PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「復活」のオーケストラ練習が始まりました!

午後3時になりました。 
すでに練習場にメンバーは揃っています。

画像 14903

この日のオーボエ1番を担当する浅川和宏がAの音を吹き・・・

画像 14904

それを受けて、コンサートマスター田野倉雅秋がヴァイオリンでAの音をメンバーに提示します。
いつも練習、本番の前に必ず行なわれるチューニングの光景。
この日から今週金曜日に演奏するマーラー「復活」の練習が始まります。
指揮をするのはもちろんこの方、

画像 14916

桂冠指揮者・大植英次マエストロです。
いつものように弦楽器トップのメンバーと握手を交わし「よろしくお願いします!」。
そして、「このスコア、直筆譜です!」とだけ話し、指揮棒を構えまると、

画像 14918

マエストロの表情が厳しく一変しました。
タクト一閃・・・

画像 14906

弦のトレモロの後、チェロとコントラバスが第1主題を呈示します。
とてもスリリングな第1楽章冒頭。
さあ、始まりました、待ちに待った大植マエストロの「復活」!

画像 14921

皆さまご存知の通り、大植マエストロの振る「復活」は大阪フィルにとって特別な曲。
2003年5月9日(金)、10日(土)、ザ・シンフォニーホールで演奏した「復活」は、マエストロの音楽監督就任お披露目の定期演奏会で演奏した曲目でした。

画像 14925

大植マエストロが大阪フィルで復活を演奏するのはそれ以来の事です。
大阪フィルが2003年以降に「復活」を演奏したのは3度。
2007年に金聖響指揮(梅田芸術劇場)で演奏し、翌2008年には新音フロイデ合唱団の演奏会で小林研一郎指揮(ザ・シンフォニーホール)で演奏。
そして2011年には「第8回津山国際総合音楽祭」で小松長生指揮(津山文化センター)で演奏しました。

いずれにしましてもこの10年で演奏機会は4度(5回演奏)です。
ただ、この記録は他のオケと比べると、もしかすると比較的多いほうかもしれません。

マーラー交響曲第2番「復活」は、そんな大曲なのです。

画像 14920

「復活」を今回初めて聴く!という方に向けて、簡単に説明をさせて頂くとするなら・・・
「復活」は、グスタフ・マーラー2番目の交響曲で5楽章からなり、オルガンやバンダを含む大規模編成の管弦楽とソプラノ、アルトと2名のソリスト、そして混声合唱を擁する大曲なのです。
演奏時間は90分近くにも及び(休憩はありません)、演奏する方も聴く方も、力の入る曲でもあります。

画像 14929

しかし実際の曲はとても変化に富んでおり、迫力のオーケストラサウンド、ソリストの歌う美しいメロディ、そして魂を揺り動かされるような合唱の声。
あっという間に時間が過ぎていくことと思います。
何よりも指揮をビジュアル的にも楽しませる術を心得ておられる大植マエストロが指揮をされます。
どうぞゆっくり音楽に身を任せてお聴き下さい。

画像 14927

必ず、最後は感動して思わず「ブラヴォー!」と叫びたくなる事と思います。
どうぞ大植マエストロと大阪フィルにご期待下さい!

画像 14915

オーケストラの練習風景を練習場の客席から撮った写真がコチラ。

画像 14917

今回のオーケストラの配置に関しては、練習2日目のブログでリポートする予定ですが、合唱が入る事でオーケストラは逆向きのセッティングとなり、セクションごとにメンバーの表情をお届けできないと思います。

画像 14907

練習2日目からは、ここに合唱団総勢160人強のメンバーが加わります。
合唱団は上の写真の客席部分に並びます。

画像 14913

考えるだけでぞくぞくする大植マエストロ指揮の「復活」。

少しずつその全貌が姿を現していく大植マエストロの2013年版「復活」。
それは2003年監督就任時の「復活」を、更にスケールアップした形で皆さまの前にお届けできると思います。
どうぞご期待下さい!

(広報:H.I)

「第51回大阪国際フェスティバル」
日 時:4月26日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:大植英次
独 唱:スザンネ・ベルンハート(ソプラノ)、
    アネリー・ペーボ(アルト)
合 唱:フェスティバルホール〈復活〉祝祭合唱団(大阪フィル合唱団ほか)
<プログラム>
マーラー:交響曲第2番 ハ短調〈復活〉

チケットは全席完売いたしました。
当日券の発売はございません。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
            
スポンサーサイト

| 演奏会 | 17:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT