PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明日、「ラ・フォル・ジュルネ金沢」に出演します!

ゴールデンウィーク後半が始まりましたね。
今ではすっかりゴールデンウィークの定番イベントとなったのが、「ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日音楽祭」です!
前半には、滋賀県大津でも「LFJびわ湖」が開催され、私たちも出演させていただきました。

画像 15049

今年は「LFJ金沢」にもお招きをいただきました。
金沢では「LFJびわ湖」と同じ現田茂夫さんの指揮で「幻想交響曲」、そして井上道義さんの指揮でサン=サーンス交響曲第3番「オルガン付」他を演奏致します。

そのうち、「オルガン付」の練習が、先日行われました。
「LFJ金沢」でコンサートマスターを務めるのは、皆さまよくご存知の田野倉雅秋です。
コンマス田野倉のチューニングがから、今日も元気に練習スタート!

画像 15052

指揮は井上道義さんです。

「金沢もこのラ・フォル・ジュルネが始まる頃にはすっかり暖かくなります。食べるものも美味しいですし、とても楽しい街です。皆さんにきっと喜んでもらえるはずです! では練習を始めましょう!」

画像 15053

金沢のラ・フォル・ジュルネの顔とも言える井上道義さん。
ご当地、オーケストラ・アンサンブル金沢の音楽監督を務められるマエストロは、この音楽祭の主役のお一人です。
大阪フィル以外でも、OEK金沢、フランス国立ロワール管弦楽団などの指揮もされます。

画像 15055

音楽祭のホストオケでもあるオーケストラ・アンサンブル・金沢の、先月行われた定期演奏会には、大阪フィルからもたくさんのメンバーが応援に駆けつけました。
ブログでも紹介しましたね。
人も優しく、食べ物も美味しく、兼六園や21世紀美術館など興味深い場所も多い金沢ですが、OEKのホームグラウンド石川県立音楽堂には驚きました!
駅の前でアクセスバッチリ! ハード的にもソフト的にも本当に素晴らしいのです!
そこをホームグラウンドとして練習、本番が出来るOEKの皆さまが羨ましいかったです。

画像 15056

井上マエストロの練習は始まっています。
曲はフランス音楽を代表する曲のひとつ、サン=サーンスの第交響曲3番「オルガン付」。
オーケストラとパイプオルガンが一緒になって織りなす重厚な響きが魅力の曲です。
もともと、ブルックナーサウンドは教会音楽のオルガンのような響きだと言われ、それを得意として来た大阪フィルにとって本当のパイプオルガンのとの共演はとても興味深いものです。
井上マエストロの的確な指示でサウンドはどんどん変わっていきます。

画像 15064

指導も熱を帯びてきて、シャツを脱ぎTシャツ姿で熱血指導のマエストロ。
金沢の皆さま、スケールの大きな「オルガン付」をご期待下さい。

画像 15067

美しいメロディも多く盛り込まれた魅力的な作品。
オーケストラサウンドの迫力も十分に味わえます!

画像 15070

木管、金管の1番奏者はご覧の通りです。

画像 15071

石川県立音楽堂自慢のパイプオルガンと大阪フィルサウンドがぶつかり融合し、それを井上マエストロの棒がコントロールしていきます。
とてもスリリングな演奏になると思います。


すでに「LFJびわ湖」で演奏している現田茂夫さん指揮の「幻想交響曲」も凄い迫力です!

明日は「ラ・フォル・ジュルネ金沢」にお越しください。
お待ちしております!

(広報:H.I)

「ラ・フォル・ジュルネ 金沢2013」
日 時:5月4日(土・休)13:30開演/16:00開演
会 場:石川県立音楽堂

<プログラム>
13時30開演 指揮:現田茂夫
ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14

16時00開演 指揮:井上道義
シャブリエ/交響詩「スペイン」
サン=サーンス/交響曲 第3番 ハ短調「オルガン付」

料金:S席2500円 A席2000円
※3歳からご入場いただけます。
お問い合わせ:
ラ・フォル・ジュルネ金沢チケットボックス(石川県立音楽堂)
専用電話 076-232-8118(10:00~18:00)
ホームページ http://www.ongakudo.jp/



スポンサーサイト

| 演奏会 | 16:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT