PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大植英次のマーラー「復活」は、いよいよ明日開催です!

フェスティバルホールのこけら落としのシリーズ「第51回大阪国際フェスティバル」の一環として行なわれる大植英次のマーラー「復活」は、明日開催となりました。
前日練習の模様をレポートいたしましょう!

画像 14975

いつだってこの方のこのアクションからすべては始まります。
コンサートマスター田野倉雅秋によるチューニングです。
少しでも良い音を!とオーボエ1番奏者の浅川和宏が吹いた‘A’の音を、オーケストラのメンバーに提示する大切な役割であると同時に、これからコンサートが始まりますという、重要な合図とも言えます。

画像 14985

大植マエストロの登場です。
この日も前半はオーケストラ練習です。

画像 14981

第1楽章から練習は始まりました。

画像 14977

冒頭のトレモロから始まる弦楽器、何度聴いてもスリリングですね。

画像 14978

今回は練習場のステージの向きが逆になった関係で、管楽器奏者がほとんど前の位置からでは見えません。
客席からだと後ろ姿になるため、残念ですが仕方ありませんね。

画像 15027

第5楽章の金管バンダチームは今日も絶好調!
皆さま、オモテとウラの管楽器の掛け合いにご期待下さい。

画像 14987

オーケストラ練習終わりにマエストロとコンマス田野倉が話し合っていました。
超満員のフェスティバルホールで演奏するマーラー「復活」です。
お二人さま、気苦労も多いと思いますがよろしくお願いします。

画像 15017

後半の合唱練習が始まりました。
合唱部分の前半は座って歌う合唱団。これ、実は大変難しいのです。
立った方が声は出やすいですから。

画像 15004

そして合唱団が立ち上がった所から最後まで、曲はどんどん盛り上がっていきます。
昨日のブログに盛り上がるところの歌詞対訳を書いておきました。
ぜひご覧下さい。

画像 14993

合唱団が歌い出しから途中までは、指揮棒を持たずに指揮をするマエストロ。

画像 15008

そして、指揮棒を手にするとエンジン全開となります。

画像 15005

本日もマエストロは合唱団とともにずっと歌われています。

画像 15000

昨日のブログ写真のマエストロは鬼気迫るものがありましたが、本日の写真も負けず劣らずの表情です。

画像 15009

合唱とオーケストラがいちばん盛り上がるところは、
Auferstehn, ja auferstehn wirst du,mein Herz, in einem Nu!
よみがえる、そうだ、おまえはよみがえるだろう、わが心よ、ただちに!
のところです。

画像 15010

そして
Was du geschlagen,zu Gott wird es dich tragen!
おまえが鼓動してきたものが、神のもとへとおまえを運んでいくだろう!
と、大迫力で結び、
力強く崇高な響きの中で曲は締めくくられます。

画像 15018

今日も素敵な声を聴かせてくださったソリストのお二人です。 
左がアルトのアネリー・ペーボさん、右がソプラノのスザンネ・ベルンハートさん。
抑えて歌われていても鳥肌モノです。
本番での歌唱が楽しみです!

画像 15021

途中、マエストロから尋ねられ合唱団にドイツ語の発音を指導されたアネリー・ペーボさんは、練習終了後、合唱団に向けて Good!
いつも明るい方です。

画像 15026

合唱団は練習を終了しましたが、オーケストラの練習は続きます。
本番はいよいよ明日です。
納得出来るまで練習したい!
マエストロもメンバーも気持ちは同じです。
皆さまに素晴らしい「復活」をお聴かせ出来ると思います。
皆さまとご一緒にフェスティバルホールの‘復活’をお祝いしたいと思います!

それでは、フェスティバルホールでお待ちしております!

(広報:H.I)

「第51回大阪国際フェスティバル」
日 時:4月26日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:大植英次
独 唱:スザンネ・ベルンハート(ソプラノ)、
    アネリー・ペーボ(アルト)
合 唱:フェスティバルホール〈復活〉祝祭合唱団(大阪フィル合唱団ほか)
<プログラム>
マーラー:交響曲第2番 ハ短調〈復活〉

チケットは全席完売いたしました。
当日券の発売はございません。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

スポンサーサイト

| 演奏会 | 22:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT