PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今シーズン最初の定期練習が始まりました!

今シーズン最初の「第467回定期演奏会」は、今週18日(木)、19日(金)に開催されます。

この定期を指揮する予定だったヴォルフ=ディーター・ハウシルトさんは体調不良のため来日が叶わず、急遽スイス生まれのベテラン指揮者、カールアントン・リッケンバッヒャーさんにお願いすることになりました。

「第467回定期」指揮者変更に関しては、コチラをご覧ください


画像 14813

リッケンバッヒャーさんをお迎えしての練習初日です。

正式に指揮をお願いしてからさほど日が経っていません。
ここ数日間、あっという間に時間が流れていきました。
本当にマエストロは来てくれるのでしょうか、ドキドキの練習が始まりました。
いつものようにコンサートマスター田野倉雅秋のチューニングでスタートします!

画像 14814

マエストロ・リッケンバッヒャーです。
ホールに入るなり、まずコンマス田野倉と握手を交わします。

画像 14815

そして、メンバーに対して・・・

「ブルックナーのスペシャリストのオーケストラに来れて幸せです。Mr朝比奈の事も良く知っています。ベルリンで彼の指揮するブルックナーも聴きました。 共にブルックナーの山を登って行きましょう!」
そのような事を話されました。

画像 14827

マエストロはジャケットを脱ぎ、
さあ、ブルックナー交響曲第9番の練習が始まります。

画像 14822

メンバーが第1楽章のつもりで構えていると、「ではスケルツオから!」・・・

画像 14823

おっと、いきなり第2楽章からですか。
ピッツィカートとフォルティッシモのトゥッティが練習場に鳴り響きました。

画像 14828

マエストロは大阪フィルの音の大きさに驚かれたようです。

画像 14826

リズムやフレージング、アーティキュレーションを確認にながら進むマエストロの練習。

画像 14830

マエストロの頭の中には明確に、ブルックナーの9番はこう! というものがお有りです。
オーケストラをそこに近づけたい。

画像 14835

練習初日から細かなチェックが行なわれました。

画像 14834

しかし初日の練習で判りました。
マエストロは何となくオーケストラを鳴らすのではなく、確信を持ってコントロールしています。
うん、きっと凄いブルックナー9番になると思います!
どうぞご期待下さい。

画像 14838

木管、ホルン以外の金管の1番、2番奏者です。
みんな大阪フィルのメンバーとして、ブルックナーの9番を演奏する事に強い思いを持っています。
マエストロのこだわりと奏者のこだわり・・・。
これは凄い演奏になると思います。

どうぞご期待下さい!

(広報:H.I)

「第467回定期演奏会」

日 時:4月18日(木)、19日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:カール・アントン・リッケンバッヒャー
曲 目:
ワーグナー/ジークフリート牧歌 〈ワーグナー生誕200年記念〉
ブルックナー/交響曲 第9番 ニ短調(ノヴァーク版)
料 金:
A席:6000円 B席:5000円 C席:4000円 D席・S席は完売
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ABCチケットセンター(ザ・シンフォニーホール内) 06-6453-6000
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:186-751】

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT