PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12月定期は来週月曜日と火曜日ですよ! お間違いなく!

2012年、今年最後「第464回定期演奏会」の練習が始まりました。

画像 13476

指揮はヤクブ・フルシャさん、大阪フィルとは今回が3度目の共演です。
マエストロ・フルシャと初めてご一緒させて頂いたのは2009年9月「第431回定期」で、ドヴォルザーク交響曲第7番を演奏しました。
2度目が2010年6月「第439回定期」でマーラー「巨人」でした。       

画像 13477

今日の練習は、前半がボロディンの交響曲第2番、後半がバルトークの組曲「中国の不思議な役人」。
重量級の2曲が大フィル会館に鳴り響きました!

画像 13480

本日練習する2曲のうち、ボロディンの交響曲第2番は、2000年5月「第338回定期」で外山雄三さん指揮、ストラヴィンスキーのオペラ・オラトリオ「エディプス王」の前プロとして演奏して以来となります。
バルトーク組曲「中国の不思議な役人」は、91年6月「第257回定期」で秋山和慶さんが指揮して以来の演奏です。 
素敵な曲なのに何故か演奏機会の少ないこの2曲、メンバーの中にも今回初めて演奏するという者が多かったです。

画像 13488

3度目の顔合わせともなると、マエストロがどんな感じで音楽を作っていくのかメンバーも心得ています。
笑顔を絶やさず、一緒に音楽を作って行こうという友好的な姿勢が嬉しいですね
バトンテクニックには定評のあるマエストロ、多くを語らずとも指揮を見ればわかります。
練習期間は明日、明後日の2日間、そして当日のゲネプロとたっぷり有ります
明日以降、どんな風に音楽が変わっていくのかをしっかり見届けたいと思います。
また随時レポートしていきますので、お楽しみに!

画像 13482

大阪フィルはドイツ・オーストリア音楽
やはりそんなイメージが強いのでしょうか。
しかしチャイコフスキーは紛れもなく朝比奈時代から大阪フィルの大切なレパートリーです。
朝比奈隆の師、メッテルはロシア人だったので、ロシア音楽は意外にも大阪フィルの原点と言えるかもしれません。

画像 13485

今回のメインはボロディンの交響曲
ロシア国民楽派の作曲家集団‘ロシア5人組’のアレクサンドル・ボロディン。
歌劇「イーゴリ公」の“ダッタン人の踊り”は有名ですが、それ以外はあまり知られていません。
室内楽ファンなら、弦楽四重奏曲はご存知かもしれませんね
今回演奏する交響曲第2番は名曲ですが、演奏機会の少ない曲。
30分足らずの曲ですが、民族色たっぷりの親しみやすい曲です。

画像 13495

マエストロ・フルシャの出身地チェコも民族色の強い音楽が多く、代表的なドヴォルザークやスメタナなどもチェコ国民楽派の作曲家として知られています。
1981年生まれなので、今年で31歳。
まだ31歳です
若きマエストロが、今回ロシア音楽ボロディンの交響曲を選らんだのは何気に頷ける気がしますね

画像 13494

今回、ゲストコンサートマスターをお願いするのは近藤薫さん。
コンマス渡辺美穂はトップサイドに入ります。
マエストロも含めて1st、2ndヴァイオリンの前のプルトがとっても明るめのファッションで、その一帯だけ春めいて楽しそうでした

画像 13493

パートごとにアーティキュレーションや強弱記号などを丁寧に伝えていくマエストロ。
チェロトップ近藤もマエストロと確認を取りながら、譜面に書き込んでいました。

「第464回定期演奏会」は今月10日(月)、11日(火)、ザ・シンフォニーホールで開催します。
いつもと違い、来週の月曜日と火曜日の開催と、変則曜日の開催となります!
木曜、金曜都は違うのでどうぞご注意ください

ボロディン交響曲第2番、バルトーク組曲「中国人の不思議な役人」の他、皆さまお馴染みのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏致します。
ヴァイオリン独奏はこちらも3度目の共演となるクリストフ・バラーティ。
世界で活躍するバラーティの驚異的なテクニックと、魅惑のストラドサウンドに酔いしれてみませんか

チケットはまだ余裕があります。
どうぞライブでお楽しみください

(広報:H.I)

2012-12-10#464チラシ


「第464回定期演奏会」

日 時:12月10日(月)・11日(火)19:00開演 (18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:ヤクブ・フルシャ
独 奏:クリストフ・バラーティ(ヴァイオリン)

<プログラム>
バルトーク/バレエ音楽「中国の不思議な役人」 作品19
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ボロディン/交響曲 第2番 ロ短調 作品5

料 金:A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円
    S席、D席は完売
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

※学生・シニア当日券を1000円で販売致します。 25歳以下の学生と、60歳以上のお客様は開演30分前の時点で当日券がある場合、お1人様1000円で入場頂けます。 ご入場の際、学生の方は学生証を、60歳以上の方は年齢を証明出来るものをご提示いただきます。 なお、座席はお選び頂けませんのであらかじめご了承願います。

※プレトーク・サロンを18時半より2階ホワイエで行います。お立ち寄りください。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890



スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 06:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT