PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京IGINクラシックコンサート、本番のレポートをお届けします!

レディースフォーマルウェアの東京IGINが贈るクラシックコンサートが終了しました。
NHK大阪ホールで開催されたこのコンサートの模様をゲネプロからレポートしましょう!

002_20130212134014.jpg

指揮は「題名のない音楽会」などテレビでも大活躍の岩村力さん。
NHK交響楽団アシスタントコンダクターを2000年から07年まで務め、世界的指揮者の下振りなどを経験されて来られました。
現在は兵庫芸術文化センター管弦楽団レジデント・コンダクターを務められています 。

019_20130212134017.jpg

指揮者はオーケストラ有っての仕事だと言われますが、プロ、アマを問わず、たくさんのオーケストラを振る機会をお持ちの岩村マエストロ。
マエストロに今回指揮して頂くのは、ベートーヴェン/歌劇「フィデリオ」序曲、チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲、ベートーヴェン交響曲第5番「運命」、第3番「英雄」、第6番「田園」の1楽章と、交響曲第7番の4楽章という変則プログラム。

020_20130212134018.jpg

このプログラムを携えて岩村マエストロは、大阪公演の後、名古屋、東京、福岡と順番にまわられます。
オーケストラは各地を代表するオーケストラ。
サスガは世界に誇る東京IGIN、クラシックコンサートも全国展開です

010_20130212134015.jpg

今回のコンサート、主催者の東京IGIN製作のチラシには末延麻裕子とベートーヴェンと謳われております。
昭和22年の創業以来、日本のレディスフォーマルウェアのパイオニアとしてトップを走り続ける東京イギンのコンサートでソロを務めるには楽器が上手いだけではいけません
末延麻裕子さんは同世代のファッションリーダーとして活動をされています。
スタイルの良さは をご覧になって頂ければわかりますね

015_20130212134016.jpg

ゲネプロを終えて、満面の笑みの末延さん
カデンツァの部分はゲネプロでは弾かれないので、本番のお楽しみです。
さあ、本番ではどんな演奏を聴かせ頂けるのでしょうか。
そして、楽しみは末延さんのドレス
東京IGINのコンサートなので、期待が膨らみますね

022_20130212134354.jpg

このコンサートでチェロのトップを弾いているは、2月1日付けで当団トップ奏者に就任した花崎薫です。

長年にわたり、新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チェロ奏者として活躍した後、2011年に新日本フィルを退団し、愛知県立芸術大学准教授に就任。 
今回、縁があって大阪フィルのチェロトップ奏者に就任しました

花崎薫から皆さまにメッセージがございます。

「初めて大阪フィルで演奏した時、温もりのあるアンサンブルと音色を感じました。 かつて在籍していたオーケストラでは、故 朝比奈隆先生とワーグナーの「指環」をはじめ数々の作品をご一緒した事もあってか、大阪フィルには親しみを感じておりました。 この度、一員として演奏出来ますことに大きな喜びを感じております。 どうぞよろしくお願い致します。」

花崎薫のチェロトップ就任で、チェロセクションは近藤浩志とトップ2人体制になりました。
チェロの体制充実で、更に安定した弦楽サウンドをお届け出来ると思います。

どうぞ花崎薫にご声援をお願い致します

034_20130212134356.jpg

本番写真は、舞台上手袖から撮影したものを見て頂きましょう!

037_20130212134357.jpg

末延さんのチャイコフスキーは、敢然とオーケストラに立ち向かっていくような潔い演奏でした
若い世代にクラッシックヴァイオリンの魅力を知って欲しい! 
様々なジャンルのアーティストとのコラボに精力的に参加されている末延さん。
その活動には、クラシック音楽のファン層拡大という大きな目的があります。
末延さんの熱い思いはお客さまに伝わった事でしょう

演奏終了後、司会も兼ねておられた岩村マエストロに感想を求められた末延さんは、
「ほっとしました。 有難うございました。」 と話されました。
ソリストは2人でまわされる今回の全国4都市コンサートツアー
末延さんの出番は、3月東京フィルさんと演奏されるサントリーホール公演です。
次は聖地サントリーホールですか。 頑張って下さい

040_20130212134759.jpg

前半終了後、末延さんと岩村マエストロ、コンマス崔の3ショットが実現しました。
皆さまお疲れさまでした

041_20130212134801.jpg

そして、お待たせしました!
注目の末延麻裕子さんのドレス姿がこちらです
全身をご覧頂こうと撮影しましたが、この撮影の前に3ショットを撮ったためにドレスの裾を後ろにまわしておりました。
本当なら横にさっと流しておくべきなので、そこは大目に見て下さいませ

このドレスに関しては、マエストロがステージ上で質問されました。

「自分でリクエストを出してイギンさんに作って頂きました。 素材はとっても肌に優しいシルクです。 自分の体にぴったりフィット、それでいてヴァイオリンが弾きやすいんです。お値段ですか? 180万でした!」

末延さん、どうもお疲れさまでした

コンサートは、岩村マエストロ渾身の指揮にしっかり応えたオーケストラが、迫力のベートーベンオムニバスをお届け出来たと思います。
満員のお客さまからは温かい拍手を頂きました

東京IGIN主催のクラシックコンサート、本当はもっと色々と書きたい事もあるのですが、大阪が全国4都市ツアーのオープニングでもあり、ネタバレの恐れもありますのでこれ以上は書きません

今回初めて東京IGINさんのコンサートにお招きいただきました。
本当に色々と勉強する点が多かったです。

「日本1高級な服を作ります」 が東京IGINさんのキャッチフレーズという事ですので、私たちもそれに負けないような演奏をしたつもりですが、さて皆さまいかがだったでしょうか?

寒い中ご来場頂きましたお客さまにこの場を借りて御礼申し上げます。
そして、井上隆治社長さまはじめ東京IGIN関係者の皆さま、お世話になりました。

どうぞこれからも大阪フィルをよろしくお願いいたします

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| 演奏会 | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT