックの吹く音はまさしくそれですね。
きれいに伸びるハイトーン。
丸谷先生が「何食ったらそんな高い音鳴るんや?」と聞かれていました

最後は、ホルスト「惑星」より“木星”で終了しました。

2011-12-15スペシャルライブ 027
 (C)飯島隆

過去4回、最後の曲はそれぞれ記しましたが、それは本編での話。
このシリーズ、必ずアンコールを演奏致します。
そしてその曲を指揮するのは、丸谷先生なのです

2011-2-25 スペシャルライブ 028
 (C)飯島隆

丸谷先生の指揮を楽しみにしているのはお客さまだけではありません。
オーケストラのメンバーも歌心溢れた先生の指揮は楽しみなのです。
そしてアノ丸ちゃんスマイルに癒されたい
今年は何が飛び出すか、どうぞお楽しみに。

2011-12-15スペシャルライブ 006
 (C)飯島隆

ゲストが超絶技巧を駆使してお客様の拍手喝采を浴びているのも、バックで支えているマエストロの計算され尽くされた指揮があってこそ。
今回も素晴らしい演奏をお聞かせ出来るはずです

2011-12-15スペシャルライブ 030
 (C)飯島隆

すべてのプログラムを終え、達成感いっぱいのカーテンコール、 の写真は第4回ですね、エリック・ミヤシロさんの姿が見えます。

会場には一般のお客さま以上に中高生の姿が多いのもこのコンサートの特徴です。

現役のブラスキッズも吹奏楽関係者の皆さまも、吹奏楽OB・OGの方も、いつもの大阪フィルファンの皆さまも皆さまに聴いて頂きたい
ちょっと肩の力を抜いて、リラックスして聴いて頂きたいコンサートです。

第5回目となる今年のゲストは、絶大な人気を誇るサクソフォンの須川展也さん、遂に登場です!

そして注目の、この日のためにオーケストラ版で演奏する人気曲は、R.ジェイガーの「シンフォニア・ノビリッシマ」

この曲のタイトルを聞くだけで「キュン!」とくる吹奏楽経験者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
オリジナルが勝つのかオーケストラ版に軍配が上がるのか、ライブで確認下さい。

最後は圧巻の「ローマの松」、ザ・シンフォニーホール自体が楽器となって迫力のオーケストラサウンドをお聴かせできるはずです。
注目のバンダは、どこに配置されるのでしょうか? 話題は尽きません。

2011-2-25 スペシャルライブ 030
 (C)飯島隆

マエストロが大阪フィルを指揮する演奏のクオリティはもちろん保証しますが、丸谷先生の厳しくも愛に満ち溢れた丸谷節と丸ちゃんスマイルをライブで体感して頂きたいです

音楽があって良かったなって実感できると思いますよ

当日券をご用意してお待ち申し上げております

(広報:H.I)


《スペシャルライブ》吹奏楽meetオーケストラ

日 時:11月30日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:下野竜也
独 奏:須川展也(サクソフォン)*
監修・司会:丸谷明夫(大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部顧問)

<プログラム>
R.ジェイガー(中原達彦編曲)/シンフォニア・ノビリッシマ(管弦楽版)
ヴェルディ/歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲
イベール/アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小協奏曲
ドビュッシー(デュカ編曲)/サクソフォンのためのラプソディ*
J.S.バッハ(A.リード編曲)/主よ人の望みの喜びよ(管弦楽版)
プッチーニ/菊(弦楽合奏版)
レスピーギ/交響詩「ローマの松」

料 金:A席5000円 B席3000円 C席1500円
※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。

ご予約・お問合せ:
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ABCチケットセンター 06-6453-6000
チケットぴあ 0570-02-9999
ローソンチケット 0570-000-407


スポンサーサイト

| 演奏会 | 11:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT