PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中学生の皆さん、共演させて頂いて元気貰いましたよ!

大阪フィルと中学生が共演する演奏会「はじめましてオーケストラ」が、先日行なわれました。

008_20130303233744.jpg

この演奏会でいう共演と言うのは、大阪フィルが年に1回行ってきた「星空コンサート」のフィナーレのように、ある曲のバンダとして参加し、合同演奏をするという意味だけではありません
色々な曲を大阪フィルのメンバーの横に座って、ある時はユニゾンで、ある時は大フィルメンバーを従えてトップで吹いたりする、中学生の皆さんからするとドキドキものの演奏会なのです

003_20130303233746.jpg

参加中学17校、中学生総数400名弱という壮大な演奏会。
この演奏会の模様を、ゲネプロ・本番の写真を通してご紹介いたしましょう。
 
曲ごとに演奏する中学生は入れ替わります。
そして曲の前後に演奏する(した)中学生はお客様に立ってご挨拶をします。

004_20130303233748.jpg

このコンサート、指揮とお話は新通英洋さんです。
こういった演奏会、新しい顧客開拓や将来のクラシックマーケット拡大のためにはとても大切な演奏会なので、指揮の人選はとても重要なのです
新通さんと大阪フィルはこれまでに数多くこういった形態の演奏会を共演しています。

010_20130303234110.jpg

ただ今、ゲネプロ中
客席前方に座っているお客さまに話しかておられるマエストロ。

015_20130303234111.jpg

と、次の瞬間
お客様だと思っていた前方の人たちが、楽器を手に一斉に回れ右
アンコールの「星条旗よ永遠に」が始まりました!
毎年見る光景ですが、何度見ても鳥肌ものですね

021_20130303234112.jpg

そして、「あすという日が」をお客様と一緒に大合唱。
これを歌うためだけの中学生ももちろんいます。
これまた迫力がありますよ。

033_20130303234800.jpg

前半は大阪フィルの演奏を聴いていただきました。
「スターウォーズ」のメインテーマ、エルガー「エニグマ」より“ニムロッド”、そして大阪フィル十八番、大栗裕「大阪俗謡による幻想曲」。
は、チャンチキを見ておわかりの通り、「俗謡」演奏風景です。

031_20130303234759.jpg

その横には、神楽鈴。
うーん、「俗謡」ですね

5K5A7557.jpg

ここからが本番、いきなり後半の様子です。
中学生の皆さまの服装は制服なので変わりません。
オーケストラのメンバーが正装に変わり、演奏スタートです。

IMG_0992.jpg
 (C)飯島隆

新通英洋さんも本番衣裳にチェンジされています。
颯爽と指揮をされていた新通さん、曲が終わると・・・

IMG_1012.jpg
 (C)飯島隆

指揮棒をマイクに持ち替えて語りかけるように客席に話される新通さん。
後半では、曲間のメンバー入れ替えタイミングでは、たった今吹き終えた中学生の皆さんに質問もされました。

IMG_1105.jpg
 (C)飯島隆

実際にオケのメンバーの隣に座り、
楽器を吹く中学生の皆さんの様子は です。

IMG_1146.jpg
 (C)飯島隆

もちろん、トライアングルやシンバルなどの打楽器でも中学生は大活躍。
吹奏楽部の部員の皆さんにとっては、忘れられない思い出になったことでしょう

5K5A7600.jpg
 (C)飯島隆

アンコールの「星条旗よ永遠なれ」は、実際にお客様が座られている中でこの迫力
客席で楽器を演奏する中学生だけで、なんと250名以上
「星条旗」と言えばピッコロです!
大迫力のピッコロサウンドが心地よかったです。

IMG_1156.jpg
 (C)飯島隆

客席を向いて演奏している中学生には、新通さんの指揮は見えません。
そこで新通さんの指揮を受けて客席250名の中学生に指揮するのは昨年同様、大阪市立難波中学校の中田聡先生です。

5K5A7622_20130305201722.jpg
 (C)飯島隆
 
中田先生は1階客席の最後方に立って指揮をされました。

5K5A7618.jpg
 (C)飯島隆

最後にお客さまも一緒になって歌った「あすという日が」は、仙台市立八軒中学校合唱団が歌った事で有名になり、東日本大震災の復興の象徴のようになった歌ですね
この歌を、中学生や会場のお客さまと一緒に大阪フィルが演奏出来た事が嬉しかったです。

感動のうちに「はじめてのオーケストラ」は終了致しました。

041_20130303235051.jpg

終演後、会場となった梅田芸術劇場のまわりは、制服姿の中学生がいっぱい。
でもみんな学校単位の団体行動のようで、大きな楽器を持ってすぐに移動して行きました。

毎年同じ感想を持ちますが、いっぱい元気を貰う  素敵なコンサートでした

この日参加をしてくれた中学生の皆さん!
皆さんは吹奏楽部に所属で、この日がおそらく本当に「はじめまして、オーケストラ」だったと思います。
でもオーケストも楽しかったでしょ?
いちど、オーケストラの演奏会にも来て下さい。
皆さんの吹奏楽部の活動にも必ずやプラスに働くはず

私たちが自信を持ってオススメするのが「青少年のためのコンサート」
絶対に感動出来るコンサート。
皆さんと一緒に演奏したオーケストラのメンバー全員、お待ちしています

ぜひお越しくださいませ

(広報:H.I)

「青少年のためのコンサート」
オーケストラ・スペクタキュラー〈パートII〉

日 時:3月23日(土)15:00開演
会 場:NHK大阪ホール
指 揮:金 聖響
独 奏:福田廉之介(ヴァイオリン)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

<プログラム>
ワーグナー/歌劇「ローエングリン」第3幕 前奏曲
ヘンデル/組曲「水上の音楽」より“アラ・ホーンパイプ”
ワックスマン/カルメン幻想曲 
チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」より“花のワルツ”
ベートーヴェン/交響曲 第5番「運命」より 第1楽章 
マーラー/交響曲 第5番より 第4楽章“アダージェット”
ショスタコーヴィチ/交響曲 第5番 第4楽章 

料金:一般:3000円、学生1000円
※全席指定
※学生券は小学生から25歳以下の学生の方が対象になります。
 当日、学生証などの身分証をご持参ください。
※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。

お問合わせ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 演奏会 | 01:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT