PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仲道郁代さんと久々の再会。 フェスでの共演、楽しみです!

JAF会員のための音楽会、「音楽日和」大阪公演が本日19時よりフェスティバルホールで行われます。
このコンサートのチケットはJAFの会員限定で販売されておりましたが、早々に完売。
超満員のフェスティバルホールで開催される「音楽日和」大阪公演、大変な盛り上がりが予想されます。

021_20130607023710.jpg

プログラムは、モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」序曲、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」で前半が終了。
後半は、J.ウィリアムズ/映画「スターウォーズ」メインテーマ、ビゼー/「アルルの女」第2組曲~パストラル、メヌエット、ファランドール、そしてラヴェル/ボレロというもの。
比較的、ライトな感じで聴ける曲を中心に選曲されていますが、そんな中で前半にベートーヴェン作曲、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」を演奏致します。

001_20130607023712.jpg

このコンサートのコンサートマスターは崔文洙。
彼のチューニングで練習が始まりました。

004_20130607023713.jpg

指揮者はいつもお世話になっています、円光寺雅彦さんです。
マエストロとは良くご一緒させて頂いているので、勝手知ったるなんとやら、淀みなく音楽が流れ、サクサクと練習が進んで行きます。

015_20130607023715.jpg

「スターウォーズ」のメインテーマで高らかに始まった練習も、ベートーヴェン「皇帝」を残すのみとなりました。
今回のソリストは、人気と実力を併せ持ち、最も充実した演奏活動をされているピアニストの仲道郁代さんです。

023_20130607023716.jpg

意外にも仲道さんと大阪フィルは今回が10年振りの共演です。
ちょっとした偶然が重なったからだと思うのですが、そんなことも有るのですね。
創立名誉指揮者・朝比奈隆とも共演させて頂いた事もあるほどで、1990年前半からのお付き合い、ちょっとびっくりしました。

026_20130607023953.jpg

第1楽章冒頭のカデンツァ風のピアノソロからとても力強いタッチで、オーケストラをぐいぐいリードされます。
一心不乱に演奏されている表情と、マエストロとの打ち合わせの時の表情とが全く違い、マエストロはじめ周囲のメンバーも思わず笑顔。
2005年にパーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマーフィルの演奏でCDとDVDを同時に出されているほど、すっかり手の内に入ったベートーヴェンの「皇帝」です。

ラッキーにもチケットを入手出来た皆さまは、本番の演奏をどうぞお楽しみに!

        027_20130607023955.jpg

練習終了後、仲道さんにお話をうかがいました。

「どれくらい振りでしたっけ。 10年!そんなになりますか。 でも不思議な事に、演奏していて昔と変わっていないというか、これぞ大阪フィル!と言ったようなものがしっかりと有るんですよね。 東京から大阪を見ていて、文化の事など色々大変そうだなと思っているのですが、やはり大フィルさんが頑張らないと、ね!」

いきなりの先制パンチに、半ば動揺気味ですが、気を取り直して・・・

「ベートーベンはピアノソナタと協奏曲を全曲録音しました。 やはりベートーヴェンは凄いです。 全曲録音済ませると見える景色が違いますね。 随分、ベートーヴェンの依頼が増えました。 「皇帝」は1年に何度かは弾きますね。 今年は1月に山田和樹さんと京響さんと、2月にコバケンさんと東フィルさんで演奏しました。 協奏曲は不思議と周期のようなものが有って、色々なオケから同じ曲をオファーされる事がよくあります。 「皇帝」はとても大きな曲なので、定期的に演奏する機会は有ります。」 
 
最近では弾き振りされる機会も多いように伺っていますが、その事については、

「神戸室内合奏団の皆さんの協力でモーツァルトを弾き振りさせて頂いています。 これはとても勉強になりました。 以前もスコアは読んでいたつもりだったのですが、指揮するという観点から見ると全然違って見えます。 木管の旋律をなぞって行くと、ピアノは左手が休みだったり。 きっとピアノを弾きながら左手で指揮する事を考えてのことだったのかもしれません。 ピアニストの立場でもとても勉強になります。 今回のように指揮者がいる場合、指揮者の気持ちも考えるようになりますね。 他にも、プレイエルやフォルテピアノなど古いピアノを弾いたり、演劇とコラボしたり、おかげさまで色々な所からコンサートのお話も頂いています。 そうだ、モーツァルトのピアノソナタも全曲録音済ませました!」

仲道さん、どれだけ凄いパワーの持ち主なのでしょうか。
しかもいつもニコニコされています。

「明日のコンサート、いちばんの楽しみはフェスティバルホールなんです。 東京にいても凄いって評判を聞いていました。 どんな響きがするのか、楽しみ! 心をこめて「皇帝」弾きますので、ご来場のお客さまはどうぞ楽しんでください。」

仲道さんも楽しみにされているフェスティバルホール、もちろん私たちも楽しみです。
フェスティバルホールでの仲道さんとの共演なら、なおさらです。
ただ、このコンサート、JAFさん主催の「音楽日和」大阪公演は、完全クローズドのコンサートです。
最初にも言いましたが、チケットは完売しているそうです。
どうぞご了承くださいませ。

コンサートの模様はまたブログで報告させていただきます。

どうぞこれからも大阪フィルを応援して下さい。

(広報:H.I)


スポンサーサイト

| 演奏会 | 05:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT