PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本日、奈良で大阪フィルサウンドが鳴り響きますよ!

20130412140921_00001.jpg

本日、奈良で演奏会を行います。
国際ソロプチミスト奈良、認証40周年記念奉仕事業として、全席申し込みにより無料で開催されます。

ソロプチミストとは、ラテン語のSoro(姉妹)とoptima(最善)との造語で“女性にとって最善のもの”という意味です。ソロプチミストとは実業界や専門職で活躍している女性で組織する世界最大の奉仕団体です。

画像 14775
 
前日練習が、コンサートマスター田野倉雅秋のチューニングから始まりました。

画像 14777

クロアチア出身のケマル・ゲキチさんがソリストを務められます。
ゲキチさんといえば、1985年のショパン国際コンクールでの評価をめぐる騒動が有名です。
カリスマピアニストとして知られている方です。

画像 14798

指揮は現在大活躍中の三ツ橋敬子さん。
国際ソロプチミスト奈良奉仕事業の一環のコンサートを指揮される方としては相応しい指揮者ですね。

画像 14786

大阪フィルとは今年1月、愛知県刈谷でのコンサートをご一緒しました。
その時はニューイヤーっぽいワルツや歌モノを中心に14曲の演奏!と大忙しのコンサートでしたが、今回はしっかりコンチェルトとシンフォニーを1曲ずつの演奏です。

画像 14779

練習はプログラム順、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番からです。
ホルンによって奏でられる第1楽章冒頭の壮麗な序奏。
あまりに有名、あまりに格好良い始まりです!

画像 14801

ピアノ協奏曲と言えば・・・
チャイコフスキー!と言われるほど有名な曲ですが、技術的にも難しくそれほど演奏機会の多い曲ではありません。

画像 14800

この曲をケマル・ゲキチさんのピアノで聴けるなんて、今回のコンサートのお客さまはラッキーですね!

画像 14804

ケマルゲキチさんのアイデアを尊重し、ゲキチさんのピアノを最大に引き出すことに注力をされているイメージだった三ツ橋敬子さんの指揮は、

画像 14797

メインのブラームス交響曲第4番では、積極的な提案も多くあり、噂通りの素晴らしい指揮者でした!
本番が楽しみです!

完全招待制の今回のコンサート、残念ながら当日券の発売はございません。
コンサートの模様は、後日ブログでも報告致します。

お越しになられる皆さま、会場の奈良県文化国際ホールでお待ちしています!

(広報:H.I)


スポンサーサイト

| 演奏会 | 07:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT