PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桂冠指揮者・大植英次指揮のマーラー「復活」は、今週金曜です!

20130422123350_00001.jpg

フェスティバルホールの杮落としシリーズ「第51回大阪国際フェスティバル」の一環として行われる、桂冠指揮者・大植英次指揮のマーラー交響曲「復活」は、いよいよ今週金曜日に迫って来ました。

オーケストラ練習は23日(火)からですが、既に合唱団の練習は始まっています。

DSC01265.jpg

今回の「復活」の合唱団は「フェスティバルホール〈復活〉祝祭合唱団」という名称で、今回のために4つの合唱団のメンバーで特別に組織されました。
4つの合唱団は、大阪フィルハーモニー合唱団、大阪新音フロイデ合唱団、神戸市混声合唱団、ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団です。

祝祭合唱団を指導するのは、大阪フィルハーモニー合唱団の指揮者・本山秀毅さん。
実は本山先生は、大フィル合唱団以外にも、神戸市混声、ザ・カレッジ・オペラの指揮者でもあります。

個々の合唱団ではそれぞれのスケジュールで「復活」練習をされていますが、先日、大フィル会館で初の合同練習が行われました。

DSC01257.jpg

大半のメンバーは「復活」の歌唱経験が有ります。
本山先生の指導で、ドイツ語の発音を中心に初めての合同練習が行われました。
総勢160人強ほどのメンバーで歌うフリードリヒ・クロプシュトックの歌詞による賛歌「復活」(マーラー加筆)。
最後の盛り上がりの「Auferstehn, ja auferstehn・・・(よみがえる、そうだ、おまえはよみがえるだろう)」では鳥肌が立つほどの迫力でした。
これは本番が楽しみです!

そして2回目の合同練習が、20日(日)に行われました。
この日は待望の本番指揮者練習です。
本番指揮者、という事は・・・

001_20130422012724.jpg

皆さま、お待たせしました! 桂冠指揮者の大植英次マエストロの登場です!
久し振りのマエストロですが、とても元気そうです。
そして、いつもながらとてもオシャレにキメテおられます!

006_20130422012822.jpg

合唱団のメンバーに挨拶をするマエストロ。
ファンの皆さま、いよいよ始まりましたね。
何か熱いものを感じます。

014_20130422012934.jpg

このスコア、大植マエストロこだわりのスコアですが、
「最近目が見えにくくなって、歳ですね・・・」と言いながら、

005_20130422014611.jpg

出ました! 得意の巨大虫メガネです。
大阪クラシックでも大活躍したマエストロの小道具ですね。
さっそくここで登場するとは(笑)
隣には、大阪フィルハーモニー合唱団でアシスタントを務める真木喜規さんです。

025_20130422013020.jpg

「このスコア、マーラーの手書きスコアです! とても貴重なものです!」
と言って、合唱団のメンバーに見せるマエストロ。

023_20130422013116.jpg

「では皆さんで最初から始めましょう!」

029_20130422013204.jpg

「ここは男声のいちばん低いパートが頑張らないとダメなんです!」

こんな調子で、とても丁寧で緻密な練習が繰り広げられていました。

016_20130422014132.jpg


練習ピアニスト、尾崎克典さんと打ち合わせるマエストロ。
実はマエストロと尾崎さんは、昨年の大阪クラシックのピアノ4台で演奏する「ピアノ・スペクタキュラー」で一緒にザ・シンフォニーホールのステージで演奏されていたのです。

2012.9.5(大阪クラシック第45公演「ピアノ・スペクタキュラー」終演後)
画像 14901

その時の記念写真がコチラ。

015_20130422013306.jpg

元々、合唱練習のピアニストとして定評のある尾崎さんです。
随所でマエストロの意図することをとっさに汲み取り、気を利かせて、合唱メンバーが歌いやすいようにピアノを弾かれていました。

上の写真が「フェスティバルホール〈復活〉祝祭合唱団」です。
1回目の合同練習の時は、下手からソプラノ、アルト、テノール、バリトンの順番で自由に座っていましたが、今回はざくっとですが本番のステージオーダー順に座っています。

017_20130422013353.jpg

下手から順番にソプラノ、アルトの皆さまです。

018_20130422013434.jpg

真ん中にはアルト、テノールの皆さまです。

019_20130422013508.jpg

上手には男声、テノール、バリトン、そしてバスの皆さまが並びます。

009_20130422013555.jpg

大植マエストロはいつものように表情豊かに指導されています。

030_20130422013659.jpg

表情を見ているだけで思いが伝わって来るようですね。

027_20130422013751.jpg

「歌う前には息を吐いてから空気を吸って歌いましょう!」
当たり前のようですが、これがなかなか難しいことなのです。
「復活」の出だしのように小さな声で発音をはっきり長く歌う場合、特にそうですね。

時には笑いも織り込みながら、楽しくも緻密な練習が出来ました。
次回、合唱の合同練習は、オーケストラとの合わせになります。

本番はもうすぐそこです。
本日からオーケストラ練習も始まります!

2003年、音楽監督就任以来となる大植マエストロのマーラー「復活」
チケットは発売と同時に完売!の人気の公演です。
オーケストラ練習もしっかりリポートします。
どうぞお楽しみに!

(広報:H.I)

「第51回大阪国際フェスティバル」
日 時:4月26日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:大植英次
独 唱:スザンネ・ベルンハート(ソプラノ)、
    アネリー・ペーボ(アルト)
合 唱:フェスティバルホール〈復活〉祝祭合唱団(大阪フィル合唱団ほか)
<プログラム>
マーラー:交響曲第2番 ハ短調〈復活〉

チケットは全席完売いたしました。
当日券の発売はございません。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
            フェスティバルホール 06-6231-2221


スポンサーサイト

| 演奏会 | 10:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT