PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いやー とても華やかで楽しいコンサートでした! 

新年恒例の「新春名曲コンサート」は、大盛況のうちに終了致しました。
ご来場頂きました皆さま、行けなかったけど応援していたよ!と言って下さる皆さま、この場を借りて御礼申し上げます

画像 13875

「新春名曲コンサート」の会場は、今年初めてのザ・シンフォニーホール。
今年もこのホールを使わせて頂ける喜び、本当に幸せなことです

画像 13876

年末29日の「第9シンフォニーの夕べ」以来となるザ・シンフォニーホール、玄関は初春仕様に飾り付けられています。

画像 13879

ロビー階段横には、立派な花が新年に相応しく活けられていました。
クリスマスツリーとお正月飾り、1年を通してザ・シンフォニーホールが自ら季節感をアピールする特別な飾り付けなのです。

画像 13846

ホールの中ではすでにゲネラルプローベが始まっていました。
指揮は円光寺雅彦さん、コンサートマスターは特別客演コンマス田野倉雅秋。
コンマス渡辺美穂はトップサイドに入ります。

画像 13851

プログラム順で行われたゲネプロ、この日オーケストラだけで演奏する曲は3曲。
今年生誕200年を迎えるヴェルディの歌劇「運命の力」、新年と言えばこの作曲家ヨハン・シュトラウスⅡ世の喜歌劇「こうもり」序曲、大迫力のチャイコフスキー序曲「1812年」です。
円光寺マエストロの力強い指揮による「運命の力」、弦楽器1プルト奏者です。

画像 13849

こちら は喜歌劇「こうもり」序曲の演奏シーンです。
上手側2階客席RBから見た光景です。
このあたりの席、普段あまり座る機会が無いのですが、指揮者や奏者の表情も良く見えて楽しいですね。
どの席でも楽しめる、さすがザ・シンフォニーホールです

画像 13854

ソプラノの市原愛さんのステージです。
市原さんの昨年の仕事納めは大フィルの「第9シンフォニーの夕べ」、今年の仕事始めは大フィルの「新春名曲コンサート」だそうです
何だか嬉しいですね、市原愛さんを独り占め!みたいな
ゲネプロは普段の格好ですが、ドレス姿の市原さんは後ほど見て頂きましょう

画像 13857

ゲネプロ段階から役に成りきって細かく動きまわりながら歌われる福井敬さん。
度肝を抜かれる!という表現がぴったりだと思うのです、福井さんの声は
福井さんの昨年の仕事納めは大フィル「第9シンフォニーの夕べ」、仕事始めは新年3日のNHK「ニューイヤーオペラコンサート」ですが、それを除けば実質この日の「新春名曲」が最初の仕事始めのようなものだとステージで仰っていましたよ
これまた嬉しいですね

画像 13852

ロン=ティボー国際コンクール、エリザベート国際コンクール共に2位という素晴らしい経歴をもつ今年21歳の若手成長株のスターヴァイオリニスト成田達輝さん。
昨年の仕事納めと今年の仕事始めは、共に札幌のジルベスターコンサートにご出演だったそうです。
確かにジルベスターなら一度に両方体験出来ますね
21歳には見えない落ち着いた物腰、恐るべしです

画像 13871

「新春名曲コンサート」と言えば、アンコールの歌劇「椿姫」より“乾杯の歌” と言われる方も多いのではないでしょうか。
市原さんと福井さんが客席から登場し、歩き回りながら歌う段取りの確認を最後に、ゲネプロは終了です。

束の間の休憩を経て、さぁ、楽しい音楽の時間の始まりデス!

5K5A3417.jpg
 (C)飯島隆

「新春名曲コンサート」は特別なコンサートです。
定期演奏会とは違い、今回初めて大阪フィルを聴くお客さまも多いと思われます。
また、これまでにも大阪フィルを聴いた事が有ると仰るお客様も年が変わって聴く初大阪フィル、そして初ザ・シンフォニーホールではないでしょうか。

私たちも今年初めてのザ・シンフォニーホール!
今年も大阪フィルとして音楽が出来る喜びを胸に、心を込めて演奏させて頂きます

IMG_8145.jpg
 (C)飯島隆

指揮にトークに絶好調の円光寺マエストロ
「お父さんにしたい指揮者No.1!」の称号は永久に不変
間違いなく殿堂入りですね
今回も迫力の大フィルサウンドを引き出していただきました!

IMG_8245.jpg
 (C)飯島隆

今年はどんな年にしたいですか?とマエストロの質問に・・・
「今年は節目の年になりまして・・・3月に出産を控えています!」

これには場内のお客さまは声を揃えて「エーッ!」  
そして大きな拍手が起こりました!
パープルの本番ドレス姿からは、おおよそお腹が大きいようには見えなかったですからね。
無事に出産を終えられて、可愛いベービーちゃんの素敵なママをしながら、更なる充実の演奏活動を繰り広げられるよう祈っています!

歌って頂いたロッシーニもヘンデルも、本当に素晴らしかったです

5K5A3355.jpg
 (C)飯島隆

後半のステージ、市原さんの歌は、プッチーニ歌劇「ラ・ボエーム」より“私が街を歩くと”。

クリスマスイブの日、パトロンと連れ立ってカフェに現れるムゼッタが、元恋人の貧乏画家マルチェロの目を意識して「私が街を歩くと、みんな立ち止まって私を見るわ、そしてこの美しさに見とれるのよ・・・」と歌う有名なアリアです。

このステージの市原さん、真っ赤なドレス姿は紛れも無くムゼッタでした。
素敵過ぎます
また大阪フィルとご一緒させてください!

IMG_8308.jpg
 (C)飯島隆

日本を代表するテノール、福井敬さんです。

1曲目のロンバーグ/「学生王子」よりセレナーデで、お客さまの心を鷲掴み
福井さんは曲に合わせて、カール・フランツ王子、トニー、カラフ、それぞれに成りきって熱唱されます。

皆さまお待ちかねの歌劇「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”は、福井さんの代名詞とも言える代表曲です。

絶世の美女トゥーランドット姫は、結婚の条件としてきた3つの謎を解いたにもかかわらず、カラフとの結婚を拒みます。 それに対し「明日の朝までに私の名前を解き明かしたなら私は死にます。しかし、出来なければ私との結婚を承諾しなければなりません」と姫に申し出た事を受けて、冷酷な姫は国民に「今夜は誰も寝てはならぬ!その男の名を解き明かせなければ皆死刑とする!」との命を出します。
それを受けて、「誰も寝てはならぬのか。 姫よ、あなたもそうだ。・・・おお,夜よ失せろ!星たちよ消えろ!夜が明ければ、私は勝つのだ。私は勝つのだ!」とカラフが歌うのがこの曲なのです

5K5A3266.jpg
 (C)飯島隆

福井さんにも、今年はどんな年にしたいですか?と聞くマエストロ。

「色々とやりたいこともありますが、まずは3月にびわ湖ホールで椿姫をやります。それが楽しみですね」と福井さん。
アルフレード役で「椿姫」にご出演の福井さん。
びわ湖と神奈川でも、“乾杯の歌”を歌われるのですね
福井さんのますますのご活躍を祈っております

5K5A3317.jpg
 (C)飯島隆

成田達輝さんのヴァイオリンを満喫するには最高のプログラムでしたね
ベートーヴェン「ロマンス第2番」では音の美しさを、モンティ「チャルダッシュ」では超絶技巧を堪能できるプログラム。

特に「チャルダッシュ」は、福井敬さんの「誰も寝てはならぬ」と並ぶほどの拍手喝采・ブラヴォーコール!
お客さまは大喜びでした

現在、パリ在住の成田さん。
マエストロの遣り取りでは、年齢相応の若さも垣間見れて、微笑ましかったです
成田さんの更なるご活躍をお祈りしています

5K5A3386.jpg
 (C)飯島隆

円光寺マエストロの質問は、昨年9月に新らしくコンマスに就任した二人にも向けられました。

突然マイクを向けられた特別客演コンマスの田野倉雅秋は、「大阪を代表するオーケストラとして、皆さまの期待に応えられるように頑張ります」と熱く語っていました。

5K5A3388.jpg
 (C)飯島隆

同じく昨年9月にコンマスに就任した渡辺美穂。
「お客さまから声をかけられる機会も増え、大阪フィルのメンバーになったんだと実感しています。 多くの方が会員になっていただき、今まで以上に大阪フィルを聴いて頂きたいです」と、事務局も驚くほどのセールストークも飛び出しました
うーん、頼もしい女性コンマスの誕生ですね

5K5A3431.jpg
 (C)飯島隆

大迫力の序曲「1812年」を終えて、指揮台を降りた瞬間のマエストロ。
たいへんな盛り上がりの中、オーケストラ共々お客様にご挨拶です。

IMG_8101.jpg
 (C)飯島隆

お客様の拍手は大きくなるばかり
マエストロはクルッとオーケストラの方を向き、指揮台に上がり指揮棒を振り上げると・・・

5K5A3445.jpg
 (C)飯島隆

今年が記念イヤーのヴェルディ「椿姫」より“乾杯の歌”が始まりました。
客席上手側から福井さんが登場し、1コーラス目を歌われます。
客席下手側から市原さんが登場し、続きを歌われます。
そしてそれぞれ花道を通ってステージに上がり、ステージ上で熱唱されました。
この上なく贅沢な時間です

5K5A3468.jpg
 (C)飯島隆

そして、曲は「ラデツキー行進曲」に替わりました。
お客さま全員拍手で演奏に参加されます。
市原さん、福井さんはもちろん、成田さんもヴァイオリンを持って登場!ステージ上で弾かれました。
大きく拍手する時は大きく、小さく拍手する時は人差し指を叩き、率先してお客さまを誘導される福井さん、普段見ることの無い表情に胸キュン 感激でした!

5K5A3477.jpg
 (C)飯島隆

いやー、楽しいコンサートでした。
ロビーで見るお客さまの表情もとても満足そうで、ホッ

寒い中ご来場頂きました皆さま、有難うございました 

画像 13880

終演後の楽屋も、ステージそのままの熱気です。
記念写真を撮りましょう!という事になって・・・
まずは円光寺マエストロを女性で囲んで、はいポーズ!

画像 13881

そして、出演者の皆さまご一緒に、はいチーズ!
皆さんとてもいい表情です

「楽しかったね」、「うん、楽しかった」

出演者の皆さまも名残惜しそうにご自分の楽屋に戻って行かれました。


2013年、大阪フィルに取りまして素晴らしいスタート が切れたと思います
今年も私たち大阪フィルは走り続けます!
皆さまに素晴らしい音楽をお届けいたします!

今年も応援をよろしくお願い申し上げます

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| 演奏会 | 18:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT